光る、ひかる、笹色紅。

京、大坂の化粧は濃く、江戸の化粧は薄いと
一般的に思われがちだが、
一概にそうとも言いがたいところがある。
江戸の生活、風俗、文化を知るのに、
喜田川守貞が克明に書きのこした『守貞漫稿』は、
最も一般的なテキスト。
これによれば、
口紅は当初は紅を濃くして、玉虫のごとくに光るのを良しとしていたが、
これでは紅が多く必要なので、
下に墨を塗り、その上に紅を塗ればしんちゅう色に光る、
てなことが書いてある。


f0186852_14474576.jpg



あちきは、笹色紅でありんす。


f0186852_14481126.jpg



            あたしだって、笹色紅さね。



これは『都風俗化粧伝(みやこふうぞくけわいでん)』
という京で出された本には、
「濃く見え紅の色、青みて光る」
とあり、この塗り方を
「笹色紅」または「笹紅」と呼んだ。

くちびるが緑色に光る!
しかも下くちびるだけ!
想像してみよう、かなり不気味。
誠に不思議なものがはやる。
ヤマンバはそのひゃくばいは不思議だけど。

f0186852_144834100.jpg


当時の口紅は紅花からとった紅を、
陶磁器の猪口(ちょく)に塗りつけたもので、
これがえらく高価。
「紅一匁、金一匁」といわれたくらい。
だから、これはたくさん使っていることを誇示したいって女もいたわけで、
笹色紅は、相当何度も塗らないと緑には光らない。
そこで守貞の
下唇にまず墨を塗り、その上に紅を塗ると、
何度も塗ったように笹色に光る!
安上がり。



f0186852_144912.jpg

笹色紅はもとは京ではやったものだったが、
文化年間には江戸でも大ブレイクした。
守貞は文化10年ころまで江戸でもはやったと書いているが、
浮世絵を丹念に調べたら、
文政5、6年ころまでは、はやっていたようだ。


f0186852_14492767.jpg

            しかし、天保の改革が施行されると、
            華美な服装や高価なものは禁止され、
            化粧が濃いのは目立つからイヤ、
            と淡い化粧がはやるようになった。
            政治と化粧が関係してたってわけ。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-04-22 17:55 | 江戸の女性たち | Comments(0)


「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ申し上げます
「江戸浮世人形」
いろんなお知らせ
江戸の文様・江戸の色
江戸歳時記
浮世絵・絵師
江戸の女性たち
江戸の食べ物
ご報告など
江戸の子どもたち
my favorite
江戸ぐらし
江戸の町
ほかの制作物
江戸の園芸
都市伝説
江戸の旅
ああでもねえこうでもねえ

最新の記事

朝顔売りがやってくる朝
at 2017-08-16 12:52
吉原の桜
at 2017-04-21 11:43
「天下祭」の山王社
at 2017-03-10 18:00
大網茶話会が終わって
at 2017-02-15 11:01
第18回「江戸茶話会」のお知..
at 2017-01-12 18:52

以前の記事

2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月

お気に入りブログ

一日一膳
 フランス生活便り
ハッピー☆バレリーナ!
江戸・東京ときどきロンドン
☆ねこにはかなわぬ☆
ナチュール blog
イギリス ウェールズの自...
ミネキク はんこノート
いつものごはん
倫敦のハムステッド・ヒースから
NO ANCHOVY, ...
手作りな暮らし Atel...
フレンチシックな家作り。...
Art Lesson
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。

最新のコメント

田中様 房総半島に『江..
by edo-ukiyo-doll at 21:17
河田さま。 お返事..
by edo-ukiyo-doll at 16:06
はじめまして。 陶芸家..
by 河田義之 at 11:41
東雲さま。 ようこ..
by edo-ukiyo-doll at 18:18
本年もよろしくお願いいた..
by 東雲稲荷 at 16:44
rarirurareiさ..
by edo-ukiyo-doll at 11:38
rarirurareiさ..
by edo-ukiyo-doll at 11:36
現在、放たれた「鶏の群れ..
by rarirurarei at 12:13
鷲大明神社へ、毎年、農民..
by rarirurarei at 11:52
山中様 ながらくこ..
by edo-ukiyo-doll at 09:30

記事ランキング

検索

タグ

ファン

画像一覧