Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

光る、ひかる、笹色紅。

京、大坂の化粧は濃く、江戸の化粧は薄いと
一般的に思われがちだが、
一概にそうとも言いがたいところがある。
江戸の生活、風俗、文化を知るのに、
喜田川守貞が克明に書きのこした『守貞漫稿』は、
最も一般的なテキスト。
これによれば、
口紅は当初は紅を濃くして、玉虫のごとくに光るのを良しとしていたが、
これでは紅が多く必要なので、
下に墨を塗り、その上に紅を塗ればしんちゅう色に光る、
てなことが書いてある。


f0186852_14474576.jpg



あちきは、笹色紅でありんす。


f0186852_14481126.jpg



            あたしだって、笹色紅さね。



これは『都風俗化粧伝(みやこふうぞくけわいでん)』
という京で出された本には、
「濃く見え紅の色、青みて光る」
とあり、この塗り方を
「笹色紅」または「笹紅」と呼んだ。

くちびるが緑色に光る!
しかも下くちびるだけ!
想像してみよう、かなり不気味。
誠に不思議なものがはやる。
ヤマンバはそのひゃくばいは不思議だけど。

f0186852_144834100.jpg


当時の口紅は紅花からとった紅を、
陶磁器の猪口(ちょく)に塗りつけたもので、
これがえらく高価。
「紅一匁、金一匁」といわれたくらい。
だから、これはたくさん使っていることを誇示したいって女もいたわけで、
笹色紅は、相当何度も塗らないと緑には光らない。
そこで守貞の
下唇にまず墨を塗り、その上に紅を塗ると、
何度も塗ったように笹色に光る!
安上がり。



f0186852_144912.jpg

笹色紅はもとは京ではやったものだったが、
文化年間には江戸でも大ブレイクした。
守貞は文化10年ころまで江戸でもはやったと書いているが、
浮世絵を丹念に調べたら、
文政5、6年ころまでは、はやっていたようだ。


f0186852_14492767.jpg

            しかし、天保の改革が施行されると、
            華美な服装や高価なものは禁止され、
            化粧が濃いのは目立つからイヤ、
            と淡い化粧がはやるようになった。
            政治と化粧が関係してたってわけ。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-04-22 17:55 | 江戸の女性たち | Comments(0)