春の貝づくし


春はなんと言っても、貝がうまいですねー。
散歩コースの中に、なぜかしっかり
すし屋(当然回転するとこ)が組み込まれていて、
毎週末に顔を出すものだから、すっかり記憶され、
「いつものように、シャリショウすか?」
と聞かれ、 そんなこと言ったことないし、
第一「シャリショウ」って、なんだ? と瞬間、
「うん、ご飯少しにしてね」ってちゃんと答えていた。
やっぱり、食べ物への動物的本能だけは、
働いてるってワケで、
「シャリショウ」に握ってもらった貝のうまいこと。


f0186852_1856618.jpg




ツブのコリコリしたの、
ミル貝はちょっとチュウイーだが味がいい、
浦安あたりは今もアオヤギがいい。
アオヤギは鮨に握るより、酢味噌和えのほうがうまい。
ハマグリの潮の椀も取って、
「アワビある?」
今日はちょっと豪勢だ。
ああ、アワビの味!
好みで言えばホタテは、貝柱を四つ切にコロッと切った方が、
ホタテの味がする。
獲りたてのホタテは、ウソみたいに甘い。
東京では、築地から仕入れるような店でなければ、しょうがないか・・・・。


f0186852_18563223.jpg





ホタテといえば、わがふるさとの津軽の小村で、
「ホタテの養殖ってもんば、おらだぢもやってみるがァ」
と言い出したのは、一体誰だったのか、
今となってはわからないが、
とにかく始めた。
1回目、失敗。うまく貝が付着しない。
2回目、失敗。貝は付いたが、育たなかった。
3回目・・・、
4回目・・・、
5回目には、あきらめた。やめた。
今でも、私の村の「シジミホタテ」といえば、
そこらへんでは有名なのである。
そう、ホタテは何年たっても、
シジミ貝ほどの大きさにしか成長しなかったのだ。
どうやら、海がきれい過ぎて、貝には適さなかったらしい。

f0186852_1857480.jpg


ところで、私はその村の「ウニの養殖権」を持っている。
父から譲り受けたのだ。
そんなものを私にくれるわけを聞いたが、
父はあいまいな返事しかしなかった。
ははあ~ん、ホタテの二の舞。
決まってる。
その権利書、もう、紙切れ同然なのだろう。
立ち上がれ、村民よ!
なんとしてでも、ウニの養殖を成功させて、
私を億万長者、いや、夢はでっかく、
ビリオネアにしておくれー!
やっぱり、なんとな~く、ヘンな村なのである。




178.png

[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-04-27 00:12 | my favorite | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll