髪結床 暇つぶしには もってこい

「髪結床」は今でいう「理髪店」。
でも今でも「床屋」って言いますけれど、これは江戸時代の名残りなのです。
江戸時代以前から、髪結いも職業としてあったようですけれど、
店を構えるようになったのは江戸時代からのようです。

式亭三馬の『浮世床』で、もうおなじみかと思いますが、
湯屋(銭湯)の2階と同じで、男の社交場みたいなところでもあります。

f0186852_19542380.jpg










これが「うきよ床」の様子を描いた挿絵です。


「うきよ床」に限らず、髪結床はたいてい長屋の脇にあり、
こんな風に、建物の中にあるのを、「内床(うちどこ)」といい、
橋のたもとや町の境の空き地に構えたのを「出床(でどこ)」といいます。

髪結床がどうなっているか、簡単に説明しますね。
あなたがおいでになったときに、戸惑わないために!
店入り口の障子には、「だるま」とか「海老」など、
屋号を表す絵が描いてあったりします。



入るとすぐに「上がりかまち」が1メートルくらいの板敷きになっていて、
その奥は畳敷きで、ここで自分の番が来るのを待ちます。
囲碁に将棋、読み本など置いてありますし、
なんたっておしゃべりのし放題。

f0186852_18564543.jpg
番が来ますと、
まず「小僧」さんのいる上がりかまちに腰掛け、
元結(髪を束ねている紙のヒモ)を切り、
フケを取り、髪をすきます。
次に「中床(なかどこ)」さんが、
月代と顔をそり、ザッと髪を結い、
最後に親方が、
きれいに撫で付けて仕上げます。


江戸、京都、大坂の髪結いさんは、単なる髪結いではありません。
なんと公儀の仕事もしました。
高札場(幕府などの大事なお知らせ板を掲げている場所)を守らなければなりません。
それから、奉行所や牢屋敷の非常時には、公文書を担いで運び出すという、
重要な任務も持っていました。
その話を描いた時代小説があったのですが・・・忘れました・・・(オモシロカッタ!)。


   





063.gif
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-04-27 19:56 | 江戸ぐらし | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll