「ほっ」と。キャンペーン

「吹けよ川風 あがれよすだれ・・・・」


今年はなんだか戻り梅雨のようです。
それでもそろそろ、ぎらぎらと太陽が照りつける盛夏ですね。

真夏には、冷房しても、しなくても、
無駄なエネルギーをできるだけ抑えるために、
すだれはとても効果的。

平安時代には、宮廷で調度品、装飾品として使われていたすだれも、
時を経て、江戸時代になりますと、
庶民のあいだでも使われるようになりました。
武家ではもともと年中これを用い、
「御簾中」といえば、宮中もそうですけれど、
御三家、御三卿の御内室、つまり奥方をさします。
すだれは「御簾(みす)」といわれ、高貴な方のお姿を隠す役割をなしていたのです。
「近こう寄れ」といわれても、御簾(すだれ)をめくって
入って行ってはなりませぬ。

f0186852_7303950.jpg



「すだれ」は「簾」と書き、本来はこの字は「す」と読みます。
簾の字は、竹冠に廉・・・「廉」とはたくさん並んだ状態を言い、
「簾」は竹がたくさん並んでいること。
すだれの素材には、竹、御形(ごぎょう)、蒲(がま)、葦などいろいろありますけれど、
本来は、竹であることがわかります。
竹の「簾」を垂らす、吊り下げることから「すだれ」というようになりました。


江戸時代の庶民は、簾が風に揺れるのも、目で感じる涼しさとしましたので、
風に揺れやすいように少し短めにしてあります。
すだれの遮光・遮熱効果を望むのなら、すだれは窓外に下げます。
いまは、100円ショップでもたくさん売られています。
こんな簡単なすだれでも、結構涼しさを演出できます。
すだれを通して入る光もいいものですし、壁にインテリアとして下げるのも涼しげ。

f0186852_731747.jpg


江戸時代も進み、川遊びが発達しますと、
「納涼船(すずみぶね)」にも下げられるようになりました。
タイトルの歌はこうです。

    吹けよ川風 あがれよすだれ 中の小唄の主見たや

涼しい川風がすだれを吹き上げ、いい喉の小唄のお方が見たい・・・

なんか、粋でしょ?
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-07-25 15:51 | 江戸歳時記 | Comments(0)