越すに越されぬ・・・・・・・・川越し

江戸時代の旅で、大変だったことの一つに、
橋も、渡し舟もない川を渡らなければならないことがあります。
しかも深みもあるので、旅人が一人では歩いて渡ることができません。
そこで「川越人足(かわごしにんそく)」という、川を渡してくれる人々がいました。
旅人は川越人足の肩車か、輦台(れんだい)で川を越えることになります。


f0186852_23132912.jpg


これは、府中の阿部川の川越の様子です。
女の3人旅に、供の男がついています。
手前の女は肩車、真ん中の女は駕籠ごと「平輦台(ひられんだい)」に乗り、
向こうの女は平輦台に、じかに乗っています。
対岸から荷を積んだ馬が、人足にくつわを取られて渡っています。



f0186852_23135515.jpg


相撲取りの川越しは、人足が多く要ります。
四つ手駕籠からはみ出し加減の関取の駕籠は、人足4人で担いでいます。



♪箱根八里は馬でも越すが 越すに越されぬ大井川~♪
というのをお聴きになったことがおありかと思います。
東海道五十三次で、駿河(するが)国と遠江(とおとうみ)国の間の大井川は、
川幅が1,3キロもある上に流れが速く、明治時代になるまで、橋が架けられませんでした。
幕府の政策もありましたが、人足の反対もありましたし、
架橋の技術の難しさゆえだったといわれています。


f0186852_23142986.jpg




さて右は大井川の川越風景。
参勤交代の大名行列が、
肩車や輦台で対岸に向かいます。



川越をするには、川会所で川札(チケット)を買い、
決められた枚数を人足に渡し、人足は受け取った川札を髷(まげ)に結んで、
川を渡ったら札場で換金します。
水量などで川札の値段は毎日変動します。

雨が降って水かさが増し、一定量を超えると「川留め」といって、
川越が禁止になり、渡れなくなります。
大名行列が重なったりしたら、もう大変な騒ぎです。
一般の旅人も、旅籠(はたご)代はかさむし、日程は狂うし、
退屈だし、きつい旅になりますが、
近くの金谷や島田宿は、大いに潤ったのです。



f0186852_23152162.jpg










現代からしたら、こんなに旅行が大変だったの!
と思われるかもしれませんけれど、
江戸人と、現代人の感覚とは全く違います。
駕籠で旅するなんて、きっと新幹線か、飛行機での旅・・・
くらいの感覚かもしれませんね。
それに、時間はた~~~~ぷり、ありました。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-08-02 23:03 | 江戸の旅 | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll