「ほっ」と。キャンペーン

蚊帳、この不思議空間。


今年の盛夏は、一体何処へ・・・・と思うほどです。
でも、蚊だけはしっかり飛んでいます!
おやすみのときには、蚊取りマットなんか使いますが、
ちょっと昔は、蚊取り線香に蚊帳(かや)でした。

f0186852_17123215.jpg

蚊帳・・・
といってもご存じない方も多いでしょう。
『となりのトトロ』、ごらんになりました?
あのなかでサツキとメイが、
蚊帳の中から覗いているシーン、
があるというのですが、
私は覚えていないのです。
ようは、就寝時に
網目の大きな四角いものを、
部屋の四隅に端っこを吊り下げて、
お布団がくる部分を覆い、
蚊が侵入しないようにするものです。
これらの浮世絵をごらんくだされば、
ああ、これ! と思われるでしょう。



蚊帳の歴史は古く、天平時代に、唐から日本に伝わり、
高貴の身分の人々だけが使っていましたが、
次第に貴族に普及しました。
やがて時代は江戸時代に入りますと、
近江商人の西川甚五郎という人(ふとんの西川の2代目)が、
麻糸で織った蚊帳を、萌黄色に染め、紅布をつけた
「近江蚊帳」を発売し、爆発的に売れ、
以来、このデザインは今も蚊帳の
オーソドックスなものとして残っています。

蚊帳の中は、何か世界が違って見えたものでした。
くるまれてるような、守られているような・・・。
蚊帳に入るときは、蚊帳のすそを両手でつかんで軽く振って、
サッと入ります。

f0186852_2344128.jpg



上の浮世絵左は、朝になり、蚊帳をはずしたところ。
天井には虫かごをつるし、虫の音を聞きながら。
江戸時代には、耳からも涼感を得ていたのです。
ふとんがわりに、寝茣蓙(ねござ)を使っていますが、
これも涼しく眠るアイテムのひとつです。



f0186852_2352362.jpg


こちらの画は、「幌蚊帳」と呼ばれる据え置き型のもの。
枕屏風にかけられた子供のほうそうよけの赤い着物が、
母親の愛情を感じさせます。


f0186852_2354754.jpg


上は「蚊焼き」といって、蚊帳の中に入ってしまった蚊を、
紙燭(油をしみこませた点火用のこより)で、焼いているところ。
紙燭の先に注意。
ちゃんと蚊がいます!

f0186852_17155575.jpg







それにしても、
これらの浮世絵の網目のなんど細かなこと!
これが木版画とは思えないほどです。
蚊帳の網目を彫るのは、
彫り師の腕の見せどころだったでしょうね。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-08-08 17:19 | 江戸歳時記 | Comments(0)