新蕎麦は恋の味


「新蕎麦は恋の味」・・・・そんなの、うそ、ですやん!
でも、新蕎麦食べにいって、
相席になった人と恋におちることも無きにしにあらず・・・。
「あら、ごめんあそばせ。私のお葱、そちら様のお蕎麦の上に・・・」
「ああ、いえなんのなんの。葱も美人につままれて、喜びすぎたのでしょう、ははははは」
「んまあ、おじょうずな、おほほほほ」

はい、おバカはさておき、
江戸っ子はやっぱり「新蕎麦」に走りました。
初物を食べると七十五日長生きするといわれるその上に、
蕎麦は長寿の食べ物。
となったら、当然、まず江戸っ子は走ります。
蕎麦屋もきそって玄蕎麦を仕入れ、
「新蕎麦」の札を店先に掲げますから、それを見たら、もうたまりません。

f0186852_17222273.jpg




   「新蕎麦のかけ札早し呼子鳥」
   これは、かの酒井抱一の句。
   播州姫路のお殿様の次男ですが、
   この時代の文化的サロンの代表者です。
   呼子・・・人を呼んだりするときの、小さな笛のように、
   「新蕎麦」の札は人を呼ぶのに、すごい効果!
   ってなとこでしょうね。



f0186852_1723575.jpg

    これは歌舞伎の「鬼あざみの清吉」の夜蕎麦売り。


醤油が全国的に普及するのは、江戸時代も後期になってからです。
それまでは、もっぱら大根おろしに味噌を加えた
タレで食べていたようです。
醤油が普及しても、やはり蕎麦には大根おろし
という人が多かったのでしょう。



f0186852_1295470.jpg












かわいい大根ざむらいが、蕎麦屋の前で。


ところで、現代のお話です。
それほどの蕎麦っ喰いではありませんけれど、
新蕎麦の札を見ると、ついフラフラと・・・・。
ところが、「新蕎麦がうまい」というなら、
他の季節の蕎麦はまずいのか? とおっしゃる
蕎麦屋のご主人がおいでのようで、
そういわれても・・・・・モジモジ・・・としてしまいます。
一口に新蕎麦といっても、
北海道から九州まで9月~11月に、
蕎麦がとれるので、どれをして「新蕎麦」というのか・・・・
なのだそうです。


f0186852_17262125.jpg


江戸の更科とか、御前蕎麦もいいけれど、
ずいぶん前に信州の白骨温泉への途中でいただいた
いかにも蕎麦の産地らしい、黒くて太目の蕎麦、十割蕎麦は
今でも、もう一度あれがいただきたいな~と
思うほどのうまさでした。


ああ、やっぱり新蕎麦・・・・ちょいと心が惹かれます。

あなたのおそばの、お蕎麦はいかが?
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-10-15 12:12 | 江戸の食べ物 | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll