Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

肌寒いこんな夜には・・・・・しちりん



こんな夜にはあったか~いお話。
しちりん! 「七輪」とか「七厘」と書きます。
似たものに火鉢がありますが、しちりんは移動式調理用コンロ。
あくまで調理用ということらしいです。
「こんろ」という言葉はすでに元禄時代(1688~1704年)には、
読み物に登場しているとか。

しちりんといって、現代の私たちが思い描くのは、
円形の土でできたようなアレ。
アレの素材は珪藻土ということです。
軽くて耐火性が高く、赤外線を出すそうで、特に焼き物にいいのだとか。
つまり、秋刀魚を焼けということね!
江戸時代も面に長屋で愛用され、秋刀魚やめざしが焼かれ、
ご飯もお汁もこれで炊かれたのでしょうね。




f0186852_12254639.jpg

上の画は、明治時代に描かれたものですが、江戸時代そのままです。
お勝手の上がりかまちに、四角いしちりんがみえています。




f0186852_12303270.jpg


















上の画は天保期、江戸時代末期の一人暮らしの男の家の様子。
奥には据付のかまどが見えていますが、コンロもあるのですね。




f0186852_12282248.jpg

上の絵は、台所の奥にやはり据付のかまどがあるのに、
移動式のコンロがあり、炭でなく、焚口から細い薪が見えています。



「しちりん」と言われるのは、燃費がよく一日に燃料代が7厘で済んだからとか。
1厘は1円の1,000分の1、明治期の貨幣単位なので、
明治期からの呼称かもしれません。
あるいは、炭を置く火棚に孔が7つあいているからだとか。
いずれにせよ、いまもあまり変わらない形です。
長四角のしちりんをテレビで見ました。
あれが欲しいな。
やっぱり秋刀魚を焼きます。
焼きとりもいいし、焼き網でお餅やきのこも焼くと、
きっとおいしいね!
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-10-24 12:34 | 江戸ぐらし | Comments(1)
Commented by edo-ukiyo-doll at 2012-10-31 14:09
林様

このご質問は、コメントとしては公開できませんので、先日、ご指定のアドレスに、『江戸浮世人形』岩下です・・・というタイトルでお返事しておりますので、ご確認ください。