ひっそりと梅が・・・・・。


まだ春一番には間がありますけれど、
この2,3日はすさまじいほどの風で、
空を飛ばされている人を見ました(ウソです)。
春一番は、立春から春分までのあいだに吹く、
南よりのその年最初の強風を言うのだそうです。
翌日は西高東低の冬型となり、寒さが戻るのが常。
お風邪召しませんように。


f0186852_15554376.jpg













この強風の中、お散歩に行きましたら、
白梅がそっと開いているお宅がありました。
  
   何となく軒なつかしき梅ゆゑに
          住みけむ人の心をぞ知る

                       西行法師




梅は、奈良時代に中国から、遣唐使によって運ばれてきました。
しかも、薬としてです。
「烏梅(うばい)」といって、燻した梅の実は、
解熱や咳止めなどに使ったようです。
それが大宰府から、東へともたらされ、
平安時代には、中国文学と深いかかわりを持つ梅が、
花を愛でるという文化も一緒にもたらされたのです。
「花見」のはじまりですね。


f0186852_21285989.jpg


上は春信の描く「臥龍梅」
「「臥龍梅」は梅の枝を地を這うように作って、
その形が横たわる龍に似たところから、そう呼ばれています。



f0186852_15595697.jpg

こちらは北斎の初午の絵です。
初午の頃には梅が咲く・・・・・
本来は旧暦の2月の最初の午の日ですから、3月ごろにあたるわけですけれど、
現代では新暦の2月・・・・一番寒い頃になっています。
でも年々梅も早く咲き、季節がわからなくなってきましたね。



f0186852_21291526.jpg



菅原道真が讒言(ざんげん=事実を曲げた悪口)によって、
大宰府に左遷されたとき、愛した梅の木に名残りを惜しみ、
「東風吹かばおもいおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」
と詠んだら、梅の一枝が彼のもとに飛んでいったという「飛び梅」のお話がありますが、
どうやら、ひそかに梅の苗を持って行ったらしいです。

ひっそりと咲く梅も、いとおしく思います。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2010-01-28 16:47 | 江戸歳時記 | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧