Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

藤の花


今年は天候が不順で、寒い春・・・と思っていたら、
もしかして藤? と、見えづらくなった目にも、
淡い紫の房が見えた。
ここ何日かの暖かさで、一気に花の色も濃くなったようだ。
ちょっと郊外で、すばらしい山藤も見た。


f0186852_10224731.jpg


今年新たに発見した藤棚。
駐車場の横で、誰も鑑賞しないらしいが、みごとに咲いている。



f0186852_10232660.jpg





恋しければ形見にせむとわが屋戸に
植えし藤波いま咲きにけり

とは山部赤人の歌。
風に揺れる長い花房を
「藤波」とよんだという。
平安時代には、
貴族の愛でる花のひとつで、
「藤見の宴」が
盛んに行われていたらしい。
『枕草子』では
「松にかかる藤の花」を、
めでたきものとしている。






f0186852_10254750.jpg

 
江戸の藤といえば、亀戸天神だ。
ただし、今の藤は昭和30年頃から植え始めたものだとか。
ここも東京の下町。
東京大空襲で、社殿も藤棚も、ことごとく焼失した。
今私たちが見ているのは、地元の人々が元通りに復興したものだ。
花房はもとは3尺くらいの長さがあったが、
もとの長さの半分くらいで、そこまでになるにはあと10年ほどかかるらしい。


f0186852_1329244.jpg


f0186852_13293536.jpg


f0186852_13302163.jpg







上は3枚つづりの浮世絵。
幕末頃の亀戸天神の藤見の様子。





歌舞伎の中で踊られる「藤娘」に使う大道具の藤は、
ビックリするくらい大きいが、
これは踊り手が小さく、華奢に見えるようにとの工夫。






f0186852_10262943.jpg

清長の描く亀戸天神の太鼓橋。
右手後ろに小僧さんが、こぼした蜆を拾っているが、
「業平蜆」は江戸名物の一で、亀戸天神内で売られているもの。





藤は日本各地に野生として生育する。
花はきれいだが、蔓は夏山に入ると実に厄介で、
それこそ鉈で断ち切りながら、進まなければならなくなる。

     よそに見て帰らむ人に藤の花
            這ひまつはれよ枝は折るとも

これは『古今和歌集』の僧正遍照の歌だが、
遠くから見るだけで私のとこによってかないって言うんなら、
藤の花の蔓よ、這いまつわってからめとっておくれ、
ポキンと折れちまったって、かまやしないわ。
かくのごとく藤の蔓は強く、女もまた強し。


f0186852_13224998.jpg






芭蕉ならこうひねる。

      草臥(くたぶ)れて 宿かる頃や 藤の花

なんと優雅な宿だろう、藤の花やどとは。

















071.gif

[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2010-05-09 10:45 | 江戸歳時記 | Comments(0)