Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

大暑の対処



なんという暑さでしょう。
7月23日は「大暑」で、
一年のうちで一番暑い日、というほどの意味ですが、
年々、暑さの異常性を感じるほどです。


f0186852_2002282.jpg

さて、8月7日の立秋までは「盛夏」で、
暑さの極地。
このあいだに「暑中見舞い」など出すことになります。
どんなに暑くても、それ以降は「残暑見舞い」。
ところがこの残暑もまた、とんでもなく暑くて、
今年は9月まで、しっかり暑いのだとか。


夏バテは免疫力も落とし、夏風邪の原因にもなります。
栄養士の先生によると、
「休養と睡眠をじゅうぶんに!」
  ・就寝の1時間前にぬるめのお湯で半身浴。
  ・クーラーを使うなら、扇風機と併用する。
  ・眠る1時間前から、照明は暗めに。
「食事で夏バテを予防」
  ・朝食を抜かない、夕食は食べ過ぎない。
  ・ブタ、うなぎ、豆腐などのたんぱく質を摂る。
  ・梅干などのクエン酸は疲れを取る。
  ・体を冷やす瓜類(スイカ,きゅうり、冬瓜など)を!
  ・夏野菜をたくさん食べる。
などなど。
よく寝て、疲れを残さず、旬のものを食べていれば、
夏バテはしにくいということなのですね。


f0186852_2012470.jpg

さらにその前に、この暑さではかんたんに熱中症になりやすい。
「水分をとる」・・・にも、とりかたがかんじんです。
喉が渇いた、と感じてからでは遅くて、
一挙にたくさんではなく、少しずつこまめにとりましょう。
もっともよいのはスポーツドリンクを半分水で割ったもの。
水、お茶などに、梅干などの塩分も一緒にとります。
汗で塩分も出てしまうので、塩分、特にクエン酸を含む梅干は、
熱中症予防にも効果があるとか。

熱中症にならないように注意して、
(特に周囲にご高齢の方がいらしたら、気をつけて差し上げてください。ご高齢の方は暑さに反応が弱くなっています!!)
夏バテにならないよう、夏を乗り切りましょうね。



f0186852_202389.jpg

自家製梅ジュース。
黒っぽいお砂糖を3種類ミックスして作ったら、うむむむ、うまい。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2010-07-23 20:09 | 江戸歳時記 | Comments(0)