Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

江戸の菊

あちらこちらで菊がもう終盤・・・でしょうか。
「晩菊」といううつくしい呼び方もありますね。
東京の湯島天神や上野の池之端でも菊祭りが行われ、
そばを通るとすがすがしい香りとともに、
秋の華やかさがそこに集約されてるような美しさがあります。
近隣の小学生たちも丹精こめて菊作りをしているとかで、
そういうことを教える先生もまたステキ!
f0186852_2285854.jpg



菊は古くからある植物ですが、
江戸時代の初期の終わり頃には80種ほどが書籍に取り上げられ、
中期になりますと一挙に300種以上が掲載され、
中期頃から菊作りに拍車がかかったことがうかがわれます。

f0186852_118953.jpg









正徳年間(1711~16年)に京で「菊合わせ」という催し物が始まりました。
これは大型の菊の新種を競うもので、
優勝すれば「勝ち菊」ともてはやされ、
1芽がなんと1両~3両3分(1両は5~10万円ほど)で取引されもしたそうで、
いかにも江戸時代の園芸ブームのすさまじさを思わせますね。
その「菊合わせ」は享保(1716~35年、8代暴れん坊将軍吉宗の頃)の頃に
江戸にも広まり、京と同じように
菊で一儲けを夢見る人々を生み出します。

f0186852_119245.jpg


おかげで菊の栽培技術や看菊の人気が高まり、
巣鴨や染井をはじめ、寺島(現向島)の百花園や本所、四谷、市谷、青山などの植木屋などが
菊園を公開したので、大勢の人が押し寄せます。

文化年間(1804~18年)に巣鴨で、
人物や鳥獣などの形に菊を作るのがブームとなり
(作り方は聞かないでね。知らんのヨ!)、
これが現代の菊人形へと受け継がれています。

そうなるとますます看菊はブームとなり、
染井などでは50軒もの菊園ができて、園道筋には茶店や料亭が立ち並び、
ずいぶん賑わったものです(と、見てきたように言うのは得意です!)

f0186852_11112249.jpg
帆掛け舟の形に作った菊の前で一献。これがほんとの「菊見で一杯」。




ところがこのあたりの形モノの菊作りはやがて廃れてしまいます。
見物料をとらなかったからだとか・・・・。
それが明治になって団子坂(現文京区)の植木屋が復興させ、
以降、昭和もかなりまで菊人形は人気でした(これは知ってますヨ)

菊人形・・・最近見たのは池之端・・・・だったでしょうか(アイマイ!)。








178.png

[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2010-11-27 22:03 | 江戸の園芸 | Comments(1)
Commented by edo-ukiyo-doll at 2010-12-14 19:43
T子さま。

拝読いたしました。
しんからご心配いただきありがとうございます。
いろいろと事情もありあちらにはまだいけませんが、
なんとかかすかに息をしております。
大丈夫です。
ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございます。
年末にはあちらにも参るつもりです。
どうか、お健やかに年末をお迎えくださいましね!

                      雪

いちばんあたらしい日記をお読みになるのではと思い、一つ先の日記にお返事を書いたのですが、ここにも同文を載せておきますね。お目に触れたらよろしいのですけれど。