Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

そろそろ大掃除? すす払いの日です。


はやいもので、きょうはもう師走の13日。
大掃除の日です。
なんてきくと、ビックリなさるでしょ?
江戸ではこの日は「すす払い」の日とされていました。
江戸時代の初期に、幕府がこの日を「すす払い」と決め、
それが庶民の間にも浸透したようです。

師走の大掃除は、日本人のきれい好き・・・・からではなく、
歳神様をお迎えするための、清めの行事から始まったものです。
歳神様とは、正月にやって来られ、
「恵方神」や「歳特神」などとも呼ばれています。
八百万の神がいるとされるJapanですが、
この神様は、五穀豊穣をもたらすので、
稲作民族には、もっとも大事な神様ってわけですね。

ですから、この歳神様をお迎えするに当たって、
その場を清めることから始めます。
「事始め」とは、神様をお迎えする準備事を始めることを指すのです。
決して、習い事を始める意味ではありません。

この日は商家でも、すす払いをします。
昔は、煮炊きなども薪を使っていましたので、煤が出ますし、
埃なども煤同様、すす竹といって、
細いタケの先っぽに笹の葉がたくさんついたもので、
壁も天井も梁も、これを使ってすすを落とします。

すすを払い、汚れを落とすことは、
「けがれ」を落とすことでもあったのでしょう。
商家では、その家の主を胴上げするのが慣わし。
なぜだかはわからないそうです。
これも神様をお迎えすることと関係があるのかもしれませんね。

この日は、もちや蕎麦、酒などが振舞われますし、
鯨汁を食べる習慣のある地方もあったとか。

f0186852_20424093.jpg


この画では、すす払いのために、
結び飯や煮しめが用意されています。
あらら、つっかえちゃった!



f0186852_23205280.jpg


上の画は、まさにすす払いの日の商家を描いています。
左下では、かまどの煤を払っています。
その上には、店の上がりかまちには岡持ちがいくつもあって、
男が蕎麦かうどんか、すすっていますね。
酒もすすめている様子もありますし、
外では畳の表替えが終わったのか、たくさんの畳が見えます。
左端には、すす竹を担いだすす竹売りが通ります。

おお、すす竹売りですか・・・・・。
明日は12月14日・・・・。

宝井其角がすす竹売りに扮した大高源吾と、
両国橋で出会ったのはまさに12月13日。
源吾の落ちぶれた姿が痛々しかったのです。
其角はそれをあわれみ、
「年の瀬や水の流れも人の身も」とよみますと、
源吾はこう応えます。
「あした待たるるその宝船」
落ちぶれているはずの源吾の顔は、晴れやかだったに違いありません。

きょうはすす竹売りの声が、江戸の町に響いていたことでしょうね・・・・。

そう、明日は赤穂の浪士討ち入りの日です。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2010-12-13 23:28 | 江戸歳時記 | Comments(0)