Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

江戸も大雪、子らは遊び大人は・・・。

朝、目覚めて一面の銀世界だったりすると、
うれしくなってしまいます。
雪国で、雪下ろしや、雪かきにご苦労なさっているみなさまには、
申しわけありません。
私も雪国生まれ育ちなので、ご苦労はよっくわかります。

それはさておき、
江戸もやはり大雪のときももちろんありました。
そんな朝を描いたのが、下の浮世絵、
「江都(えど)新大橋 雪の朝タ(あした)」というタイトルです。


f0186852_22262251.jpg


大雪に子どもたちは大はしゃぎで、
子守の子どもも、もちろん一緒に遊んでいます。
富士山も雪をかぶり、火の見櫓も木々もなにもかも、雪化粧です。
桶に張った氷を吊り下げて、太鼓にして遊ぶ子、
子守の女の子に、雪玉をぶつけられている酒屋の小僧さん、
中央では、犬にわらじを噛み付かれるわ、
子守の女の子に、髪ををむんずとつかまれるわで、
はだしで踏ん張る男の子。
女の子、強し!
右のほうでは雪ころがしに夢中です。
そんな江戸の朝です。

f0186852_222645100.jpg


f0186852_22273347.jpg


こちらは雪の降りしきるなか、
橋の上ですってんころりんのおいちゃん!
左の笠の人がのけぞってるのは、


おいちゃんの下駄がチンを直撃~!
おお、なんという悲劇003.gif 
笑ってはいけないのであります!


橋の上はすべりますからね、みなさまもご注意を。
あ、受験期に・・・・って言ってはいけなかった。

がんばれ受験生!
果報は寝て待てです、あとはよく眠りましょう。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-01-14 06:48 | 江戸歳時記 | Comments(0)