雪だるま

もうすぐ立春とはいえ、
お寒うございます。

この冬は去年の夏の異常気象の影響で、日本海側や北の方では、
積雪がすごくなっています。
雪かき、雪下ろしにはくれぐれも十分なご注意意を。


さて、立春の前日の節分までは「寒」の時季なので、
江戸でもこのころよく雪が降ります。
今年の元日は新暦の2月3日ですが、
浮世絵に見る江戸や、各地の雪景色の多くは、
お正月前のようです。


「雪だるま」は雪が降る土地でしたら、
どこでも作るでしょうね?
もちろん、江戸時代にも雪だるまは作られました。


f0186852_22381242.jpg




      右の母と子の画では「雪だるま」が、
      左にわずか見えています。
      でも、なんだか現代の「雪だるま」とは
      形が違いません?





f0186852_22384529.jpg

子供たちがさまざまな雪遊びをしています。
左側に大きな雪だるま!
これが江戸時代の雪だるま・・・・
本当に達磨の形につくるものなのですね。



f0186852_22391356.jpg
      上の画では右のほうで
      はは~ん、こうやってつくるんだぁ、
      現代の子供たちとおんなじだね!
      と思ったら違います。
      これは雪だるまを作っているのではなく、
      「雪ころがし」といって、
      単に大きな雪だまを作る遊び。


f0186852_22394485.jpg





これも雪ころがし。



f0186852_2240914.jpg
『源氏物語』の台二十帖「朝顔」に、
月明かりの中で、光源氏と紫の上が、
女童らに「雪まろばし」を作らせ見ている・・・・
というシーンがあります。
「まろばし」は「転がし」の古語。
いつの時代も、雪を見れば子等は転がしちゃうんですね!


f0186852_7275957.jpg


雪だるまはこんなに大きくしっかり作られるのですね。
これだけのものを作るには、
道具も力も必要です。

上の画では、雪かきがあって、
手前の男は、高下駄の緒が切れちゃったんですね。
すげようと、持っていた魚を雪だるまにのっけて、
犬が狙ってますね!
お~い、おじさ~ん、
犬に盗られちゃうよ~~~~~~!


江戸の雪だるま、大人が作るものだったのですね。
でも子どもも真似して、ちゃっこいの、
作ってるのではないでしょか?
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-01-29 12:21 | 江戸歳時記 | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧