「ほっ」と。キャンペーン

如月の末に立ちたる雛の市

昨日は暖かかったですね。
先週19日は、二十四節季の「雨水(うすい)」といって、
雪が雨に変わり、水もぬるんで「春が来ますよ~~~~!」と、
春のお知らせの日です。
二十四節季というのは、1年を24等分して、
四季をもっと細かく分けたようなものですね。


f0186852_1419924.jpg

そして新暦では、そろそろひな祭りが近づいています。
本来(旧暦)は、今年でしたら4月5日が桃の節句に当たりますが、
そのころでしたら桃の花も開き、桜も咲くころですから、
いかにもひな祭りにふさわしい時期です。

f0186852_20342075.jpg
   ひな祭り(桃の節句)も元は中国のお祝いでしたが、
   日本に入ってきて、平安朝の宮廷では、
   身のけがれを人形(ひとがた)に
   移して、水に流す儀式になりました。
   それは次第に、人形を飾る女の子の
   お祝いになって行きます。
   今日のような、段飾りになったのは、
   江戸時代中期ころからとか。
   詩を詠んで酒を酌む祝い事から
   時代によって形を変え、
   女の子の成長を願うお祭りになったのです。
   「雛祭り 皆ちっぽけな くだを巻き」
   うふふ、白酒で酔っ払っちゃって、かわいいのね!
   子供用の白酒は弱かった・・・・ともききます。


f0186852_2028530.jpg



このお雛様、自分で買って来るのではなく、
親類などから女の子へのプレセントとしていただくのが、しきたりです。
そして、江戸の各地にも、雛の市が立ちましたが、
なんといっても、日本橋の十軒店(じっけんだな)に立つ雛の市は、
もっとも大規模で、その賑わいは、こんな感じでした。


f0186852_20285297.jpg










ここは、現在の日本橋の三越本店から神田のほうに行った大きな通りで、
両側に雛の店があり、通りの中央にも、小屋掛けの店が立ち並びます。
この画は店の中から通りを見ているので、
中央には小屋掛けの店の屋根が見えています。
立派な武家の姿も見えますし、たくさんの人形の木箱が積まれ、
左の階段の下では、せっせと箱に釘を打つ職人。
この通りは、五月には端午の節句の人形やのぼりが、雛人形に取って代わります。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-02-27 14:27 | 江戸歳時記 | Comments(0)