「ほっ」と。キャンペーン

江戸は潮干狩りの季節


貝のおいしい季節になりました。

旧暦3月3日は、江戸では潮干狩りが始まります。
当時は「潮干(しおひ)」と呼んでいたようですが、
江戸では訛って「ひおし」になるとか。
ずっと以前勤めていた会社の某氏は「ひよしがり」と言っておりまして、
「潮干狩り」自体を知らなかった私は、「日吉がり」とは、
一体いかなるものか、思いは木下藤吉郎へと飛んでしまったのでした。


f0186852_23275760.jpg









その後、それが「潮干狩り」と言うもので、
遠浅で砂の中から貝を掘り起こすという行楽の一つと知って、
これは行きたいものだ、ぜひ、行かねば・・・
と思いつつまだ、そこへ至っておりません。
わが郷里の海は、磯なので夏に磯遊びはいたしますけれど、
砂の中から貝を掘り起こす習慣は無く、
たぶん、浅利、蛤はいないのだと思います。


f0186852_23282814.jpg


  さて、江戸。
  3月から4月、
  今のカレンダーで言えば、
  もうちょっと前から
  6月初旬にかけて、
  (今年は寒い春なので
  今くらいの気候ですね)
  潮干狩りが盛んに行われました。


江戸湾の一番奥、芝浦、高輪、品川沖、佃沖、深川洲崎(現在の木場のあたり)に、
潮干狩りの人々がどっと繰り出しました。
朝早くから船を出し、沖まで参りますと、
卯の刻(午前6時頃)から潮が引き始め、午の半刻(正午頃)には、
海底がすっかり丸出しになります。

そこで、みなワラワラと船からおり、いよいよ潮干狩りの開始です!


f0186852_2329196.jpg

江戸湾はこんな沖まで引き潮になって、
潮干狩りができました。



潮干狩りは行楽ですから、行楽に付き物のお弁当は、
「提重(さげじゅう)」といって、
重箱や酒器、取り皿も組み込まれたランチ・ボックスや、
「弁当重」などの塗りものに、
海苔巻き、ちらし寿司、煮しめに卵焼き、かまぼこ、
和え物などつめて、持って行きます。
また、これらの船には、煮炊きの用意がしてあるものもあって、
その場で調理する風景も見られます。



f0186852_23292717.jpg

ご存知「お富さん」。
「切られの与三」でおなじみ、
歌舞伎『与話情浮名横櫛
(よわなさけうきなのよこぐし)』で、
木更津に預けられた
小間物屋の若旦那・与三郎と、
地元の親分の妾・お富とが
恋に陥るのも、
潮干狩りに出た木更津の浜でした。




f0186852_2330184.jpg

潮干狩りができる浜辺も、年々少なくなっていくような気がしています。
それと今年は災害と、あの収束しない事故のせいでしょうか・・・。
あまり潮干狩りの話題も耳にしませんが、
またきっと、潮干狩りのできる日が来ることを願っています。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-04-22 20:03 | 江戸歳時記 | Comments(0)