Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

世界に誇る江戸っ子の産湯

「こちとら江戸っ子よぉ、水道の水で産湯を使ってんでェ!」
という江戸っ子の「水道」は、
現代の水道を想像してはいけません、井戸の形をしています。
長屋でおカミさんたちが井戸端会議をしているあそこが、
水道の末端です。


江戸は埋立地が多いし、海辺なので、井戸を掘っても、
塩分が多くて飲み水には適していなかったとも言われていますが、
まだ掘削技術が未熟だったこともあり、
そんな土地では飲み水を確保するまで掘り下げることは、
至難の業だったのでしょう。

この川は「神田川」で、奥のほうに見えるのは、
上水道の懸樋(かけひ・・・かけいと読みます)という木製の樋(とい)です。
神田上水の水を、神田や日本橋方面に送っています。
明治時代の半ばまで使われていました。
「水道橋」の名前はここから来たのですね。


f0186852_190280.jpg







徳川家康は天正18年(1590年)入府に際して、
水道工事にも着手しました。
ライフラインの確保です。
さらに時を経て、承応3年(じょうおう/1654年)には、
あの玉川上水が完成し、四谷大木戸まではオープンで、
そこからは石樋や木樋を使って、地中に水脈を走らせました。
多摩川から取水されて、虎ノ門、江戸城、四谷、麹町、
赤坂台地などへ給水されています。
その工事の大変さは、小説にもなっているので、
ご興味のある方は読んでみてください。

江戸の「六上水」と呼ばれたのは、
玉川上水のほかに、
神田上水(井の頭池を水源とする)、
青山上水(麻布、六本木、飯倉方面へ給水)、
三田上水(三田、芝方面へ給水)、
亀有上水(中川を水源とし、本所、深川方面へ給水)、
千川上水(本郷、浅草方面へ給水)。


f0186852_1905589.jpg



f0186852_193814.jpg

長屋の井戸は共同で使いますから、
中ほどに設置されています。
上の画に見えるのは、後架(トイレ)と芥溜め。


1800年ころには、江戸は人口120万人、
ロンドンは90万人、パリが60万人、
ニューヨークはまだ6万人しかいなかった時代、
江戸市中に張り巡らされた水道は、全長150キロです。
ロンドンですら週に3日、
1日7時間しか給水されませんでしたが、
江戸では1年中、24時間給水されていました。
だから江戸っ子はロンドンのことなど知らなくても、
「水道」が自慢だったんですね。


やがて掘削技術が発達し、掘りぬき井戸も盛んに作られるようになり、
8代将軍吉宗の時代には、六上水のうち、
青山、三田、亀有、千川の各上水道が、
突然廃止されました。
幕府直轄の水田への配水不足も一因となっていたといわれています。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-05-03 19:26 | 江戸ぐらし | Comments(0)