Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

涼風をあなたに。江戸のうちわ絵。

今年は団扇の製造が間に合わないほどだそうです。
節電というより省電元年の今年は、
団扇もまた大人気!
各地にその土地独特の団扇がありますが、
の現代のうちわの90%は、四国の丸亀産だそうです。
すごいですね、一手に引き受けてます!

f0186852_21303585.jpg

さて、江戸時代のうちわの産地は、京都、讃岐などとともに、
なんと江戸も入っています。
「江戸うちわ」と呼ばれ、浮世絵の木摺りの技術を取り入れて、
役者絵、美人画、風景画など粋なうちわ柄をふんだんに使い、それが夏の風物にもなっていました。
それらの「うちわ絵」はかなりな数が残っていて、
へえ、こんなのがうちわになったんだぁ、
とちょっとオドロキだったりします。


f0186852_21305886.jpg

右の「うちわ絵」は、
「夕寿ず美」というタイトルも付いた国芳作です。
夕涼みの舟遊びとしゃれ込んでいるところですね。
川風の涼しさが伝わります。



f0186852_21312599.jpg


これも国芳の画ですが、蛸と熊の角力(すもう)に、
行司は蜻蛉です!

f0186852_21315513.jpg




「雪月花」というタイトル。
絞り風の花柄に、雪の風景と帆掛け舟の帆柱に月。
これで「雪月花」ですね。



f0186852_21322825.jpg

江戸うちわは房州の女竹という、
節が長くしなやかさのあるうちわに適した竹を使っています。
江戸独特の「絵うちわ」はどこか「江戸の粋」を感じさせます。
上のように、真夏に雪の絵をもってくる・・・・、
そんなところも、江戸のひねりのきいた粋の気がします。


ところで、ちょこっとだけ団扇を使うときのお作法。
電車など人ごみで、バタバタ大きくあおぐ人を見かけますが、
周囲の方にはとっても迷惑ですね。
うるさいだけでなく、隣の方の顔やら体に当たってたりします。
混んでるところでは、あおぐ部分が顎の下辺りに体に平行するように持ち、
静かにあおぎましょうね。
それだけでも涼しいですよ。

  060.gifあおげば涼し我が家のうちわ 
       押入れ庭にもはや幾本~~~~~~~060.gif041.gif003.gif042.gif


       
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-07-26 09:49 | 江戸歳時記 | Comments(0)