成田屋発、瓢箪柄にこうもり柄

真夏の江戸は、今よりは涼しかったのですが、
まず家の構造が現代とは違います。
暑い夏を考えて作られていますから、
建具をよしずに替えますと、あとは外との戸障子を全開にしておけば、
風が家中を吹き抜けていきます。

f0186852_18251766.jpg
『江戸浮世人形』より「カニさん」

さてこの人形は、そんな夏の家での一こまです。
腹掛け姿の幼な子が
「カニさん、さわるぅ~」
とねだっている、のどかな午後のひとときです。

母親が着ているのは、ひょうたん文様の単衣で、蓮華文様の地に、
七宝や分銅、巻物などの宝尽くし入り破れ市松文様の帯を、
ゆったりとひとつ結びにしていかにも、
暑い盛りの家内でのくつろいだ感じが出ています。



きょうは、江戸時代後期に大ブレークした、
「瓢箪柄」と「こうもり柄」について、ちょっこし。


瓢箪をアレンジした文様は古くからありましたが、
文化・文政期(1804~29年)頃から、一気に新たなデザインとなって人気になりました。
同時にこうもり柄も一気に流行しました。
これは7世市川団十郎が考案し、舞台に用いたためです。
こうもりは蝙蝠という字がどちらも「福」という字に似ていることから、
成田屋好みの文様の一つともなりました。


f0186852_2342591.jpg

左の団扇絵は、お顔がいかにも成田屋さん!
 背景に牡丹もあるので、わかります。
 持っている本のタイトルからわかる方もおいででしょう。




f0186852_23434564.jpg


       あだな姿の辰巳芸者のこうもりのすそ模様。

       下に裾のこうもりを拡大しています。

f0186852_2345328.jpg



当時の歌舞伎役者は今でいう
「ファッション・リーダー」の一役を担っていました。
なぜなら当時の舞台の衣装は、ある程度のランクになりますとすべて役者の自前。
人気が出ればギャラもあがります。
そのために、衣装でも互いにしのぎを削り、それが世のブームを巻き起こしたのです。


f0186852_23454073.jpg

襦袢のかけ襟にも・・・・。



f0186852_23462348.jpg
                         前垂れにも・・・・。


江戸っ子は歌舞伎役者の着るものにも敏感に反応して、
生活の中にどんどん取り入れていきました。
着物はもとより、手ぬぐいや煙草入れ、財布などにも
ごひいきの好みの文様を誂えたりまでして、
好きな役者に近づきたかったり、自慢したかったり。
現代でも使いたくなる素敵なデザイン!











[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-08-31 00:32 | 江戸の文様・江戸の色 | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧