「雪あそび」

今回の江戸浮世人形展「輝く江戸のちるど連」のために制作した作品を、
随時、ご紹介していきます。


これは「雪あそび」と題した、今回の大作です。

f0186852_2136279.jpg


子どもたちの大きさは、8センチくらい。
総勢17名と、犬2匹。


「江戸浮世人形」の展示会では、作品を展示するだけでなく、必ず、作品の説明を付けています。
ただ人形としてご覧いただくのではなく、江戸の人々の暮らしや様子を、よりわかっていただくためです。


「雪あそび」

江戸の町でも雪はよく降り、子どもたちはいっせいに雪あそびとなります。
左のほうには【雪だるま】を作る子たち。筆を持って墨で目を入れるのでしょう。
この作品では子供が作っている姿が描かれていますが、
江戸のころには、雪だるまはまさに雪で作る【達磨(だるま)】で、
雪かきなどの道具を使い、大人が作ったもののようです。
f0186852_22141067.jpg


f0186852_2155242.jpg































一方、子供たちは【雪まろげ】とか【雪ころがし】と言って、
右のほうの子供たちのように、雪玉を転がして楽しんでいます。
『源氏物語』の「朝顔」に、
月明かりの中で、光源氏と紫の上が、女童らに「雪まろばし」を作らせ見ている・・・・
というシーンがあります。
「まろばし」は「転がし」の古語。
いつの時代も、子供は雪を見ると転がしたくなる・・・・・・
いえいえ、大人だって。
その極致が大人の遊び、雪だるまなのかもしれません。


f0186852_21552960.jpg

f0186852_21555632.jpg







たらいに張った氷なのか二人で氷を担いで運んでいます。


















高い竹馬に乗った子や、
紐のさきに雪をからめる「雪つり」をしている二人。






雪の塊を投げ合っている子たちもいます。

雪の冷たさも忘れて大勢の裸足の子が、元気いっぱい雪を楽しんでいます。











・・
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-02-15 22:20 | 「江戸浮世人形」 | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll