「ほっ」と。キャンペーン

夢見る看梅(うめみ)

『東都歳事記』をひもときますと、寺島村の梅屋敷や蒲田村は、立春より30日ころ、
それから少し遅れて 亀戸梅屋舗(やしき)の梅が咲くということが書かれています。
立春は2月4日(旧暦では正月13日)でしたから、今年はかなり遅く、
東京でもまだ見ごろのところもあるようです。
そこに乗じて(?)「桜前線・・・」などいうこの時季に、梅見のお話を。

「看梅」と書いて「うめみ」。
ちょっとチャイナの感じがまたいいですね! 
江戸ではいくつもの梅の名所がありますが、
亀戸の梅屋舗や蒲田(大森)の梅園は、人気の看梅スポット。


f0186852_2227596.jpg

「亀戸梅屋舗」は、亀戸天満宮から3丁(330メートルくらい)ほど東にある
「清香菴(せいきょうあん)喜右衛門」という人の庭で、
ここの「臥龍梅(がりょうばい)」と名づけられた梅の木はとても有名です。

f0186852_20424873.jpg


「枝はたれて地中にいりてまた地をはなれ、
いづれを幹ともさだめがたし」
というのですから、
まさに龍がうねうねと地に
臥している姿のようなのでしょう。
この古木は『眠狂四郎』でも
描かれていた記憶があります。





f0186852_2044249.jpgその香りは
「蘭奢香(らんじゃこう)をあざむき・・・」
ともありますから、
どれほどよい香りなのでしょう。
しかし明治になって、隅田川の大洪水のため、
この梅屋舗の梅の木は全て枯れ果て、
ぽつんと碑だけが置かれています。




下は蒲田の梅園の図。


f0186852_22465184.jpg



上の画を部分的に拡大しました。f0186852_224822100.jpg









この家の人でしょうか。
短冊など手に、何か書いているようです。



f0186852_22492860.jpg
















猿回しも来たり・・・・・。



「蒲田の梅」は『江戸名所図会』にも取り上げられ、
「この地の民家は前庭後園ともことごとく梅樹をうえ、
五月の頃、その実をと採りて都下にひさぐ(売る)。
されば二月の花盛りには幽香を探り遊ぶ人少なからず」ともあります。

f0186852_20485058.jpg
広重の描いたこの梅園は、
山本忠左衛門という人が、
旅の常備薬として超有名な大森の「和中散」を、
店を3000坪の庭ごと買い取り、
それを受け継いだ弟の久三郎が、
幕末近くになって、
いよいよ見事な梅園に作り上げたのでした。
品川から1里半といいますから、
1day tripには最適だったのでしょう。

海が近いので、こんな歌を残しています。
「海士の子の袖もや匂ふ浦近き 梅かかまたの里の春風」



そういえば、東京には「青梅」という梅の名産地がありますが、
ここ3年ほどで、梅の木を1万本ほど伐採しなければならなくなったとか。
青梅も江戸時代の蒲田と同様、実を加工販売が目的で栽培しているのですが、
近年PPV(プラム・ポックス・ウィルス)に侵されて、
蔓延を防ぐには伐採しかなかったのだとか・・・。
これにやられると、実は成熟しても変形や不発育だったりで、
梅農家の被害は甚大のようです。
海外から来たウィルスで、アブラムシを媒介とし、
桃、ネクタリン、プルーン、杏、さくらんぼなどサクラ属に感染するので、
アブラムシにはご注意くださいね!















・・・
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-03-22 23:20 | 江戸歳時記 | Comments(0)