夏が終わると井戸そうじ

旧暦7月7日は七夕ですが、この日はまた江戸では「井戸替え」といって、
井戸を清掃する日です。
今年でしたら、8月24日、
ちょうど明日が七夕で、かつ井戸替えの日です。


f0186852_14374290.jpg 江戸の井戸の大方は、
上水道を使って給水される末端の水汲み場ですから、
いっせいに掃除しないと、
汚れた水が次の樋を伝わって給水されてしまいます。
長屋などでは、大家の指揮のもと住人総出で、
井戸の水をすっかりくみ出し、
一年間にたまったゴミや落し物を拾いあげます。
それが終わると、水神さま、井戸の神さまに、
お神酒とお清めの塩をお供えします。
また、地域によっては、七夕に素麺を食べますから、
「井戸替えの素麺」といって、
素麺をお供えするところもあるようです。



f0186852_15532377.jpg川柳にこんなのがあります。
「ありがたさ たまさか井戸で 鮎を汲み」
井戸で鮎が泳いでる?
玉川とつながってはいるでしょうけれど、
ほんとに鮎が井戸に?? 
「井戸替えに 大家とみへて 高足下駄」
井戸を浚う住人はみな裸足でしょうけれど、
大家さんは口は出すけど手も脚も出さない
・・・・なるほど。
足がぬれるのさえ、イヤってことですね。
でも、大家さん(大家は家主ではなく、長屋の管理人的存在)は、
みなの衆、よくやりましたなと、酒など振舞います。

f0186852_143828100.jpg


この井戸替えは、井戸浚い(いどさらい)は、江戸だけでなく、
上方でもやはりこの日にやるらしく、商家などでは大賑わいの一日だったと聞きます。


こんなに暑くても、きょうは処暑。
立秋もだいぶ前に過ぎ、もう暑さも収まる・・・・・・という意味です。
お住まいのところでは、暑さは収まりつつありますでしょうか?
明日が本来の七夕。
晴れていれば、街の明かりがジャマをしなければ、
牽牛と織女の天の川での逢瀬が見られます。
無事に夏も越せたと、夏越の祓いも済み、
後の半分も息災でありますよう、
長屋の住民も、力を合わせて井戸浚いをするのでしょうね。

みなさまもどうか、ご息災で、とにもかくにもこのクソ暑さ、
乗り切ってくださいましね!





169.png

[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-08-23 16:01 | 江戸ぐらし | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll