Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

「安宅の鮨」

文化年間(1804~17年)の初め頃、
深川の安宅(あたけ )というところに「松が鮨」という、
日本最初の握りすし屋が店を構えました。
かつてすしは魚を発酵させた“なれずし”だけでしたが、
後年、飯に酢を入れることによってすぐに食べられる“はやずし”が考案されました。
これによって、天明年間(1781~89年)には、
すしの屋台が出現したといわれています。
それからまた時がたち、それまで鮨は屋台売りが一般的でしたが、
これを素材、器、店の場所やつくりなど、さまざまな吟味をし、
高級化を極めた「松が鮨」が誕生します。

「松が鮨」は高級握りずし店の元祖で、
二重になった5寸(約15センチ)の器に入ったすしは、3両(約25万円)もします。
いったいどんな人がそんなばかげた値段の鮨を・・・? と思いますよね。
上級武士や豪商などが、権力を持つ人物に進物用にと、
競って「松が鮨の折」を求めるのです。
こうやって、「松が鮨」は、
ますますその名は江戸中に知れわたることとなりました。
一説には「華屋与兵衛」の方が早かったとも言われますが、
いまのところは松が鮨が主説となっています。



f0186852_1131452.jpg


さて、作品についてです。
娘が手にしているのは、松が鮨の折と取り分けた皿。
皿にはこはだや玉子まき、海老の鮨、はじかみの酢漬けが載っています。
ちなみに皿の大きさは10ミリ。
見えていませんが、折の箱の中にも、ちゃんと鮨をいれてあります。
浮世絵の原画は、能や歌舞伎の題材にもなっている「安宅関」と
「安宅の松が鮨」の地名をかけています。
「安宅関」は、義経と弁慶の一行が、奥州に逃れる姿を描いたもので、
画の中には安宅関を通るときのエピソードが、ちりばめられていますので、
そこを忠実に制作しました。
娘は「弁慶格子」の着物に、「扇文様」の帯を締めていますし、
幼な子の着物には、「籠目文様」が描かれています。
これは、義経一行が奥州・藤原秀衡のもとに逃れようとした際、
武蔵坊弁慶が、籠を背負った子どもに、安宅の関への道をたずね、
教えてくれたお礼に扇を与えたというエピソードに由来しています。
弁慶の弁慶格子、子どもに授けた扇の文様、
子どもが背負っていた籠から、籠目文様といった具合です。

人形の娘の高さは8センチなので、あとはご想像ください。
この作品をイギリスまで持って行ったことがありますが、
ご覧になった老婦人が、この赤ちゃんを放さなくなってしまったので、
よほどお気に召したのでしょう。
翌年、この方のために別に、幼子の作品を作って、
ロンドンから2時間のご自宅までお届けしたら、
今も大切にしてくださっているとか。
子どもの作品は、世界共通で、女性にとても人気があります。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-09-21 11:34 | 「江戸浮世人形」 | Comments(0)