Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

十五夜の芋

今年は10月4日が十五夜です。
旧暦の8月15日を十五夜としていますが、いつもの年より遅いのですが、
これは旧暦で5月が2回あった(閏5月)ためです。
ただし満月は2日後になります。
外房の野山にはもうススキの穂も見ごろになり、
あとは晴れの夜空を待つばかり。

f0186852_2125723.jpg



旧暦8月の十五夜には、お神酒に団子、芋などをお供えしますが、
江戸と京都では少し違います。
江戸では三方に丸い団子、芋は衣被(きぬかつぎ)といって、
皮をむかない茹でた里芋を供えます。
一方京では、団子はしずく型(先のとんがった形)にして、
きな粉を絡めたのを12個、
皮をむき醤油で炊いた里芋も12個、団子とともに三方に盛ってお供えします。
閏年(今年も閏年)には13個になります。


f0186852_2133895.jpg

8月15日の月は「仲秋の名月」と呼びますが、
「芋名月」とも。
ジャガイモだって、さつま芋だってあるじゃないか、
なんで里芋? と思うかも。
ジャガイモが日本で普及したのは
幕末の飢饉の救済のためですし、
さつま芋はそれより早く18世紀半ばでした。
でも、里芋はなんと、稲作より早い時代に、
すでに主食とされていたのです。
なので、江戸時代に「芋」といえば「里芋」のこと。
さつま芋の焼き芋は、
江戸時代後期になってからです。


f0186852_21443.jpg

万葉集では「宇毛(うも)」と表記されています。

蓮葉者 如是許曽有物 意吉麻呂之 家在物者 宇毛乃葉尓有之

蓮葉(はちすば)は かくこそあるもの 
意吉麻呂(おきまろ)が 家なるものは 芋の葉にあらし
  『万葉集』 長意吉麿


里芋はまた神事の供物という性格も持っていて、
正月にも、餅と同じくらい重要とされる食物です。
仲秋の名月頃はちょうど里芋の収穫期で、
芋の収穫の祝いのために十五夜の行事が民間にも根付いた、
という説もあるほど。

十五夜の供物としては、皮付きのまま茹でた衣被ですが、
江戸っ子も芋の煮ころがしが大好きで、
『日々徳用倹約料理角力取組』というおかずの番付でも、
精進方の秋の部に「いもにころばし」とあります。
里芋の英語名は「taro」で、つまり東南アジアやオセアニアの島々などで、
たくさんの種類が食用とされています。

f0186852_2184544.jpg
f0186852_219862.jpg

















山芋が山に自生する芋であるのに対し、
里で育つので里芋と呼ばれたようです。
ビタミンB1(でんぷんをエネルギーに変える働きをする)や
B2(脂肪の燃焼を助ける働き)、またたんぱく質が豊富。
粘る性質のムチンは、滋養強壮や消化の促進、潰瘍を予防する働きもあるようで、
免疫力アップや、脳細胞を活性させるはたらきのある、
ガラクタンを含んでいます。

山形の「芋煮」は牛肉も入り、
まさに里芋料理の極めつけですね。

里芋の皮をむくと手がかゆくなりますが、
これはシュウ酸カルシウムのためとか。
酢を少し手に取って洗えばかゆみはおさまると、
子どもの頃に教わって実行しています。
(皮膚の弱い方はやらない方がいいですよ)


冷凍里芋は便利ですが、
やっぱりかゆい思いをしても、皮をむいた里芋のうまさは格別。
今夜は里芋の「にころばし」にしましょうか。







[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2017-10-02 21:12 | 江戸の食べ物 | Comments(0)