Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

江戸・豆腐物語

池波正太郎の『藤枝梅安』の「梅安迷い箸」に、こんなくだりがある。
湯殿から出てきた梅安に、相棒の彦次郎が、
火鉢に小鍋をかけ、塩、酒、しょうゆで薄味に整えた出汁に、
浅利の剥き身と、豆腐、葱を用意し、これから鍋で一杯というところ。
この彦次郎、「彦さん」は大の豆腐好きである。


f0186852_19424183.jpg
奈良時代に遣唐使によって、
中国からもたらされた豆腐は、
寺院の精進料理の普及とともに、
平安貴族へ、 そして武家へと広まって、
全国規模になったのは、室町時代だった。
江戸の庶民の口に入るようになったのは、
江戸も中期ころになってかららしい。
右の画、左は、室町時代の豆腐売りで、
男女とも売り歩いた。
右は、江戸時代の豆腐売りで、
前の盤台に四角な箱を載せているが、
油揚げやがんもどきが
入っているのではないかと思われる。

そして、天明2年(1782年)にかの大ヒット料理本『豆腐百珍』が、出版され、
瞬く間に売り切れ、翌年には続編が、
さらに翌年にはまたその続々編が出版され、
世は料理本「百珍物」ブームとなり、かつ、豆腐が飛ぶように売れたそうだ。


f0186852_20435663.jpg



ところで、今も東京・根岸にある「笹乃雪」は、
江戸創業の豆腐料理屋だが、「あんかけ豆腐」が名物だ。
元禄4年に上野の宮という方に供をして下ってきた人物が、この店の初代で、
あんかけ豆腐を、この宮がお代わりをしたために、
今も、あんかけ豆腐は2杯で1セットでだされる。
この店、お預けとなった赤穂浪士たちへ、豆腐の差し入れをしている。



f0186852_19512267.jpg
江戸時代には、「豆腐田楽」も
とても人気の料理だった。
長方形に切った豆腐を串に刺し、
炭火で焼いて赤味噌や、
季節によっては木の芽味噌をつけて出す。これがまたうまそうだ。

左は、フライパンで焼き、
山椒味噌を当たって塗った
今風、豆腐田楽。



「彦さん、何を食べさせてくれる?」
「豆腐じゃあ、いけませんかえ?」
とは『梅安』の「銀杏落葉」の一節。
豆腐は、四季折々、いつだっていい。







068.gif
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2008-09-21 20:01 | 江戸の食べ物 | Comments(2)
Commented by WrittenbyKaoruF at 2008-10-01 00:49
百珍で検索して偶然辿り着きました、「へるえ」です!
そうそう、田楽のお話がありましたよね。
写真のお豆腐もおいしそうです♪
Commented by スノウ at 2008-10-03 20:19 x
WrittenbyKaoruF、へるえさま。みつかってしまいました(うふふふ)。でも、発見してくださって、とってもうれしいです(^・^)♪ 名前をどうしようと思っていたら、お返事遅くなりました。
じつは、ここはあちらから引き出してきただけなのです。ですから、ご記憶にあると思います。とりあえず、HPができるまで・・・という感じです。
豆腐田楽ね、クッキングペーパーをしけば、簡単にできちゃいます!