Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:my favorite( 5 )

藤の思い遥か


しばらく江戸のブログをサボっておりましたが、季節は移りすっかり入梅。

この時期の植物の成長は早く、10日ばかりロンドンに行ってる間に、
楽しみにしていた「グミ」の実が、もう熟してなくなってた(食べられちゃった!)。
それはそうと、おくればせながら、「藤」のお話しを少し。

ずいぶん昔、レンガ造りの家のファサードに、
藤の花が咲き誇っている写真に魅せられたことがあって、
それはロンドンのチェルシーというところで撮影したと書かれていた。
以来、チェルシーの藤が見てみたいと思っていたのだが、
先日、長年の思いがかなった。


f0186852_1529915.jpg


f0186852_15293054.jpg





























ロンドンの中でもチェルシーは高級住宅街といわれ、まさになるほど。
この時期は、チェルシー・フラワー・ショウという
世界的にも有名な花の祭典が行われるのだが
(今年は100周年記念でチケットはすでに完売だった)、
今年は異常気象で寒くて、未だ薔薇も咲いておらず、
代わりに藤がまっさかりで、あっちにもこっちにも藤の絡まる家々。



藤は日本や中国、それに北アメリカも原産地。
英語でwisteriaまたはwistaria(ウィスタリア)というが、
この名前はイギリス人の動物学者にして植物学者のThomas Nuttallトマス・ナトールが、
尊敬する医師Casper Wistarキャスパー・ウイスターに因んでつけたといわれている。
イギリスではWisteria Floribunnda、
俗にJapanese Wisteriaという藤が一般的なようで、
日本のように、棚仕立てにはしないが、
いわれてみればなにやら、日本的な雰囲気をも感じられる。


f0186852_1534019.jpg
 f0186852_15372571.jpg                     













万葉の時代に、こんな歌がある。

      須磨の海人の塩焼衣の藤衣
            間遠にしあればいまだ着慣れず

この「藤衣」というのが気になった。
藤衣は藤色の衣ではなく、藤の蔓で織った粗末な衣服だという。
藤の蔓の皮をむいて灰汁で煮て柔らかくしたのを、
さらに叩いて繊維にしたものを、糸として用いた織物でとても目が粗い。
だが、とても丈夫で茨の中に入っても、棘から身を守れるほどだそうな。
なので、江戸時代まで野良着などとして用いられたようだ。


上の歌は、海人が塩焼きのときに着る「藤衣」は、
目の粗い織物なのでいまだに肌になじまないものだ、
というほどの意味になるだろうか。

f0186852_15321990.jpg








さらに進んで、平安期に夭逝した歌人藤原道信に、
   
     限りあれば今日ぬぎ捨てつ藤衣
            はてなきものは涙なりけり


というのがあって、
ここでは藤衣は「喪服」ということをはっきりと指している。

粗末な衣類である藤衣は、
平安の頃から身分の高い人々は、これを喪服として用いたという。
後年、喪服は麻布も用いるようになったけれども、
親族や葬儀を執り行う人たちは、必ず生成りのこの藤衣をまとった。

道信の歌は、喪に服しているのにも期限があるので、
今日で喪服は脱ぎ捨てるけれど、
涙だけはいつまでも果てなくこぼれるのさ・・・・・・そんな意味だ。


藤の花と藤衣。
華やかな花の一方では、死者を弔う衣でもあったことが、
藤への思いをいっそう深めさせる。

f0186852_15295913.jpg







055.gif



[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2013-06-10 15:39 | my favorite | Comments(0)

「義経千本桜」と狐 

桜のこのころになると思い出すのが、これ。
いいですねー、なんたってタイトルがいい。
「義経千本桜」!
で、話はやっぱり、狐忠信になっちゃうんですが、
スイマセン、狐ずきなもんでして・・・。
狐つき・・・ではありません。

f0186852_20314614.jpg


  「義経千本桜」は壮大なドラマなのですが、
   狐忠信のお話はその一部分です。
   義経は院から賜った初音(はつね)の鼓を、
   形見として静(しずか)に与えます。



f0186852_20263026.jpg


そして家臣の佐藤忠信を
静の供につけてやるのですが、
このときの忠信は実は狐。
忠信の手がときどき、狐になるのね。
両方の手を軽く握って、
手首をチョイと曲げる。
これでもう狐。

この鼓こそ、
忠信狐の両親の皮から作られたものだったのです。
ですから、鼓恋しさに、
忠信は静にどこまでも付いて行きます。




f0186852_2027053.jpg  吉野山は満開の桜。
  時々ふっと消えてしまう忠信ですが、
  静が鼓を打つと、どこからともなくヒョッコリと現れる。
  これがまたすばらしく美しい舞台背景です。
  この季節にこの演目を観ると、やはり心は浮き立ちます。
  山また山は、桜のあでやかさ。
  それとも吉野山の山の精霊に魂を奪われるのか?

  追っ手を「エイ、ヤーッ!」とやっつけてしまい、
  (狐の神通力でか?)、
  静と忠信は義経が逃れているという、
  吉野のさらに山奥へと分け入っていくことになります。

f0186852_20325934.jpg                                                 
 

一番のお楽しみの、
 忠信が狐に変身して、静に初音の鼓をもらうのは「川連法眼館」の場面。
欄干の伝い走りやら宙吊りやら、
忠信を演ずる役者さんは、動きが激しくて本当に大変です。
でも、熱演に比例して観客は夢中です。

狐ながらも、子が親を慕う切ない気持ちを、
わずかな動きの中に描く人、
大きなアクションで惹き付ける人、
役者さんによって、演じ方が大きく違ってくるのも見ごたえのあるお芝居です。










169.png

[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-04-17 16:44 | my favorite | Comments(0)

絵巻の誘惑

「絵巻」である。
節分にいただく「恵方巻」ではない。
お間違いなきよう。
また、「巻物」とも言われるが、
決して「かっぱ巻」の類(たぐい)でもない。
平安時代の王朝文化を言葉と絵で表現したもので、
長い紙または絹布を横に継いで、巻物にし、そこに描かれる。

現在日本最古といわれるのは、
「源氏物語絵巻」で、12世紀に描かれた。
もうめったにお目にかかれない、2千円札をお持ちの方、
出してとくとご覧あれ。
そこに印刷されてあるのが、「源氏物語絵巻」の一部分である。
江戸時代には、古典復興とか古典趣味なども起こり、
「源氏物語絵巻」などをテクストとして、特に衣装や工芸の世界で、
実に多くのデザインが編み出された。


さて、「四大絵巻」と呼ばれるものがあって、
「源氏物語絵巻」は上に書いた。
「伴大納言絵司(ばんだいなごんえことば)」は、応天門の変を描いた国宝で、
2~3年前に、東京でも特別展を開催していたので、見に行ったが、あまりの混みように辟易してすぐに会場を出た。
「信貴山(しぎさん)縁起絵巻」は信貴山を興した「命蓮」の神通力をメインに、エピソードが展開されるとても面白い話だ。
「鳥獣人物戯画」は、よくご存知!


f0186852_15101494.jpg
















先日、探し物をしていたら、上の2冊が出てきて、
こんな話を、以前、講義で教わったことを思い出した。
絵巻のことなどまったく知らなかったし、たいして興味もなかったのだけれど、
講義を聴いたときに、「ほう、絵巻とは、なかなか面白いものではないかえ」
といい気分で、神田古書店街を歩いていたら、
出会ったのだった!
初恋の人にではない。(そんなことは一生に一度でたくさんだ!)
とある古書店の店の前のワゴンに、ほこりにまみれた
「伴大納言絵巻」!!
ひゃっ!
と、2冊となりに「信貴山縁起絵巻」を発見。
なんと1冊500円ぽっきり。
で、うれしくなって買い占めた(たった2冊だけど)のが、これらの本だったわけ。


先生から絵巻の取り扱い方も教わった(のり巻きの食べ方は知ってる!)。
巻物を見るには、巻物に巻きつけてある紐を解き、
紐は小さくたたんで軸と共に巻き込む。
するとちょうど、巻物の表題が見える。
絵巻は体の中心に合わせ、右手に軸を持ち、
左手に巻かれてある方を持つ。
肩幅くらいに開き、言葉書きと絵を見ていく。
その部分を見終わったら右手で軸に巻きつけ、
左手をス~~~~ッと引いて、次の絵を出す。
これを繰り返すと、あ~~~ら不思議。
まるでアニメーションのように、絵が動いていくかのような気になる。

本物の絵巻が欲しくなってしまった。
自分で作って作れないことはない。
どなたかお作りになられたら、ご一報ください003.gif060.gif


f0186852_1512585.jpg


















~~~~~~067.gif~~~~~~~~~056.gif~~~~~~~067.gif~~~~~~~~~~
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-01-17 15:16 | my favorite | Comments(0)

春の貝づくし


春はなんと言っても、貝がうまいですねー。
散歩コースの中に、なぜかしっかり
すし屋(当然回転するとこ)が組み込まれていて、
毎週末に顔を出すものだから、すっかり記憶され、
「いつものように、シャリショウすか?」
と聞かれ、 そんなこと言ったことないし、
第一「シャリショウ」って、なんだ? と瞬間、
「うん、ご飯少しにしてね」ってちゃんと答えていた。
やっぱり、食べ物への動物的本能だけは、
働いてるってワケで、
「シャリショウ」に握ってもらった貝のうまいこと。


f0186852_1856618.jpg




ツブのコリコリしたの、
ミル貝はちょっとチュウイーだが味がいい、
浦安あたりは今もアオヤギがいい。
アオヤギは鮨に握るより、酢味噌和えのほうがうまい。
ハマグリの潮の椀も取って、
「アワビある?」
今日はちょっと豪勢だ。
ああ、アワビの味!
好みで言えばホタテは、貝柱を四つ切にコロッと切った方が、
ホタテの味がする。
獲りたてのホタテは、ウソみたいに甘い。
東京では、築地から仕入れるような店でなければ、しょうがないか・・・・。


f0186852_18563223.jpg





ホタテといえば、わがふるさとの津軽の小村で、
「ホタテの養殖ってもんば、おらだぢもやってみるがァ」
と言い出したのは、一体誰だったのか、
今となってはわからないが、
とにかく始めた。
1回目、失敗。うまく貝が付着しない。
2回目、失敗。貝は付いたが、育たなかった。
3回目・・・、
4回目・・・、
5回目には、あきらめた。やめた。
今でも、私の村の「シジミホタテ」といえば、
そこらへんでは有名なのである。
そう、ホタテは何年たっても、
シジミ貝ほどの大きさにしか成長しなかったのだ。
どうやら、海がきれい過ぎて、貝には適さなかったらしい。

f0186852_1857480.jpg


ところで、私はその村の「ウニの養殖権」を持っている。
父から譲り受けたのだ。
そんなものを私にくれるわけを聞いたが、
父はあいまいな返事しかしなかった。
ははあ~ん、ホタテの二の舞。
決まってる。
その権利書、もう、紙切れ同然なのだろう。
立ち上がれ、村民よ!
なんとしてでも、ウニの養殖を成功させて、
私を億万長者、いや、夢はでっかく、
ビリオネアにしておくれー!
やっぱり、なんとな~く、ヘンな村なのである。




178.png

[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-04-27 00:12 | my favorite | Comments(0)

コン夜も狐が鳴いている コ~ン  



狐の話、好きですねん。
日本の狐の話。とくに白狐。
神さんの御使いですものなあ。
大阪行ったら、美美卯で必ずキツネうどん、食べますしね。
わたしに、おあげさんお供えしてくれはったら、
占い、よう当たりますよ! うそぴよ~~ん。


f0186852_2185765.jpg
お話だけじゃなくて、狐の絵も好きだし、
お面や立体物も好きですねえ。
特にお面は、和紙張りのですがいくつかあって、
なかでもとても気に入ってるのは、
若い作家の作ったものなんですけど、
ジーット見てると、狐のお面が、
話し出すんじゃないかと思ってしまいます。
期待はしてるんですけどね。なかなか・・・。



f0186852_217521.jpg

王子稲荷のお狐さまも、一体いったい見てますと、
なにやら楽しくなってきます。
広重の『名所江戸百景』の
「王子装束ゑの木大晦日の狐火」には、
田んぼの中に立つ大榎の下に集まる、
何千という関八州の狐たちが描かれます。


f0186852_2195876.jpg
「狐火」と言います。
これは狐が口から出す炎で、メラメラと燃えているのだそうな。
だから、狐忠信の衣装にもこの狐火を意匠化したものが、
染められています。


f0186852_21102268.jpg

池波正太郎の『剣客商売』のなかに、
よわっちい浪人が白狐の神通力で、ものすごく強くなる。
でも狐との約束で、その神通力の有効期限が切れるまでに、
鍛錬してほんとに強くなんなくちゃいけない。
で、狐のおかげで本当に強くなれたってお話がありましたね。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2008-10-08 21:19 | my favorite | Comments(0)