カテゴリ:江戸の子どもたち( 4 )

7歳までは神のうち「七五三」

11月に入りますと、七五三の子どもたちが、あちらこちらで見られます。
今年は11日の日曜日にお祝いした方が多いようで、
一応、15日とはなっていますが、休日にあわせることが多いようです。

「七五三」という呼び方をするようになったのは、明治期に入ってからですが、
この年頃の子どもの成長を願うこのような儀式は、平安時代、公家の間ではすでにありました。
それが江戸時代も半ば頃には、一般にも浸透していきます。

f0186852_228930.jpg








そもそも「七つ前は神のうち」ともいって、まだこの世に命が定まっていない、
いつ神に召されても、まだ人ではなかったのだから・・・・
という哀しい諦めも含んでいたのではないでしょうか。

それが3歳では「髪置(かみおき)」といって、男児・女児ともに、
それまではそっていた髪を、伸ばし始めます。
髪を伸ばして、体に魂を入れてもらうのだそうです。
んんん~~~、鉄腕アトムみたいだ。

f0186852_2202322.jpg

左の画の右手前の女が持つのを拡大します。
これが「白髪」という飾り物のようです。


f0186852_2263410.jpg












女児のお祝いでは、「白髪」とか「たすきがけ」といって、
「麻荢真綿に末広、松竹梅のつくり花を、五彩の水引をもって飾り結び、(女児を)かつがしめて生土神へ詣づる」
と古い本にはありますが、
幕末近くになりますと、見られなくなったようです。


5歳になりますと、
男児は「袴着(はかまぎ)」の儀式をします。
これは元は、親類の中で最も有力な人に、
袴着の親になってもらい、
袴のはき方も、
子どもを吉方に立たせて、左足からはく、
土地によっては碁盤の上に立たせて、
裃を着せるところもあるようです。
「袴着」の儀式は、
古くは男児・女児ともにあったとか。


女児は、7歳になりますと、それまで着物は「紐」で締めていたのを、
「帯」で締めるようになる、「女性」としてはじめて認められるわけです。
初めて裾を引く着物を着るので、父親や鳶の頭に担いで宮参りをする、
という姿は、けっこう画でよく見かけます。



それまではこれらのお祝い、儀式はバラバラに行われていましたが、
江戸時代も終盤近くなって、呉服屋がビジネス戦略として、
ひとまとめにし、一大キャンペーンを張ったというわけです。
それが大当たりして、幕末から明治には七五三ブームとなり、
大正時代に今のような形になっています。

おかっぱアタマに大きなリボン、着物で、うっすらお化粧もして、
やたらお澄まししていた記憶があります。
あれは満6歳だったのね。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-11-15 22:16 | 江戸の子どもたち | Comments(0)

水に遊ぶ子供たち


立秋とは名ばかり。
この100年間で気温の上昇は1℃だそうですが、
過去では1000年に1℃の上昇だったとか。
体感的には江戸のころより、5℃は上昇しているようなきがしますが・・・。
そんなとき、脳裏をよぎるのはやっぱり水遊び。

f0186852_1834352.jpg


腹掛けの子、はだかんぼの子、着物を思いっきりたくし上げてる子・・・・。
ザルもって小魚を追いかけたり、
小魚入れた丼鉢を持ってたり、
何かとった物を、幼子に見せてる子もいます。
ここでは水に入ってるのは、男の子たちだけに見えますけれど、
女の子だってきっとばしゃばしゃやってたでしょう。



f0186852_1835966.jpg








水鉄砲、楽しそうですね!!
水鉄砲って、学校でも作りました。
おもしろくて、その夜、お風呂で散々遊びました!






f0186852_18364584.jpg




なかなか凝った仕組みの噴水の玩具です。
上の子がひしゃくで、四角いところに水を入れると、
筒を落ちた水が円錐形のところから、
噴水になるようです。




f0186852_18361513.jpg

水遊びの画の中では、これが一番好きです!
「木曽街道」と画にも書かれていますが、
倉賀野(現・高崎市の一部)の宿場町で、
船が通っている大きな川は「烏川(からすがわ)」。
水運が盛んだったところです(今、仕入れた知識。行ったことはアリマセン!)
支流が多いらしく、ここもそうなのでしょうね。
水門があって、どこかの家の庭なのでしょうか・・・・・
筵の日よけがかかって、川のそばで、気持ちよさそうですね!
洗い物している脇で、
子どもたちのなんと楽しそうなこと。


子どもの頃の水遊びは、どんなでした?
なんだか、子どもたちのはしゃぐ声と、
水しぶきの音が聞えてきそうですね。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-08-13 08:59 | 江戸の子どもたち | Comments(0)

江戸のお勉強どころ「手跡指南」

5月に入り、1年生はそろそろ学校にもなじんできた頃でしょうか。
江戸時代にも、入学式ってあったのでしょうか?
まず、一般書庶民の子供たちが通うのは、
現代では「寺子屋」と上方風に言ったほうが、通りがよいのですけれど、
江戸では「手跡指南(しゅせきしなん)」とか、
「幼童筆学所(ようどうひつがくしょ)」などと掲げた私設学校みたいなところです。
普通は「手習い」などと呼んでいたようです。

先生のことは手習い師匠といい、「おっしょさん」とよばれます。
入学式はありませんで、いつでもはいれますが、たいてい2月の初午の日、
現代のカレンダーでいえば、3月中旬頃になります。


f0186852_11304835.jpg


上の画は女の子だけの手習い所。
それでもこんなにいたずらし放題!



江戸の場合は、7才ころの入門が一番多く、
初午の日には、親が天神机という机を担いで、手習い所に向かいます。
さて、手習い所は、現代の学校と全く違って、筆子(ふでこ)と呼ばれる生徒たちは、
年齢が全くバラバラ。
教室でも机は師匠のほうを向いておらず、浮世絵に見るようにバラバラ。
個別指導ですから、学ぶこともバラバラ。
主な授業は、手習いといって、師匠のお手本で書道をやる、
素読といって、声を出して本を読む・・・などです。


f0186852_11313474.jpg

年上の子が年下の子に教えたり、おもちゃで遊んだり、墨を塗りあいっこしたり、
これもまたてんでに、好き勝手やったりしています。
師匠には、町人も多いのですけれど、下級武士も多く、
武家の手跡指南では、机もきっちり並べ、
ときに机の上に水の入った茶碗を持って正座させられたり、
罰則もありました。

f0186852_1132277.jpg
子供たちはこの手習い所が大好きで(仲間と遊べる!)、
朝は友だちを迎えに行って登校します。


授業料は決まっていませんが、
入門のときに「束脩(そくしゅう)」という金銭をいくらか収め,
さまざまな行事ごとに、またいくばくか収めています。
8時頃に始まり、お昼は食べに帰り(雨の日はお弁当持ったり)、
2~3時頃には墨で真っ黒けな顔をして帰宅します。
それを見て母は噴出し、ぬか袋を持たせて、
そうそうに湯屋(銭湯)に行かせます。

なんと1850年頃の日本の就学率は70~80%。
群を抜いて世界でトップでした。
識字率が高かったからこそ、一般庶民の間でも貸し本屋が多かったですし、
俳諧の「連」や、
賭博で禁止された「三笠付け」などという、
付け句のばくちもできたわけです。
大勢の庶民が文字が読める・・・これは誇るべきことでしょ?










[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-05-17 17:32 | 江戸の子どもたち | Comments(0)

母が手縫いの守り袋

f0186852_1817465.jpg




お守りはお持ちですか?
肌身はなさず、お持ちの方もおいでかもしれませんし、
全然お持ちでない方もおいででしょう。
でもたいていは、おうちのどこかを探せば、
きっとどこからかでてきます。
おみやげで、いただいたりします。



f0186852_18182177.jpg


さて、江戸時代、ほとんどの人がお守りを
身に着けていました。
クビからぶら下げるスタイルが一番多かったようです。
寅さんみたいにね!


f0186852_18185530.jpg


掲載した浮世絵は、子どもの守り袋です。
「守り袋」とか「巾着」などと呼んで、
母親などの手で縫われました。
江戸時代になって多く見られるようですが、
初期にはとてもシンプルです。
本来は、火打石を入れる袋だったのを、
江戸時代になって子どもの
お守りを入れる袋になりました。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2008-09-28 19:03 | 江戸の子どもたち | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧