<   2009年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

小正月


f0186852_1120563.jpg


年もあらたまりまして、本年もよろしくお願いいたします。


さて、全国に残る小正月とどんど焼き

旧暦1月15日は、小正月・・・聞いたこと、ありますか?
いまは新暦で行うところも多いようです。
元日を「大正月」と呼んだのに対し、15日は「小正月」と呼びます。
江戸では7日までを松の内とされたのに対し、上方では15日までが松の内
だったようです。

また小正月は「女正月」とも呼ばれ、お正月に忙しく立ち働いた女連中をねぎらう日でもあります。
それから、餅花といって、柳の小枝に色をつけた餅をつけたものを飾ります。
これは豊作を願う、大切な行事で、「花正月」と呼ぶ地域もあるようですよ。
秋田では、祖母がやっていたのを、幼心にきれいだったな・・・と覚えていますし、
隣近所のおばさんたちが集まってきて、ご馳走を食べ、笑い興じていた記憶もうっすらあります。
またこの日の朝には、あずき粥を食べる地域もありますね。
大阪の知人が、これを好きだとおっしゃるので、作ってみようと思います。

この日はまた、「どんど焼き」とか「左義長」といって、
上の写真のように、竹を組んで、お正月に使った門松や注連飾りを焼き、
それらにお宿りになっていた歳神様を炎にのせてお送りするのだとか。
お盆の先祖のみ霊送りと似てるところを見ますと、
どうやらもともとあった行事が、仏教と結びついた行事らしいです。


f0186852_11213071.jpg




というのも「左義長」とは、
三毬杖とも書き、平安には時代の宮中の行事でした。
「毬杖」は「ぎっちょう」と読みますが、
毬を長い柄の槌(つち)で打つ遊びの道具の長い柄を、
3本用いて先端をくくり、
この上に扇や短冊を掲げて、
陰陽師(占い師)が呪詛を唱えながら焼いて、
その年の吉凶を占ったのが始まりとか。
残念ながら江戸では、
火事の元として禁止されましたけれど、
全国各地にたくさん残っています。

現在は、観光化されたものもありますが、
子どもたちは書初めの書を焼い手上達をねがったり、
この火で餅を焼いて食べると、
病にかからないとかで、子供の行事のとも言われてます。


お住まいの地域では、そんな行事、今もなさっていらっしゃいますでしょうか?









・・
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-01-14 12:37 | 江戸歳時記 | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧