「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

櫻とひな祭り

新暦の現代、雛祭りも、とうに終わり、各地から桜の便りが聞かれます。
江戸時代の雛祭りは、まさに今頃、桜の時期が雛祭りでした。
江戸時代は、旧暦ですから、今年なら3月29日が、3月3日になります。

陰暦3月最初の「巳の日」を「上巳(じょうし)」といって、五節句のひとつです。
後には3月3日と固定しましたが、
「桃の節句」と「雛の節句」などともいいます。
え? 桜の季節なのに、「桃の節句」?
と思われるかもしれませんね。
もともとは中国から伝わった節句ですから、桃の節句。
中国にも桜はないことはないのですが、
桃のほうが多いし、好まれましたし、また桃には違う意味もあります。


f0186852_12442124.jpg

さてこの絵は、文政期(明治になる50年前)に描かれた
英泉の「四季の詠め(ながめ)おさな遊び 三月上巳花見」。
「めんないちどり」という遊びをしているところです。
「鬼さんこちら」みたいなものでしょう、
左の女の子が着ているのは、当時大流行した「蝶々も止まれ」という玩具を
文様化した図柄です。
女の子たちの頭には、桜のかんざしがさしてあります。
高いものではなく、町にやって来る「かんざし売り」から買ったものでしょう。




f0186852_1245044.jpg


こちらの絵は鳥居清長のものですが、
この花入れに飾られている花は、椿に桃、そして桜です。
ちょうど今の時期の花々です。






f0186852_12453389.jpg


そしてこれは、国貞の「風流古今十二月ノ内 弥生」。
豪華なお雛さま、池におしどりも泳ぐ庭には満開の桜!
どこぞの大店のおひな祭りのようです。

江戸を知るためには、文献を探し出して事実を「知識」として
知ることは、たしかに重要なことです。
しかし、「江戸を味わう」こと、「江戸を感じる」ことは
さらに大切なことのように思えます。
こうやって今のカレンダーを、旧暦にスライドさせて、
日本の伝統的な行事は、本来、こうだったのか・・・
と実感していただければ・・・とも思うのです。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-03-28 12:47 | 江戸歳時記 | Comments(0)

此花咲夜姫

西南のほうから、桜の便りがきこえてきます。
でも、今朝は全国的に気温が下がり、
関東でも雪の降ったところもあります。
お花見前に、少しだけ櫻のお話をいたしましょう。


f0186852_19401495.jpg

きょうは、此花咲夜姫のことです
「桜」に関するエピソードが、
歴史書の中に始めて登場するのは、
720年に編纂された『日本書紀』だそうで、
時は402年、帝が池に船を浮かべ酒を酌もうとした時、
盃に一片の花びらが落ちて浮かびました。
「この花の出所はいずこか探れ」とのお言葉に家臣が探し出すと、
それが桜だったとか・・・。

f0186852_1941493.jpg
「さくら」という言葉はどこから来たのかといいますと、
諸説あり、此花咲夜姫(コノハナサクヤヒメ)に端を発する
という説もあります。
此花咲夜姫は『古事記』では木花之佐久夜毘売と、
『日本書紀』では木花開耶姫と表記されますね。

この姫さまはお父さんを、
大山津見神(オオヤマツミノミコト)といい、
此花咲夜姫の姉妹は全部で4人。長くなるので省きますね。


さて、此花咲夜姫の名前は、
宮崎県の木花(きばな)という土地の、さくや姫さまという意味。
ある日、姫は外出中に邇邇芸命(ニニギノミコト)に声をかけられ、
プロポーズされたのですけれど、いったんは断わりました。
しかし嫁ぐこととなったのですが、すでに臨月となっておりました。
ところが邇邇芸命は
「そんなに早く出産するなど、私の子ではない」
と言い張り、
もし此花咲夜姫が出口のない産屋で、
しかも火をつけられても無事に出産することができたら、
自分の子供とみなそう、というヒドイ条件をもちだします。

f0186852_19451012.jpgしかし、此花咲夜姫は無事出産したのです。
三つ子で、これらが
ホスソリノミコト(海幸彦)、
ヒコホホデミノミコト(山幸彦)、
ホアカリノミコトです。

そして此花咲夜姫は神武天皇のひいお祖母さんになるそうです。
あらま、だんだん迷路に入ってきちゃいましたね。
抜け出さねば・・・。


さてさて、此花咲夜姫のお父さん大山津見神は、
姫に、春になると桜に姿を変えて、
稲の霊として地上に現れるよう命じました。
だから此花咲夜姫は桜の霊といわれるし、
田んぼの神様でもあるわけです。


それで、人々は、
桜の咲き具合によって稲の収穫を占い、
桜の花が美しく長く咲くことを願い、
酒肴を持って山に登り、
花の下で豊作を祈った・・・・・
それが、花見のルーツだという説もあります。

f0186852_1946327.jpg
此花咲夜姫はまた富士山の神様となっていますけれど、
これは近世になってからで、
此花咲夜姫は、全国の浅間神社に祀られています。
山梨県では安産の神様にもなっているとか・・・・・・・。

それにしても、『古事記』や『日本書紀』など、
日本の神話や天皇家のルーツに入り込むと、ここはもう迷路です!
ラビリンスに迷い込みますと、一生抜け出られないとも限りません。
ツルカメ、ツルカメ(笑)
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-03-26 15:07 | 江戸歳時記 | Comments(0)