<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

江戸の銭湯「湯屋」

江戸では銭湯は「湯屋」、これを「ゆうや」と呼んでいます。
基本的に年中無休です。
ただ火災の発生を防ぐために、
冬の強風の日には「烈風仕舞い」と称して、
早仕舞いしました。

朝七つから夕七つまで営業すると
『守貞漫稿』にもありますが、
大体現代の時間にして、早朝4~5時から夕方4~5時
と考えられます。

f0186852_18491323.jpg



左の画はお正月の
湯屋の様子を描いたもの。
番台の前には、三方におひねりが積まれています。

番台の向こうに見える階段は、2階の広間に上がるもので、
2階は男性専用のくつろぎスペース。
右下に見えるのは、縁起物の貝のひしゃくで、お客はこれをもらって帰ります。


江戸には800軒ほどの湯屋があります。
長い間、男女混浴が当然の風潮にありましたので、
幕府は寛政年(1791年)1月25日に、
「男女混浴禁止男女異日浴制」を発しました。
しかし、一向に守られなかったらしく、業を煮やした幕府は
寛政6年(1794年)には、「男女混浴湯屋処罰」をしています。

f0186852_18424714.jpg




さて、銭湯の始まりは蒸し風呂でした。
上の右の絵のように、「石榴口(ざくろぐち)」と呼ばれる浴場は、
蒸し風呂の名残で、湯の温度を保つ効果を持たせています。
燃料となる薪も高価で、水の入手も難儀したこの時代には、
できるだけ少量の湯を、いかに大切に使うかが課題でした。

洗い場と浴槽の間の鴨居を、3尺(99cm)ほど下げ、
その奥に浴槽を置いてありますから、
かがんではいっていくことになります。
当時は「かがみいる」と言いましたが、
鏡を磨くのは石榴から作られる「酢」ですから、シャレて「石榴口」
と呼んだのだと言われます。

f0186852_18462572.jpg
この石榴口、形は東大寺を模した、唐破風のような屋根で、
やたら豪華に作られています。
ところがこの中は薄暗く、ずいぶん湯は汚れていたとか。
物の本には死体が浮かんでいたとか、
恐ろしいことが起きていたことをほのめかしていますが、
ことの真偽はよくわかりません。

それにしても江戸っ子は湯好きで、きれい好き。
「垢抜ける」と言う言葉は、そこから生まれたくらいです。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-05-20 00:35 | 江戸ぐらし | Comments(0)

「洗たく」


「洗たく」



f0186852_18274328.jpg




「菖蒲」の文字はすでに万葉集に登場しているが、
これを「あやめぐさ」と読んだ。
だがこれは現代の「アヤメ」ではなく「ショウブ」をさしているのでややこしい。

ショウブはサトイモ科、
アヤメ、ハナショウブ、カキツバタはアヤメ科で、
ハナショウブもアヤメから作られたという。
 
菖蒲は奈良時代に中国から渡来し、
長寿を象徴する意味をもつ植物とされていた。
現代でも端午の節句には、
軒端に菖蒲と蓬をさげたり、湯にいれたりするが、
これは邪気を払うものとして、
チベットから中国を経由して伝播したといわれている。

ところがカキツバタは「杜若」とか「燕子」花と書くが、
これは全くの当て字で、日本の固有種であるため、
信仰や風習とは無関係で、
ただひたすらのびやかに美しく咲いている。


さて作品は、喜多川歌麿の浮世絵をもとにした。

男物の下駄に腰をおろし、
洗たくするかたわらの桶に花菖蒲がみごとに咲いている。

薄柿色の格子縞の単衣に、
黒地の絣の前垂れをまわしかけている。
姉さんかぶりの手拭は鳴海絞り(なるみしぼり)の襞取り蜘蛛(ひだどりぐも)の柄で、
当時、大流行した。




*すべての作品、文章の無断転写、複写を禁じます。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-05-12 18:38 | 「江戸浮世人形」 | Comments(0)

高尾と綱宗

「君は今 駒形あたり ほととぎす」
は高尾太夫の句とされる。
この句はただ、「あなたは今駒形あたりかしら」
と言ってるだけなのに、
なにかしら、思い遣る心、
情感みたいなものを感じるのはなぜだろう。

f0186852_2225474.jpg


          広重画「名誉江戸百景 駒形吾妻橋」 左下の屋根は「駒形堂」




伊達政宗の孫、伊達綱宗は19歳で藩主となった。
当時、伊達の石高は表立っては60万石といわれるが、
実収は100万石あったという。
そこで幕府の魔の手が伸びる。
伊達藩の財力削減のために、綱宗に土木工事を命じる。
ところが殿様、若い。
休憩と称しては吉原に通ってしまう。

綱宗をとりこにしたのは、三浦屋の高尾太夫。
彼女の気を引くために、
伽羅の香木でこさえた下駄を履いちゃったりなんかして、
吉原にお金をばら撒く。
しかし、高尾はなびかない。

     仙さまは大事な客と三浦いい

いくら店の主人、内儀に言われても、

     伊達ぎらい吉原中にただ一人

そう! 高尾太夫は伊達の殿様が嫌いだった!
キライだったのか否かは定かではないが、
少なくとも高尾には間夫(まぶ)がいた。
その彼に操立てして、60万石の大名を振った。

    大鳥毛高尾立派に振りとおし

伊達家の参勤交代で先頭を飾るのが、
この大鳥毛と呼ばれる毛槍である。
伊達家の象徴。

吉原ではこのクラスの遊女とは、
初回ははじめましての挨拶程度。
2回目には「裏を返す」といって、客が遊女を呼ぶ。
3回目にやっと客の念願がかなうことになるのだが、
それさえ、遊女の気に入らなければ、
太夫格なら客になびかない。
それが意気で張りなのだ。


f0186852_05828.jpg


















                        現在の吾妻橋




だが高尾は振られ続けてアタマにきた綱宗に、
舟遊びの最中、無惨にも殺害されてしまった。
そして綱宗は隠居謹慎となり、
やがてこの事件が又新たな事件へと発展する。

それが世に言う「伊達騒動」で、芝居にもなっている。
「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」だ。
綱宗が高尾を惨殺したというのは、どうやらフィクションのようだが、
芝居は史実をモデルに作られた。



f0186852_054475.jpg
      
















                        現在も広重の絵にある「駒形堂」は残る。




三浦屋の高尾は11人いた。
ここでの高尾は4代目。
それにしても、袖にし続ける男に、
「君は今 駒形あたり ほととぎす」
だなんて、心にかけるものか?
広重は高尾の気持ちを知ってか知らずか、
雨ではあるが、なにやら明るくなりそうな、
初夏の駒形の空を描いている。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-05-12 00:14 | 江戸の女性たち | Comments(0)

端午の節句

「六日の菖蒲、十日の菊」と申しますけれど、
なんときょうは八日・・・・。
この記事を掲載しようと用意しておりましたのに、
五日に扁桃腺炎で、あえなくダウン。
でもせっかくなので、来年のためと思って、
読んでいただjければうれしゅうございます。
とはいえ、本来端午の節句は、旧暦で行われるのが
季節に合いますので、
今年の旧暦五月五日は、新暦の五月二十八日です。


f0186852_2157939.jpg

五月晴れの空(梅雨の晴れ間)を泳ぐ
広重の鯉のぼりの浮世絵は、
まさに江戸の象徴ですね。

というのも、鯉のぼりは、
町人の武家への対抗意識から生まれました。
武家は端午の節句には、家紋入りののぼりを立てましたが、
町人は鯉をのぼりにすることを思いついたのでした。


f0186852_21574347.jpg
「竜門の滝」を必死に登った鯉が、
霊験を授かって龍になったという中国の故事から、
鯉は立身出世の象徴ですから、
出世の可能性の少ない武家に対し、
努力次第でどんな出世も可能な
町人の「意気地」ですね!

それが今では「こどもの日」となります。
この日には、菖蒲湯に入ります。
いまでは、スーパーなどでも菖蒲だけ、
あるいは菖蒲と蓬をセットにしたものが、売られています。
お散歩のついでに、
きれいなヨモギを摘んで、お風呂に入れてもいいですよ。
ヨモギも邪気をはらいます。
たくさん摘んで、干しておくと、
いつでもヨモギ湯・・・芯から温まり、美肌効果もあり!


f0186852_2158167.jpg
中国の故事にちなんだちまきは、
関西では、端午の節句に欠かせない食べ物です。
平安時代の宮中行事の流れを汲んでいますから。
後で、黄な粉をつけていただきます!

一方、柏餅は、江戸で好まれました。
柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちず、
「子が生まれないと親は死なない」と解釈して、
子孫繁栄につながるものとしたのです。
でも、柏餅は近年いつでも売っていますので、
ちまきにしました。

少し日がたっても蒸しますと、
やわらかくいただけるのがちまきの良さです。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-05-07 14:50 | 江戸歳時記 | Comments(0)

江戸に開いた花菖蒲



人形制作の片手間に、花菖蒲も作っています。
個展においでくださったお客様の間から、
何か記念に変えるものが欲しい・・・
というご要望にお答えすべく、
小さな鉢植えも作っています。
明治期のものと思われる資料を、
江戸時代に作られ今も残っている「堀切菖蒲園」にお住まいの方からちょうだいし、
それをもとに作っているものです。


f0186852_18175897.jpg









   いずれもサイズは、
   花菖蒲の部分が30ミリほどです。→
   これは「古花・仙川(こか・せんかわ)」


f0186852_18105958.jpg









←「古花・竜田川」
花器もすべて、浮世絵に実際に描かれているものを、
立体に再現しています。

f0186852_1818591.jpg









         「これは「かきつばた」
         花菖蒲とは異なります。




花菖蒲は自生するノハナショウブをもとに、
江戸時代の前期からすでに改良が始められていました。
時代が移ろい、幕末近く天保から弘化年間(1830~47年)ころには、
盛んに改良されるようになりました。


その改良に大きな貢献を果たしたのが、
旗本の松平定朝左金吾、のちに自らを松平菖翁と名乗った人物です。
菖翁は父の意志をついで、その生涯を花菖蒲の改良にかけました。
京都町奉行にまでなった人物ですから、けっこうなオエライさんだったわけです。
なんと84歳までご長命でいらしたようです。
その改良の状況記録が10冊ほど残されています。



f0186852_1812079.jpg

            「堀きり花菖蒲」 三代豊国・二代広重画
            当時、堀切菖蒲園は、こんなに広かったのですね!!






さて、花菖蒲は園芸上、
「江戸系」「伊勢系」「肥後系」と、大きく3つに分けられていますが、
これは江戸時代後期、改良が盛んに行われていたころに、
各地で改良が行われたものが、現代に引き継がれているものです。



「江戸系」は尾張藩主、徳川光友が江戸屋敷に各地の花菖蒲を栽培させたのが始まり。
庭や水田などに群植されるもので、
地植えで鑑賞しやすいように丈は高く、
群生して美しく見えるように花は中輪が多い。
また日興や風雨に強く、
花は色が鮮やかなものが多いというものです。



「伊勢系」は紀州藩主吉井定五郎が、
江戸花菖蒲を伊勢松坂に持ち込んだところから始まったとか。
鉢植えとして改良され、繊細で花振りは小さく、
色は淡く花弁はおおらかに垂れて女性的なのが特徴。
「肥後系」も鉢植えにして、室内で鑑賞するものとして改良されています。
こちらは男性的なのだとか。
というのも花容は雄大で花色は鮮やかで、丈が低く、
観賞用として競い合ったといわれます。


f0186852_18124249.jpg

























まさに江戸時代、特に後期は園芸ブームに沸き、
投機的にも使われた植物は、
やがてバブル経済をもたらすことにもなりますが、
この話はまたの機会にお話いたしましょう。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-05-02 18:26 | 江戸歳時記 | Comments(0)

夏にはまだ少し・・・八十八夜。

「八十八夜」・・・とはよく聞きますね?
そして、新茶を摘むのもこのころというのも、
ご存知ですよね?
それだけご存知でしたら、もう十分ご存知です。


f0186852_226514.jpg

長火鉢で手にしているのは「新茶」


ではもちょっとだけ詳しく・・・。
八十八夜は、立春から数えて、88日目です。
立春は2月4日でしたので
・・・・・・・シコシコ(指を折る音)
数えました?
今年は5月2日になります。
八十八夜、節分、入梅、半夏生、土用・・・などを、
「雑節」といって、
中国から伝来した「二十四節季」以外の、
稲作中心の日本独自の
季節の移り変わりの目印のようなもの、
なのだそうです。

♪夏も近づく八十八夜~~♪
という歌をご存知でしょうか・・・?
この歌のタイトルは「八十八夜」ではなく「茶摘」。


f0186852_2292099.jpg





 左は、『東海道名所之内』の「宇治」(二代国貞画)。
 ♪茜だすきに菅の笠~~♪
 の歌のようなこの姿の女性たちは、
 「茶摘ツアー」に参加した人々。
 コスプレ時代ですから、まず衣装から!
 まさにこの歌の通り、立夏はもうすぐ。
 今年は5月5日が立夏です。

八十八夜の頃になりますと、
「八十八夜の別れ霜」などといい、
遅霜の心配もあまりなくなります。
大地がもっとも滋味をたたえるので、
このときに摘んだ新茶を飲むと、
不老不死、無病息災ともいわれます。
江戸時代には、将軍家に新茶を献上する
お茶壷道中が、宇治から江戸に向けて出発します。
このお茶壷道中が、宇治を出立するまでは、
新茶を他に出すことは禁じられていました。


さて、現代に立ち戻って・・・

GWに突入した、きょうの東京は暑かったです。
半袖も出し、ガラスの器も出し、すだれもだしました。
日傘やサンダルも、もう出したほうがいいでしょう。
さまざまなUVカット製品もね!

八十八夜はお茶摘だけでなく、
そろそろ夏の準備をしましょうという頃でもあるのです。
でもまだ梅雨寒もあるかも知れませんから、ご用心。










emoticon-0162-coffee.gif
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-05-01 13:57 | 江戸歳時記 | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧