Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鎌倉の波に早稲田の・・・・茗荷

たった一鉢の茗荷の茎が、ニョキニョキと伸びてきたと思ったら、
葉がワサワサと生い茂ってきました。
梅雨のあける頃には、茗荷が取れます。

よく「茗荷を食べると、物忘れをする」といわれますけれど、
最近の研究では茗荷の香りの成分には、
集中力を高める効果があることがわかりました。
おまけに、珍しいことにカリウムがかなり含まれており、
むくみにも効果があります。


「茗荷宿」という落語があるほどです。
釈迦の弟子の周利槃特(しゅりはんどく)という人は、自分の名前を忘れてしまうので、
名札を首から下げてもらいましたが、そのことさえ忘れました。
彼の死後、墓に見知らぬ草が生えてきました。
人々はこの草を「名を荷って苦労した人」にちなんで、
「名荷」と書いて、「めうが」と呼ぶようになった、という伝説があります。


f0186852_21363715.jpg
日本の原産という説もありますけれど、
はっきりしていません。
3世紀には
もう食していたという記録があるとか。
茗荷は冥加にも、
通ずるとして、武家の家紋に多用されるようになります。
右の家紋は「抱き茗荷」。
鍋島藩の家紋でもあります。


f0186852_8415145.jpg


茗荷は、そうめんや冷奴などの薬味に。
小茄子を焼いたのを味噌汁仕立てにし、
茗荷の千切りをふわりとのせます。
てんぷらもよし、半分に切って味噌田楽にしたのは、
冷酒に実によく合います。

江戸では早稲田や牛込の茗荷は、
大きくてうまいと評判でした。
「鎌倉の波に早稲田の付け合わせ」
鎌倉沖の鰹に、早稲田の茗荷の付け合わせは、
最高にうまい! という江戸っ子の好み。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2010-06-13 21:41 | 江戸の食べ物 | Comments(0)

江戸茶話会『いきな女のファッション・こうでねぇと』


3月、岡山を皮切りに江戸茶話会を再開いたしました。
お江戸・TOKIOでの茶話会のご案内です。



f0186852_11331385.jpg






===== =第9回「江戸茶話会」のお知らせ= =====


今回のタイトルは
『いきな女のファッション・こうでねぇと

江戸で「いきだね、ねいさん!」
な~んて声がかかりそうな、いきな女のいでたちを
たくさんの浮世絵からピックアップ。
衣装はもちろん、ヘアスタイルにメイク、
持ち物やら履きもの、
そんな女たちの心意気をもご紹介。
もちろん「江戸浮世人形」からも出演するねいさんたち。
さて、どうなりますやらお立ちあい!


f0186852_1150019.jpg





f0186852_11504038.jpg













●開催◆6月27日(日)
 14:30~16:30(開場は14:00)

●会場◆東京・四ツ谷・荒木町「橘家」

   〒160-0007 東京都新宿区荒木町11橘家ビル
   TEL 03-5379-2720
   最寄り駅は東京メトロ丸の内線「四ツ谷三丁目」、
                 都営新宿線「曙橋」 A4出口

   詳細はご参加の方にお知らせいたします。


●会費◆2,000円(お茶と季節の和菓子付き)

●定員◆25名

●お問合せ&お申込みはホームページからお願いいたします。
  http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com       
  ご参加の人数もお書きください。

  お申し込みに対し、確認のメッセージを差し上げますが、
  お申し込みより3日以内に届かない場合は、
  至急、お問い合わせください。
  ご不明の点は、岩下までお気軽にお問い合わせください。 

●はじめてご参加の方は下記をお書きください。
 ・ご芳名
 ・ご住所(郵便の届くアドレス)
 ・電話番号(ケイタイ番号可)

●お申し込み締め切り◆6月20日(日)
 
●懇親会もご希望の方は、
「懇親会参加希望」とお書き添えください。
懇親会はただいま検討中ですが、茶話会会場近くの店で、
会費は5,000円ほどの予定です。



f0186852_114711100.jpg




f0186852_11473528.jpg

*個人情報は厳重に管理いたします。




*注 ここに掲載した浮世絵、作品は、当日使用するものとは一致しませんので、ご了承ください。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2010-06-02 11:51 | いろんなお知らせ | Comments(0)