Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

江戸の菊

あちらこちらで菊がもう終盤・・・でしょうか。
「晩菊」といううつくしい呼び方もありますね。
東京の湯島天神や上野の池之端でも菊祭りが行われ、
そばを通るとすがすがしい香りとともに、
秋の華やかさがそこに集約されてるような美しさがあります。
近隣の小学生たちも丹精こめて菊作りをしているとかで、
そういうことを教える先生もまたステキ!
f0186852_2285854.jpg



菊は古くからある植物ですが、
江戸時代の初期の終わり頃には80種ほどが書籍に取り上げられ、
中期になりますと一挙に300種以上が掲載され、
中期頃から菊作りに拍車がかかったことがうかがわれます。

f0186852_118953.jpg









正徳年間(1711~16年)に京で「菊合わせ」という催し物が始まりました。
これは大型の菊の新種を競うもので、
優勝すれば「勝ち菊」ともてはやされ、
1芽がなんと1両~3両3分(1両は5~10万円ほど)で取引されもしたそうで、
いかにも江戸時代の園芸ブームのすさまじさを思わせますね。
その「菊合わせ」は享保(1716~35年、8代暴れん坊将軍吉宗の頃)の頃に
江戸にも広まり、京と同じように
菊で一儲けを夢見る人々を生み出します。

f0186852_119245.jpg


おかげで菊の栽培技術や看菊の人気が高まり、
巣鴨や染井をはじめ、寺島(現向島)の百花園や本所、四谷、市谷、青山などの植木屋などが
菊園を公開したので、大勢の人が押し寄せます。

文化年間(1804~18年)に巣鴨で、
人物や鳥獣などの形に菊を作るのがブームとなり
(作り方は聞かないでね。知らんのヨ!)、
これが現代の菊人形へと受け継がれています。

そうなるとますます看菊はブームとなり、
染井などでは50軒もの菊園ができて、園道筋には茶店や料亭が立ち並び、
ずいぶん賑わったものです(と、見てきたように言うのは得意です!)

f0186852_11112249.jpg
帆掛け舟の形に作った菊の前で一献。これがほんとの「菊見で一杯」。




ところがこのあたりの形モノの菊作りはやがて廃れてしまいます。
見物料をとらなかったからだとか・・・・。
それが明治になって団子坂(現文京区)の植木屋が復興させ、
以降、昭和もかなりまで菊人形は人気でした(これは知ってますヨ)

菊人形・・・最近見たのは池之端・・・・だったでしょうか(アイマイ!)。








178.png

[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2010-11-27 22:03 | 江戸の園芸 | Comments(1)

寒い夜はさしつさされつ小鍋たて


はじめて小鍋立てなるものを知ったのは、
10余年前、池波を読んでいてだった。
「鬼平」にも、「梅安」にも登場する。
「剣客商売」には、さてどうだったか、記憶が定かではない。

「しんねこ」という言葉も、池波の本で知ったのではと思うが、
まあ、しんねこな二人が食べるには、小鍋立て。
親密な二人が、親密にお話なんかしちゃってる様子が、
しんねこ・・・って感じらしい。
そんな粋なことになったことがないので、
よくはわからないが、小鍋立てならよくやる。

小鍋立ては、別に二人でなくったってできる。
一人で十分。
小さな土鍋に出汁を入れ、煮ながらいただく。
材料は2,3種類。
それ以上は、小鍋立てには、ちと重い。

池波に出てくる材料は、
「大根と浅利の剥き身」とか、「豆腐と大根」「豆腐と油揚げ」
など、本当に簡単なもので、薄い出汁で煮ている。
材料を入れるそばから引き上げて、はふはふといただくのがよろしい。





f0186852_2338221.jpg
左小鍋たてを楽しんでる画だが、
「じいさんは慈姑(くわい)の煮物を肴に酒を飲む」
てなことを書いてあるらしい。


f0186852_23455163.jpg
                    上はこれをもとにした作品「小鍋たて」。
高さは6センチほど。



火鉢でね、小鍋立て。
小鍋立ては、独身の男が多い江戸で生まれた、独身男料理。
簡単、便利、この上ない。
それがいまや、江戸の粋な食べもの、食べ方となって
「サライ」の特集なんぞになっているのだから、たいしたものだ。


よくやる小鍋立てはというと、
「京菜と油揚げ」、「豆腐と大根と鱈」、「豆腐と蛤」など。
以前「はまぐりびな」といって、
蛤の貝の中に入る小さなおひな様をつくる教室もやってたので、
せっせと蛤をいただく羽目になったことがあった。
だもんで蛤にはちとウルサいが、
煮すぎると、蛤以外も貝は硬くなるのでご注意。


一番好きなのは、鴨と芹を鉄鍋でいりつけ、酒、砂糖、
しょうゆで味付けして、卵をつけていただく。
鴨というと贅沢と思われるかもしれないが、
故郷の津軽ではこの時期になると、肉屋さんでフツーに「鴨肉あり升」の張り紙が出る。


f0186852_204037100.jpg

上の浮世絵は幕末のもので、桑の長火鉢の五徳に鉄鍋をかけて、小鍋立てをする女。
膳もかなり豪勢で、芸者といったところか。
こんな具合に、小鍋立てはごくフツーになされていた。
それを、「粋な食べ方」にまで昇格させたのは、池波の腕かもしれない。



ちなみに私、今夜は、新米のきりたんぽ。
小鍋立てじゃなくて、ごめんなさいね! でへへ、ばり、うまいっす!







060.gif



[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2010-11-06 23:46 | 江戸歳時記 | Comments(2)