<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

江戸の珍商売「耳の垢取り」。イヤーエステ?

3月3日は「耳の日」だったようで、
耳なんて気にしてない・・・・・・・のも若いうち。
だんだん気になってきますよ、そのうちね(笑)。

でもって、最近、テレビで耳に止まったのは、「イヤーエステ」。
なんじゃいと思いましたらば、耳かきをしてくれるという。
人にやってもらうのは、コワイのでイヤだけれど、
訓練をつんだ耳かきエステティシャンなら、安心でしょう。
2005年に、厚生省が、耳垢の除去は医療行為にあたらず・・・
と改定したことにより、理髪店以外でもできるようになったわけですね。

誰でも行ってよろしいということで、エステ以外でも、
浴衣を着て、耳かきと全身マッサージをしてくれる
「耳かきカフェ」なるものや、
その他いろいろあるのだとか・・・・。
エステティック・サロンなどでは、
70分で、耳掃除だけでなく、耳の中の産毛そり、
綿棒で耳の中のツボマッサージなど・・・・
「耳いすと」にはたまらないかも。
70分8400円は、エステとすれば、こんなところでしょうか?
お客さんの6割は女性だそうです。

「耳いすと」・・・・勝手に命名、「耳かきしてもらうのが好きな人」の意・・・・
は、殿方に多いようです。
お母さんのひざが懐かしいのでしょうか?
なんだか、ほっこりした絵が浮かんできますね。

f0186852_1716138.jpg


さて、江戸時代にもエステではないけれど、
「耳の垢取り」という職業がありました。
かの山東京伝が『骨董集』という本に、貞享(1684~88年)ころ、
江戸の神田紺屋町三丁目に「長官」という耳垢取り屋がいたと
書いていて、それを基に歌川国貞が描いています。
上の絵は、国貞の画を写したものから、
さらに描き起したものですが、「唐人」の格好をしています。




江戸時代には、「珍商売」が多かったのですけれど、
その多くは、コスチュームに凝っています。
やっぱり、目立つことが大切だったのでしょうか。
江戸の耳垢取りは唐人スタイルが多く、
京の辻つじにいた耳垢取りは、
「紅毛人(オランダ人)」のスタイルが多かったと、
モノの本にあります。



f0186852_17121446.jpg











「桃太郎」・・・岡山でいただきました。
観光地でお土産によく耳かきを売ってますね?
コレクターも多いようです。



f0186852_17124132.jpg



           
 


       こんな形のもあります。
             

耳の日はすぎたけれど、お部屋の掃除のついでに、耳のお掃除もしましょうか。
ところが耳鼻科の医師の中には、耳掃除はしてはいけない、
そのままにしていれば自然にポロリと落ちてくる・・・・
というご意見の人がいます。
一方、耳垢がたまりすぎると、「耳垢栓塞」という症状になり、
難聴と思い込んで来院する人がけっこういるとか。
耳鼻咽喉科で待ちながら診療をみてますと、「耳垢栓塞」と診断されたらしく、
取っていただいてほっとしたお顔で帰る方、けっこう多いですよ~。

やっぱり適度に取ったほうがいいのでしょうね。
綿棒を使うと、耳垢を奥へと押し込むのでよくないとも言われます。
ご心配な方は、耳鼻科へおでかけあそばせ。







[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-03-09 17:22 | 江戸ぐらし | Comments(0)

寒い日のドルチェ「お汁粉」

この前まであんなに暖かかったのに、
また急に寒くなってしまいました。
寒い夜には、これ!
「お汁粉」です。

基本的に甘いものは好きではないのですけれど、
そして基本的にお餅は好きではないのですけれど、
お汁粉がいただきたくなるときがあります。

小豆が特に女性にはいいといわれますので、
最近は小豆を良く煮ます。
小豆だけでもおいしいのですが、
ビジュアル的に、こんがり焦げ目のついた、小さなお餅が入っていたら・・・
と、お餅を小さく切って焼くことになります。

お汁粉と善哉(ぜんざい)のちがいはなにか?
よく言われますが、
東京と関西では違うようです。
でも一般的には、お汁粉は汁が主体で、
田舎汁粉は粒あんが入っており、
御前汁粉はこしあんで・・・というようです。
善哉はまるっきり粒あんの中にお餅などが浮かぶ、
またはお餅の上に粒あんを掛けるのだとか。


f0186852_1456677.jpg









  右は広重の描いた廿六夜待ちの図に
  ずらり並んだ屋台の中の「しるこ屋」。




江戸時代にできたお汁粉ですが、担いでも汁粉屋は売り歩きました。
たいていは雑煮も売っていて、あんどんには「正月屋」と書かれています。
餅を扱うからかもしれません。


また、店構えの「汁粉屋」もあり、
いまでいう「甘味処」ですけれど、
デートの場所として、個室も用意されていました。
汁粉屋からでてきた若衆髷の紅顔の美少年と、
うら若き乙女のツーショットの浮世絵をみつけたのですが、
ひゃ~! 探したけどみつかりません。
かわりに、料亭のごとき汁粉屋発見。

f0186852_1455516.jpg




『鬼平犯科帳』でも、兎忠(うさちゅう)こと、同心の木村忠吾が
好きなのは、浅草の汁粉屋「松月庵」とあります。
江戸時代には、お汁粉は、
今よりもっと身近な、人気の食べ物だったのですね。



f0186852_14564743.jpg















上は北海道のネット友だちに教わって作った「かぼちゃ汁粉」。
蒸したかぼちゃをマッシュして、粉を加えて茹で上げ、
煮あずきの中に入れます。
想像以上のうまさです!
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-03-07 15:08 | 江戸の食べ物 | Comments(0)

「はまぐり雛」です~。

桃の節句も明日になりましたね(新暦)。
でも先週後半から寒くて、桃の花には早すぎます。
本来は現代の暦でしたら、4月5日が桃の節句なのですから、

f0186852_18514460.jpg


この画のように桜も咲いているころなのです。
それでも京都はじめ、土地柄では旧暦で行われるところもあって、
ほんとうの「桃の節句」が堪能できそうです。


さて、この時期には、じつにさまざまなお雛さまがあちこちのお店で見られますね。
近年はおおがかりな雛壇飾りは、住宅事情などもあって、
難しくなりました。
今ブームは、小さな小さなお雛さまのようです。


f0186852_1141316.jpg

これは、岩下人形工房オリジナルの「はまぐり雛」です。

個展においでくださった方のお土産的に販売させていただいたのが始まりですが、
近年はなかなかの好評です。
でも、1組ずつすべて異なるので、手間がかかります。
ワークショップもいたしておりましたが、
思うに任せず、いまは休業(笑)。
いつか、通信教室・・・なんていいかもです。


f0186852_11303578.jpg





これは小さいサイズのお雛さま。
小さなはまぐりに入るので、
かわいさもなかなか。







f0186852_1132869.jpg





こちらは中くらいのはまぐりに入るお雛さま。
少し大きくなって、袖も付いてます。






f0186852_11254096.jpg

お雛さまの着物の柄は、どんなに小さくても
すべて「源氏物語絵巻」などにある衣装の文様を、
一筆ひとふで描いています。
はまぐりの大きさによって、小、中、大のサイズですが、
「極小」や「特大」も作ろうかなあ・・・・・。
な~んて、言うは易しクンのこのごろです(笑)

こんなに細かくなくても、おおらかに作ってみませんか?
はまぐりでなくても、貝でなくても、身近にあるもので、
いろんなお雛さまが作れますよ。









[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-03-02 11:47 | ほかの制作物 | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧