「ほっ」と。キャンペーン

真夏の江戸は、今よりは涼しかったのですが、
まず家の構造が現代とは違います。
暑い夏を考えて作られていますから、
建具をよしずに替えますと、あとは外との戸障子を全開にしておけば、
風が家中を吹き抜けていきます。

f0186852_18251766.jpg
『江戸浮世人形』より「カニさん」

さてこの人形は、そんな夏の家での一こまです。
腹掛け姿の幼な子が
「カニさん、さわるぅ~」
とねだっている、のどかな午後のひとときです。

母親が着ているのは、ひょうたん文様の単衣で、蓮華文様の地に、
七宝や分銅、巻物などの宝尽くし入り破れ市松文様の帯を、
ゆったりとひとつ結びにしていかにも、
暑い盛りの家内でのくつろいだ感じが出ています。



きょうは、江戸時代後期に大ブレークした、
「瓢箪柄」と「こうもり柄」について、ちょっこし。


瓢箪をアレンジした文様は古くからありましたが、
文化・文政期(1804~29年)頃から、一気に新たなデザインとなって人気になりました。
同時にこうもり柄も一気に流行しました。
これは7世市川団十郎が考案し、舞台に用いたためです。
こうもりは蝙蝠という字がどちらも「福」という字に似ていることから、
成田屋好みの文様の一つともなりました。


f0186852_2342591.jpg

左の団扇絵は、お顔がいかにも成田屋さん!
 背景に牡丹もあるので、わかります。
 持っている本のタイトルからわかる方もおいででしょう。




f0186852_23434564.jpg


       あだな姿の辰巳芸者のこうもりのすそ模様。

       下に裾のこうもりを拡大しています。

f0186852_2345328.jpg



当時の歌舞伎役者は今でいう
「ファッション・リーダー」の一役を担っていました。
なぜなら当時の舞台の衣装は、ある程度のランクになりますとすべて役者の自前。
人気が出ればギャラもあがります。
そのために、衣装でも互いにしのぎを削り、それが世のブームを巻き起こしたのです。


f0186852_23454073.jpg

襦袢のかけ襟にも・・・・。



f0186852_23462348.jpg
                         前垂れにも・・・・。


江戸っ子は歌舞伎役者の着るものにも敏感に反応して、
生活の中にどんどん取り入れていきました。
着物はもとより、手ぬぐいや煙草入れ、財布などにも
ごひいきの好みの文様を誂えたりまでして、
好きな役者に近づきたかったり、自慢したかったり。
現代でも使いたくなる素敵なデザイン!










emoticon-0169-dance.gif
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-08-31 00:32 | 江戸の文様・江戸の色 | Comments(0)

江戸っ子に限らず、江戸時代の人々の月への信仰は篤く、
「二十六夜待ち」という、月を拝む行事もありました。
今年なら8月25日が、旧暦の7月26日にあたり、この日が二十六夜待ちとなります。
本来は、確かにこの夜の月の光の中に、
阿弥陀(あみだ)、観音、勢至(せいし)のありがたい三尊が現れ、
これを拝むとご利益がある・・・・というもので、これを「月待講」といいました。
ところが、二十六夜目にもなりますと、月の出は深夜の1時か2時ころになります。
月の出を待ちながら、次第に人々は、信仰心よりも、遊ぶほうに心が行きますね。

f0186852_10371891.jpg


広重の描いた高輪の二十六夜待の画ですが、
なんという賑わいでしょうか。
さまざまな屋台が出、花火もあがっています。

この絵の中をもっと覗いてみましょう。

f0186852_13341466.jpg

太鼓を担いだ人、三味線を持った人まではいいのですが、
タコの着ぐるみ! お姫様に伊達男!
何かのお芝居を演じるようですね。
こんな扮装の衣装を貸す店もあったようです。

f0186852_13344476.jpg



こちらは三味線の箱を持った男衆を連れた芸者。
お座敷か船の宴席に出るのでしょう。



f0186852_13351521.jpg


イカ焼きの屋台。屋号は「当り屋」なんですね。


f0186852_1335432.jpg


すしの屋台には、すでに握られた鮨が並んでいます。
右手前の丼には醤油が入っているようです。



f0186852_1336320.jpg



二八のそば屋にてんぷら屋。
てんぷらを揚げています。

f0186852_1336196.jpg


右はだんご屋、下は水菓子(くだもの)を売っています。

f0186852_13363147.jpg



こちら↓は『江戸名所図会』の「高輪海浜七月二十六夜待」です。

f0186852_1037564.jpg



こうして、江戸末期にもなりますと、二十六夜待ちは、すっかり
よっぴいて遊ぶ日、と化してしまいました。

十五夜と十三夜は、現代まで残りましたが、
残念なことにこの楽しそうな二十六夜待の風習は、
天保の改革の引き締めであえなく下降し、
明治に入りますとすっかり廃れてしまったそうです。


でもいまも、二十六夜待ちの風習が残っている土地があるとか。
山梨県には「二十六夜待山」という山があって、
かつてふもとの村人たちは、山の頂で月を待ったのだとか。
おまけにふもとには温泉があり、その名も「月待ちの湯」!
芭蕉もここを訪れており、
        「名月や 夜やさぞかし 宝池山」
と残しています。
行ってみたいな「月待ちの湯」。








emoticon-0169-dance.gif
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-08-24 11:12 | 江戸歳時記 | Comments(0)

水に遊ぶ子供たち


立秋とは名ばかり。
この100年間で気温の上昇は1℃だそうですが、
過去では1000年に1℃の上昇だったとか。
体感的には江戸のころより、5℃は上昇しているようなきがしますが・・・。
そんなとき、脳裏をよぎるのはやっぱり水遊び。

f0186852_1834352.jpg


腹掛けの子、はだかんぼの子、着物を思いっきりたくし上げてる子・・・・。
ザルもって小魚を追いかけたり、
小魚入れた丼鉢を持ってたり、
何かとった物を、幼子に見せてる子もいます。
ここでは水に入ってるのは、男の子たちだけに見えますけれど、
女の子だってきっとばしゃばしゃやってたでしょう。



f0186852_1835966.jpg








水鉄砲、楽しそうですね!!
水鉄砲って、学校でも作りました。
おもしろくて、その夜、お風呂で散々遊びました!






f0186852_18364584.jpg




なかなか凝った仕組みの噴水の玩具です。
上の子がひしゃくで、四角いところに水を入れると、
筒を落ちた水が円錐形のところから、
噴水になるようです。




f0186852_18361513.jpg

水遊びの画の中では、これが一番好きです!
「木曽街道」と画にも書かれていますが、
倉賀野(現・高崎市の一部)の宿場町で、
船が通っている大きな川は「烏川(からすがわ)」。
水運が盛んだったところです(今、仕入れた知識。行ったことはアリマセン!)
支流が多いらしく、ここもそうなのでしょうね。
水門があって、どこかの家の庭なのでしょうか・・・・・
筵の日よけがかかって、川のそばで、気持ちよさそうですね!
洗い物している脇で、
子どもたちのなんと楽しそうなこと。


子どもの頃の水遊びは、どんなでした?
なんだか、子どもたちのはしゃぐ声と、
水しぶきの音が聞えてきそうですね。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-08-13 08:59 | 江戸の子どもたち | Comments(0)

立秋が過ぎたなんて思えないほどの暑さですね。
東北の電力不足と異常な暑さは、災害の追いうちです。
関東のものとしてせめて節電に心がけます。

さて江戸のころの暑さ対策!
徳川家康が「暑邪を除くべき良薬」と推進したのは、
なんとマクワウリでした。
「真桑瓜」とも書きます。

f0186852_6394680.jpg
              北斎の描いた真桑瓜。

これの黄色いのもあって、
それは「金瓜」と書いて「キンカ」と呼び、
秋田では「キンカウリ」と呼んでました。
真桑瓜とスペインメロンを
掛け合わせて作られたのが「プリンスメロン」です。


夏には路上でも水菓子の一つとして売ります。



f0186852_9371961.jpg









黄色い真桑瓜とくびれた縞瓜ですね。


真桑瓜は、縄文時代の遺跡からも種が出土している
という昔からの食べ物です。
アフリカや中東が原産地で、中国・朝鮮半島を経て、
日本に入ったのだとか。
真桑村(美濃国。現・岐阜県本巣市)に、鳥が種を運んできて
実がなり、それを朝廷に献上したところ、
大いに喜ばれたそうで、以降、真桑村の瓜は
時代経て、織田信長がこれを大いに保護し、広めたようです。


そして、徳川家康もまたこれに注目し、
真桑村からベテランの農民を呼び寄せ、
江戸の西、鳴子や府中で作らせました。
「暑邪を除く良薬」として、
幕府御用達の真桑瓜畑を作らせたほか、
庶民の間にも浸透させました。

そんなわけで、江戸では西瓜と真桑瓜は、夏の必需品!
たぶん江戸時代には、全国で真桑瓜が栽培されたはずです。



江戸では、夏の川遊びのシーズンに食物を積んで売りまわる「うろうろ舟」でも、
西瓜と共に真桑瓜も販売されます。


現在では江戸の野菜ブームでもありますけれど、
東京では「成子瓜」として、江戸の余韻を再び・・・・。
                     

                   
真桑瓜は、「味瓜」「ぼんてん瓜」「みやこ瓜」「あま瓜」
「甜瓜(てんか)」「まっか」などなど、
全国で呼び方が異なります。
それほど全国に普及していたのですね。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-08-10 07:03 | 江戸歳時記 | Comments(0)