「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

忙しい初午の日

初午といっても、現代ではあまり行事としても行わなくなってしまいました。
2月の最初の午の日で、今年の初午は2月27日(旧暦)でした。
虫が這い出してくる「啓蟄」のころなので、もうかなり暖かくなっています。
お稲荷さんのお祭りで、江戸ではそれはそれはにぎやかなお祭りです。
江戸には稲荷の数がおびただしいほどあって、
「伊勢屋稲荷に犬の糞」といわれるほどですから、横丁曲がればお稲荷さん・・・
という感じですね。
武家の家の敷地にもお稲荷さんがあり、
この日は門が開放されています。

お稲荷さんは痘瘡(ほうそう、天然痘のこと)を治すとも言われ、
当時は特に子どもには恐ろしい疫病でしたから、お稲荷さんに子どもが詣るのですね。

f0186852_11151995.jpg


正月(1月)の末頃から、市中には太鼓を叩いて、
子ども相手の太鼓売りがやってきます。
子どもたちは太鼓を買ってもらって、叩いて遊び、
数人で狐を描いた絵馬を持って、
各家々の戸口に立ち、
「稲荷さんの御権化(おかんげ)、御十二銅おあげ・・・・」
とうたいますと、
ほんとうは12銭与えるのでしょうけれど、
実際は1銭あげたそうです。
子どもたちが勧進して歩く
・・・というところでしょう。



f0186852_1439398.jpg

王子稲荷の初午の賑わい



江戸の初午の日は、地口行灯の一大イベントの日でもあります。
「地口」とは今でいう「ダジャレ」に通じるものですが、れっきとした言葉遊びで、
江戸っ子の教養の表れでもありました。
「絵地口」といって、地口を絵にも描く、判じ物でもあります。
これに長屋の男どもも、名誉を掛けて競い合います。


この日はまた、手習いの師匠に入門する日でもあり、おとっつぁんが机を担いで、
子を連れておっしょさん(お師匠さん)のところへ行く姿も見かけます。


f0186852_14373550.jpg


京坂も江戸も、初午の日には小豆飯(赤飯)と、
からし菜の味噌和えを食べるのが慣わしだったとか・・・。
もちろん京は稲荷のご本家ですから、その賑わいはひとしおですが、
江戸のこの日の忙しさは格別です。










・・・
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-02-29 14:39 | 江戸歳時記 | Comments(0)

浅草海苔のお話

知多半島の先にある篠島というところが好きで、何度も行きました。
夏もよし、冬もまたよし。
夏は釣りも海水浴もできますが、冬がいいというのは、ここでは海苔がすばらしくうまい。
生海苔は、この時季でなければ味わえない逸品です。
ところが最近、千葉産の生海苔が手に入るようになり、
篠島まで行かずとも、冬の生海苔が味わえるようになりました。

よく海苔の缶に「浅草海苔」と書かれていますね。
「浅草海苔」は紙状の乾燥海苔の代名詞ともいえるでしょうか。
「アサクサノリ」という種類の海苔もありますが、
総称して「アマノリ」というようです。
そして冬場が海苔の季節でもあります。

f0186852_10161953.jpg











海苔屋の店さき風景



もともと浅草には「浅草紙」といって、早くから紙漉きの技術がありましたので、
隅田川の河口で採れていた海苔を、その技術を応用して紙状に乾燥させ、
保存と運搬の効果を大いに発展させたようです。
ところが江戸の町が拡大するにつれ、
元禄の頃からは大森や品川あたり、河口ではなく、江戸湾の汽水域に海苔の養殖場を作ったのだとか。



f0186852_16111874.jpgf0186852_16103352.jpg













品川や大森あたりの海では、こうして「ヒビ」を立てて、手摘みでした。
今はロープの網に養殖し、巻き上げ機で採取しますが。
「ヒビ」というのは、海苔の養殖用の細い枝の付いた木や笹竹のことで、
これを海の中に立てて、海苔が付き、成長したところで採取します。


f0186852_16132240.jpg


海苔は長いので、これを細かく裁断し、紙を漉くようにすだれに漉いて、天日で乾燥させます。
その様子が、上の画に描かれています。

f0186852_10174760.jpg



千葉のディズニーランドに近い浦安というところの川っぺりで、
ざるそばのざるがたくさん干してある! と思ってよく見たら、
それはまさしく、海苔を干すためのすだれと、その枠だったと気づきました。
山本周五郎に「青べか物語」というのがありますが、
浦安の海苔採集の小舟を「べか舟」のお話ですね。
ここもまた海苔の養殖地だったのです。
浦安はもともとは漁師町でしたが、今も少し歩くとその面影が偲ばれます。



ちなみに2月6日は「海苔の日」だそうですよ。
それから、冬の波に身をさらしながら
漁師のオカミさんたちが採る「岩海苔」は、格別です!



















・・・
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-02-26 16:22 | 江戸の食べ物 | Comments(0)

「雪あそび」

今回の江戸浮世人形展「輝く江戸のちるど連」のために制作した作品を、
随時、ご紹介していきます。


これは「雪あそび」と題した、今回の大作です。

f0186852_2136279.jpg


子どもたちの大きさは、8センチくらい。
総勢17名と、犬2匹。


「江戸浮世人形」の展示会では、作品を展示するだけでなく、必ず、作品の説明を付けています。
ただ人形としてご覧いただくのではなく、江戸の人々の暮らしや様子を、よりわかっていただくためです。


「雪あそび」

江戸の町でも雪はよく降り、子どもたちはいっせいに雪あそびとなります。
左のほうには【雪だるま】を作る子たち。筆を持って墨で目を入れるのでしょう。
この作品では子供が作っている姿が描かれていますが、
江戸のころには、雪だるまはまさに雪で作る【達磨(だるま)】で、
雪かきなどの道具を使い、大人が作ったもののようです。
f0186852_22141067.jpg


f0186852_2155242.jpg































一方、子供たちは【雪まろげ】とか【雪ころがし】と言って、
右のほうの子供たちのように、雪玉を転がして楽しんでいます。
『源氏物語』の「朝顔」に、
月明かりの中で、光源氏と紫の上が、女童らに「雪まろばし」を作らせ見ている・・・・
というシーンがあります。
「まろばし」は「転がし」の古語。
いつの時代も、子供は雪を見ると転がしたくなる・・・・・・
いえいえ、大人だって。
その極致が大人の遊び、雪だるまなのかもしれません。


f0186852_21552960.jpg

f0186852_21555632.jpg







たらいに張った氷なのか二人で氷を担いで運んでいます。


















高い竹馬に乗った子や、
紐のさきに雪をからめる「雪つり」をしている二人。






雪の塊を投げ合っている子たちもいます。

雪の冷たさも忘れて大勢の裸足の子が、元気いっぱい雪を楽しんでいます。











・・
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-02-15 22:20 | 「江戸浮世人形」 | Comments(0)