Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

長命寺の桜餅

ゴールデン・ウイークは、東北の桜が満開になるとか。
ソメイヨシノは花の期間が短いので、
桜の時期はあっという間に終わってしまう気がしますが、
関東南部でも、八重桜や大島桜は、まだ咲いていたりします。

さて、春の菓子もいろいろありますが、
代表といいますと「桜餅」でしょうか。
桜餅の桜葉は大島桜の葉が使われます。
大島桜はとても香りがよくて、開花時も一段と高い香りを漂わせています。


享保2年(1717年)・・・
暴れん坊将軍吉宗が将軍になったばかりの頃、
隅田川の川向こう(浅草の対岸)、
向島で桜餅が売り出されました。
前回お話した木母寺から河畔を南下したところに
「長命寺」という古~いお寺があって、
桜の木がたくさんありました。

ここの門番の山本新作という人が、
来る日もくる日も舞散る大量の桜の葉を履き集めながら、
この葉をなにかに使えないだろうかと考えたようです。
思いついたのは、桜の葉を塩漬けにして、
これであんこ餅をくるんでみようということでした。
おそらくは、試行錯誤の連続だったでしょう。
でも努力が実って、長命寺門前で桜餅を売り出すことになりました。

f0186852_11311389.jpg
墨堤の看桜のお帰りには、長命寺の桜餅。



そしてついには、地図に記載されるほどの名物となりました。
文政年間(1818~1830年)には、
1年間に40万個近い長命寺の桜餅が作られ、売れていたとか。
「長命寺の桜餅」として、
「山本や」は向島にあって、
特にこの時期にはまさに江戸の味と風情が楽しめます。

f0186852_1132284.jpg



長命寺の桜餅は、こんな籠に入れておみやげに。
ちなみにこの形の籠を「えぼし籠」といいます。



現代の桜餅は、関東では小麦粉を水で溶いて薄く焼いたもので餡をくるみますが、
関西では「道明寺」といって、
糯米を加工して細かく砕いたもので餅を作って餡をくるんでいます。
どちらかというと、道明寺のほうが好きですが、
長命寺の桜餅は別です。
塩漬けの桜葉3枚でくるまれた白い桜餅は、
それまで食べてきたものとまったく違った桜餅。
餅は白だけで、3枚の桜葉にすっかりくるまれているので、
餅の部分はしっとりと、とても上品です。
桜葉はむいて食べるのがよろしいそうで、
確かに3枚も一緒に食べますと、桜葉を食べるようなものですね。


こんな話はご存知?
ある日長命寺の桜餅を食べに来た二人。
ひとりが教えました。
「桜餅ってえのはなあ、かわをむいて食うんでえ」
すると相棒は、くるりと川のほうに向き、ムシャムシャ食べ始めました。
山本やさんにおいでになりましたら、隅田川を向いて召し上がるのもよろしいのですが、
どうぞ、皮(桜の葉)も剥いて召し上がってくださいましね。

でも、2個目は葉っぱを1枚一緒に食べるのが好きです。



f0186852_1135444.jpg









幕末には桜餅の屋台も出ました









・・・
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-04-27 12:04 | 江戸の食べ物 | Comments(0)

梅若忌は過ぎたけど。

能などお好きな方は「隅田川」は、とってもポピュラーな演目なので、
お話もすっかりご存知でしょう。
4月15日は「梅若忌」でした。
旧暦の3月15日が本来の「梅若忌」ですが、
新暦で日にちを固定するために、
ひと月おくれの、4月15日と定めたようです。
今も、東京は墨田区の隅田川の近くにある
「木母寺」で、梅若忌がいとなまれていますが、
江戸の頃の木母寺界隈に想いをはせながら、
梅若丸のお話を・・・・。



f0186852_17404874.jpg

f0186852_17411960.jpg



「江戸名所図会」に描かれる木母寺界隈



上を拡大しています
木母寺の手前に「梅若塚」






そもそも「梅若」とは何者なのか?

平安の中頃、京都の北白川の吉田少将惟房(これふさ)という人と、
美濃国野上の長者の一人娘の花御前がという夫婦の間に、
やっと授かった男の子が、梅若丸でした。
しかし梅若丸が5歳の時父惟房が他界し、
2年後に梅若丸は比叡山の月林寺へ預けられました。

たいそう賢く、良い子でしたが、
東門院の子の若松と競わされ、優秀さをねたんだ若松側の法師が、
あろうことか梅若丸に襲い掛かろうと狙ってきました。
身を隠して、北白川の実家に帰ろうとしましたが、
山中で道に迷い、大津浜へ出てしまいます。これが2月20日頃だったとか。
そこでであったのが、陸奥国の信夫藤太(しのぶのとうた)という人でした。
親切にしてくれましたが、
実はこの男は恐ろしい人買いでした。
梅若丸を連れ、東国へと向かいます。



f0186852_17441143.jpg



ところがまだ幼い子は、疲れと悲しみのあまり、
途中で病にかかってしまいます。
貞元元年(976年)の3月15日、
隅田川の河畔にて、あえなく12歳で命を落としてしまいます。

「尋ね来て 問はは応へよ都鳥 隅田川原の露と消へぬと」

これは梅若丸が残したといわれる歌です。


そこに通りがかったのは、
出羽国の天羽黒山の忠円阿闍梨(ちゅうえんあじゃり)という高僧でした。
忠円阿闍梨は梅若の死を知り、
村人と共に梅若丸の亡き骸を塚に埋葬し、
1本の柳を植えて、ねんごろに弔ってやりました。


f0186852_20245850.jpg







木母寺エリアにある
高級料亭「植木屋」

屋根舟で乗りつけ、
雪見の宴をするのでしょう






さてその1年後の命日に、村人たちが法要を行っていると、
そこに差し掛かったのは、
わが子梅若丸を探し、旅に出た母・花御前だったのです。
それがわが子の墓と知り、どれほど嘆き悲しんだことか・・・・・・。

花御前は、尼になり「妙亀尼(みょうきに)」と名前をもらい、
この塚を作ってくれた忠円阿闍梨と出会い、
ここに草堂を建て、梅若を弔うことにしました。
でも、かわいそうにも母はあまりの悲しみに心を病んでしまったらしく、
橋場の鏡ヶ池(なぜか対岸の池)に入水してしまいます。

その亡き骸を亀が背に乗せて浮かび上がり、
その後妙亀大明神と祀られ、
梅若は山王権現として生まれ変わったといわれています。


この梅若伝説は、やがて能や謡曲、歌舞伎や浄瑠璃、
はては絵草紙にまで「隅田川」として、長く語られることになります。


命日にはよく雨が降り、「梅若の涙雨」と言われるそうな。



    「雉子鳴くやかの梅若の涙雨」   小林一茶
















・・・
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-04-19 18:06 | 江戸歳時記 | Comments(0)