「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

目黒の筍

今年は桜の開花が早かったけれど、何だかその後が肌寒い。
桜が終われば、待ってました! 筍(たけのこ)の到来。
毎年、紀州から早々と送っていただくのだが、筍好きなのでたまりまへん!

さて、目黒といえば「さんま」ですが、
江戸時代ならもう一つ、筍。
『鬼平犯科帳』にも、桐屋の黒飴同様、
しきりと目黒の筍が出てきます。



                      下は目黒の飴の代表格の見世「桐屋」
f0186852_1104546.jpg

筍の原産地は中国の江南省で、
そこから琉球を経て、
島津藩に伝わったらしい。
寛政元年(1789年)に、
山路次兵衛なる人物が薩摩から持ち帰り、
戸越の自邸に植えたところよく育ったとか。
そこで彼は目黒不動尊門前の茶飯屋と共同で、
筍飯を考案して提供したところ、
一躍目黒の名物となったといいます。
     


   
江戸の人々は「初物を食うと75日、長生きする」
とか言っちゃって、
とにかく初物に熱狂しました。
かつおだけではありませんで、
茄子も豆も筍も、もうあらゆる季節物は、
初物だったらバカみたいな高値で売れていっちゃいます。
キャビアが高いとかマグロが高いのと、ワケが違う。
だって、初物は1ヶ月もすれば、
ごくフツーの値段になっちゃうのだから。


あまり初物にとち狂って値段が高騰するものだから、
幕府は初物などの売り出し期間を制限するなど、
あの手この手で、市場価格を安定させようと、
一応努力はしていました。
でも効き目は、ない。
いっとき、止んでも、またぞろ初物ブレイクです。
だって、江戸っ子ですもの。
お上なんざあ、こわかねいやい!
ってなもんでしょうなあ。


f0186852_10481050.jpg

豊広・豊国画


「筍羹」しゅんかん、と読みます。
江戸時代1674年に出版された『江戸料理集』の中の筍料理。
ゆでた筍をタテ半分に切り、軸部分をくりぬく。
くりぬいて取れた部分は乱切りにして、
きくらげ、しいたけなどをかつおだし、しょうゆ、みりんで濃い目に煮る。
汁気を切って冷ましたら、魚か海老のすり身と合わせ、
筍に詰めて蒸す。これを切って、木の芽を添えて出す。
どなたか作って、ぜひご感想を!
なんなら、クール便で送ってくださっても・・・・・にゃは!



そうそう、それで今、目黒の筍林、
じゃなかった竹林はどうなっているかと言うと、
昭和になってすっかり廃れたそうです。
噂によると目黒区に2箇所だけ竹林が残っている
と言うのですが、目撃情報をお寄せください
堂泥山他力本願寺派の私でございます(^^;)へへへ。






emoticon-0159-music.gif
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2013-04-19 11:08 | 江戸の食べ物 | Comments(0)

「水辺の花菖蒲」


春先に、初夏のような暑い日があったのに、ここしばらくは冬のような寒さでした。
それでも、こちらではさまざまな種類の桜も終わりを見せ、
藤が美しい色に開き始めました。
杜若(かきつばた)も見ましたよ。
あっという間に、初夏の花が咲き出すのかもしれない、
異常な気候のこのごろです。
 

さて、端午の節句(本来は現代のカレンダーでいえば6月13日が端午の節句)もちかいので、
少し早めに菖蒲のお話です。

端午の節句に、菖蒲湯に入りますか?
菖蒲湯で使う「菖蒲と」、花のみごとな「花菖蒲」は別物です。
菖蒲湯に入れる葉の方は、サトイモ科で、
香りは強いのですが花は地味です。
一方、花を愛でる花菖蒲はアヤメ科で、
園芸的に改良によって作り出されたものなのです。

江戸時代末期、「菖翁」と称した松平定朝左金吾というお旗本が、
彼の父が収集した花菖蒲をもとに、長年にわたって自ら改良を重ね、
約200種までも増やしました。
 
f0186852_11255224.jpg
  東京の葛飾区に「堀切菖蒲園」という、
  花菖蒲専門の庭があります。
  ここは堀切の農家の伊左衛門という人が、
  相模の国から持ち帰ったものや、
  前述の菖翁から譲り受けたものを、
  これも長い間、研究と栽培を重ね、
  やがて一般に公開した場所が、
  この「堀切菖蒲園」です。
  敷地面積は当時より、
  だいぶ小さくなったようですが、
  以前行ったことがあって、
  花の頃には丹精された花菖蒲が、
  それはそれはみごとでしたよ。
  まあ、人が多いのは仕方ないとしても、
  花の美しさは格別。

  左は英山画

「堀切菖蒲園」は江戸時代最後に誕生した花の名所だそうで、
広大な花菖蒲園には、八ツ橋のように板で橋が架けられ、
趣のある風景は広重や豊国も描いていますね。




f0186852_11223195.jpg

そんな浮世絵の1枚をもとに作ったのが、この作品です。
初夏の水辺に咲く花菖蒲を眺める女二人。
日除けのために菅笠をかぶった女は、
曙色の井桁絣の単衣に前帯姿で、いかにも既婚者の装い。

しゃがんで手を伸ばしている若い女は、
黒地に白い霞文様の薄物の振り袖
なので、二人は母娘といったところでしょうか。

花菖蒲の向こうには、
五月雨萩(さみだれはぎ)が初夏の風に揺れています。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2013-04-13 11:31 | 「江戸浮世人形」 | Comments(0)