<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

飛びます、飛びます、飛梅です。

3月半ばというのに、何という寒さでしょう。
我が家の遅咲きの梅もやっと、咲きそろいました。

f0186852_8533123.jpg


奈良時代に、中国から日本に薬として入ってきた梅ですが、
平安時代には貴族を中心に、たいそう愛でられたものでした。
平安期と梅といえば、連想するのは「飛梅(とびうめ)」のことです。
「菅公の飛梅」の話の背景には、当時の政治の場、朝廷の騒動があります。


ご存知、菅原道真は宇多天皇の御世から、若くして才気煥発なことからも、
たいそう重用され、右大臣にまでなりました。
しかし、当時朝廷を牛耳っていた藤原氏の左大臣・時平らのねたみも買い、
諫言によって、九州の大宰府へと左遷の憂き目に遭います。


f0186852_8551079.jpg






右は広重の描いた「鞠子」の宿の
とろろ飯の茶店。
梅が盛りと咲いています。




当時17歳だった醍醐天皇の妃が時平の妹であることも加勢して、
時平は道真失脚を画策します。
道真が娘の婿である斎世(いえよ)親王(醍醐天皇の弟)を、
帝にしようと謀反をたくらんでいるということになってしまいました。
昌泰4年(901年)1月25日、道真は都を追われてしまうのです。


道真は紅梅殿の梅をこよなく愛でておりましたので、別れの際に

        「東風吹かば思い起こせよ梅の花
                  主なしとて春な忘れそ」

と残しました。
そしてこの梅が主を慕って、はるか太宰府まで、飛んでいったというのです。
これが「飛梅」伝説ですが、ほんとうは道真の友人が、
藤原氏に知られないように、ひそかに梅の苗木を運んでいったらしいです。

f0186852_8542793.jpg


道真はその2年後、59歳でこの世を去りました。
でも、それから京の都では、次々と怪奇なことが起こります。
藤原氏の官職の人々が不審死を遂げたり、大怪我をしたり、
また当の時平は早死にし、東宮である保明親王も他界してしまいます。
これは道真のたたりかも知れないと、醍醐天皇は道真を右大臣になおらせ、
さらに上位を授けたのでした。



その後道真は学問の神様とあがめられ、「天満大自在天神」、
すなわち「天神さま」として、いまも多くの受験生、
またはおばちゃん(私)に、大いに頼られ、愛され続けているわけです。
そのエピソードは江戸時代に、人形浄瑠璃に歌舞伎に脚色され、
「菅原伝授手習鑑」として今も人気の演目となっています。

f0186852_854437.jpg















「菅原伝授手習鑑」のシーン。
梅王丸、松王丸、桜丸の三つ子の兄弟に、
藤原時平が凄まじい形相で・・・。









[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2014-03-15 09:12 | 都市伝説 | Comments(0)

テレビのお仕事

2月1日の茶話会を目前に、風邪は治らず、一呼吸ごとに咳き込み、グ、グルジイ~!!
まだ半分寝たり起きたり、これで茶話会は間に合うだろうか・・・
レジュメどころか話の構想も立っていない・・・。
という状態のところに突然やってきたのが、テレビ番組制作会社Eからのメール。
「たけしのニッポンのミカタ!」という番組に、『江戸浮世人形』使わせていただけないか。
風邪と茶話会準備で参っている上、あまりにも途方もないご要望だったので、
お断りしたが、根負けして、ついにお引き受けすることになった。


本来ならそういうご依頼には、最低でも1週間の準備期間をいただくのだが、
今回は準備に1夜しかない。
急遽、ご希望の作品が大量なため、宅配便で送る。


収録日当日。
朝5時起きで天王洲スタジオに入ると、制作会社の担当の方が、
作品の入った宅配の荷物を持って、来てくださり、
セットアップの部屋も、タレント用のメイク室を確保してくれていた。
これだけのスペースがあれば、セットアップもらくだ。


f0186852_1242567.jpg
大作の「百菊見物」も、テーブルに広げられる。

f0186852_1252086.jpg
他の作品はメイク用のテーブルで。
電源も洗面所もあるので便利この上ない。



さて、これをスタジオまで運ぶには、立っている人形は一旦倒し、
指定された場所へ運ぶ。
完全セットアップしおわり、それからがまた大変。
カメラさんが、2センチ右とか、5センチ上げて・・・・
ってなことを言うと、美術さんが急遽、台を作ったりするのだが、そのすばやいこと。

ライティングにカメラワーク・・・・・・何度も何度も修正し、
最もよい状態を作り出す。

タレントさんが入る前に、スタッフが実際にテーブルに座り、
台本を読み上げて、カメラリハーサルをやる。
それが終わって、司会の国分太一さんがスタジオに入ってきた。
この時までに疲労の極みに達していたので、
なにかあったら呼んでくださいと頼み、
メイク室で半分寝ながら、モニターを見ていた。

ゲストの歌舞伎の市川左團次さん、東貴博さん、ももいろクローバーZの百田さんもテーブルにつき、待つこと20分あまり。
たけしさんが登場し、国分さんの司会でトークが始まった。
『江戸浮世人形』は、メインテーブルに並べられ、
出演者が映ると同じ画面に映し出される。
収録の後カメラさんが、拙作を1点ずつ念入りに撮影していた。




f0186852_1272378.jpg
セットアップに用意された部屋は、運河を望むステキな風景が。


この番組をご覧くださった方もいらっしゃると思うが、
放映されたものは、収録量の6分の1程度。
トークの出演者シーンも、同じく6分の1程度。
それでも『江戸浮世人形』、作者:岩下深雪
とテロップを2秒ほど入れてあったので、一応の約束は守っていただいた次第。

深夜帰宅で、翌日の茶話会用のレジュメと台本を作り、
さて茶話会の講演中、目を開けていられるか怪しかったが、
なんとか話ができた。

『江戸浮世人形』は、3度目のテレビ出演だったが(作者は出たことはないッス)、
テレビのお仕事は、もうねえ・・・た~いへんなのよ。

f0186852_1275432.jpg














事前の番組告知は禁じられておりましたので、事後のご報告になりました。
尚、放送は2月21日(金)のスペシャル枠でした。










[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2014-03-02 12:22 | ご報告など | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧