<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

♪牡丹の花~咲く~ころ~♪(タカラヅカ風に!)

天候不順な今年ですが、それでもあちこちのお庭で、
牡丹が満開です。
いかにも初夏という感じがします。
牡丹といえば、即、花札を思い浮かべますが(私だけ?)、
花札のこうした図柄も江戸時代にできました。
そして牡丹は6月の花として描かれていますね。
旧暦6月ですからちょうど今頃です。


f0186852_1015320.jpg




    牡丹は中国の西北部が原産とかで、
    玄宗皇帝(唐の9代皇帝/685~762年)
    の時代あたりに、
    王侯貴族に愛でられるようになりました。
    玄宗皇帝と楊貴妃のロマンスを、
    象徴する花といわれていますね。
    富貴草、百花王、花王、花神
    などとも表記されるほどなので、
    まさに花の中の「王」。



唐の首都・長安では、庶民も牡丹の花の開花期間20日間は、
気がおかしくなるほど牡丹に熱狂し、
中国史上唯一の女帝・則天武后(623~705年)が
宮中の庭に植えさせたことで、この花の地位は確固たる物になったのだとか。


f0186852_10163568.jpg




日本に入ってきたのは、
第18回遣唐使(804~806年)のときに、
空海が唐から持ってきたともいわれます。
根の皮は「牡丹皮(ぼたんひ)」といって、
消炎や止血、鎮痛の効果があるので、
薬用として持ち込まれたのでしょう。
枕草子には
「台の前に植ゑられたりける牡丹などのをかしきこと」とあり、
平安時代には、
貴族などの鑑賞用とされていたことがわかります。





f0186852_10155240.jpg
  上の源氏絵には、大輪の牡丹がさらに大きく、デフォルメされて描かれています。

鎌倉・室町時代になって、武家の間でも人気が高まり、
江戸時代には、園芸技術がグンと進んだ元禄期に、
牡丹の専門書がいくつも発行されました。
400種を超える牡丹の品種があったそうですよ。


f0186852_10161520.jpg








江戸で牡丹の名所といえば、
広重の画にもある富岡八幡宮の牡丹園。
ここは花のシーズンには日覆や障子を掛けまわして、
たいそうきれいだったとか。
現代では牡丹園も少なくなりましたが、今でいうなら、
バラ園のような人気だったのでしょうか。









[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2014-05-16 10:38 | 江戸の園芸 | Comments(0)

茶話会「江戸の動物たち」のご案内です。


6月7日(土)に予定しておりました江戸茶話会「江戸の動物たち」は、

暴風雨のため延期とさせていただきました。

7月に再開催を予定いたしておりますので、追って告知申し上げます。






江戸茶話会も九十九里海岸に拠点を移して以来、
3回目となりました。
第12回「江戸茶話会」のご案内です。

「江戸の動物たち」  ~鈴虫から象まで~


猫はペットだが犬はペットにあらず。
「狆(ちん)」は犬にあらず。
江戸にはラクダもいれば象もいた。
象の糞は薬とされた?!
平賀源内は羊の飼育を試みたが・・・・。
哀れ羊は色を塗られて見世物に。
硝子張りの天井に金魚を飼った金持ちがいた。
鈴虫で食いつないだ下級武士。
などなど、現代人の想像を超える江戸の動物事情は、知れば知るほどオモシロい。



f0186852_9471670.jpg
f0186852_945542.jpg












●開催/6月7日(土)  14:00~16:00(途中茶菓タイムあり)

●会場/九十九里海岸・白子町のAD-FAN(あどふぁん)2階 「AD-FANサロン」
   
   「白子町」までは、東京駅南口から、直行の高速バスが出ています。
    電車でおいでの方は東京駅からなら、外房線特急「わかしお」で茂原駅(55分)下車、
    茂原駅前からバスで20分です。
    
    ★お申込いただいた方には、アクセスの詳細をお送りします。

●参加費/2,000円(お茶とお菓子付き)

●お問合せ&お申込み/
  ホームページのメールから、あるいはこのページのコメントからお申込ください。
  このページのコメントからお申込みいただいても、公開はいたしません。コメント
  からの場合は、必ずメールアドレスをご記載ください。
    『江戸浮世人形』ホームページ http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com

  お申し込みいただいて3日以内にお返事差し上げますが、
  返事が届かない場合は、再度お申し込みください。



●定員/10名まで

●締め切り/6月4日(水)

●主催/お江戸漫遊連&岩下人形工房  後援・協力/AD-FAN   


f0186852_9495012.jpg











(作品写真はイメージです。茶話会時の展示作品とは異なりますので、ご了承ください)








[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2014-05-13 09:58 | いろんなお知らせ | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧