「ほっ」と。キャンペーン

「もちつき」

江戸の町では師走の十三日ころからは大掃除にかかり、
年神様をお迎えする正月のしたくに入ります。
大店ではこの頃にはすでにもちをつくところもありますが、
一般的には二十六日頃がもちつきの最盛期で、
町中から杵の音が聴こえてきます。



f0186852_10503246.jpg




鳶や人足などが四,五人一組となって、
かまど、せいろ、うすに杵、薪も持参してのもちつき。
注文した家では門口で、杵の音高らかにもちをつかせるのは、
ちょっと自慢です。
こうやってついたもちは親戚や地主、家主などに、
干魚や塩魚などを添えて配ります。
ここでも見られるの大量のもちは、そのためのものなのです。


f0186852_1051232.jpg



この作品は、豊国描くところの『甲子春黄金若餅』
と、なんともめでたい題がついています。
六枚組みの浮世絵ですが、登場人物は当時の人気役者たち。
それぞれに役者の名が書かれ、似顔絵になっているのですから、
めでたさとともに、この浮世絵もずいぶん売れたことが想像できますね。




<制作こぼれ話>

この作品は、2009年11月に開催した個展「お江戸食べ物語」に出展したものです。
知り合いの出版社の方からのご紹介で、
江戸料理研究の大御所、松下幸子先生にもご来場いただき、
その後松下先生は、歌舞伎座のブログで、本作品をご紹介くださいました。
これがご縁で、何かにつけ、松下先生にご親切にしていただくこととなった、
思い出の作品です。


f0186852_11104853.jpg















それはさておき、鳶の男衆がもろ肌脱ぎなので、
筋肉の付き方を、またもや独学で必死に学ばねばならず、
?????だらけの制作でした。

f0186852_111121100.jpg








江戸時代の江戸の餅つきの道具が、
豊国の画だけからでは
わからない部分もあり、
かなりの研究と推理が必要でした。



f0186852_11114321.jpg




江戸時代に描かれた画から
立体に作る場合、
どこを調べても
資料が見つからないことは
結構ありますが、
そんな時には
これまで培った頭の中の
知識を総動員。
いわばシャーロック・ホームズ
が言うところの
「消去法」なども駆使して、
最も適切な状態の物を
作り上げることになります。



それもまた楽しいことでもあります。
















emoticon-0166-cake.gif
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2015-12-12 11:13 | 「江戸浮世人形」 | Comments(0)

九十九里海岸の白子町にある小さなギャラリーで、
季節の小物を作るワークショップをやっていますが、
今年は10月、11月と引き続いて二つの講座を設けました。


「はまぐり雛」のワークショップのご希望があり、
今回は全行程3回にして、ゆっくりとできるようにしました。
最後の3回目は少しあわただしくなりましたが、
素晴らしい仕上がりに、お教えした私もニンマリ。

f0186852_18122858.jpg


f0186852_18125987.jpg


f0186852_1813195.jpg
















「クリスマスリース」は、『江戸浮世人形』からは遠いポジションですが、
こういうのを作るのもまた楽し。
今回は手軽にできるよう、すべて100円ショップ素材で作るリースに挑戦。

f0186852_18224258.jpg

モミの枝風の物がなかったので、
蔓のリースベースに、さまざまなグリーンを絡め、
ポインセチアや柊をポイントに。

f0186852_18135028.jpg









あらかじめ作っておいた雪だるまとスティックキャンディーに、
彩色していきます。

f0186852_18145869.jpg








f0186852_1825528.jpg









f0186852_18252213.jpg







        林檎は私が作ったのよ。
        なかなか良い出来。




最後にリボンを結んで出来上がり!
とっても楽しかったと、喜んでいただけました。
もっと時間があれば、野や藪で蔓や赤い実など集め、
身の回りの自然の恵みでリースを作るというのもいいですよ。

f0186852_18161688.jpg


f0186852_18221769.jpg



















というわけで
今年のワークショップはお仕舞い。
これからしばらくは、
自分の作品制作に精を出さないと!
と固く心に誓っております、はい。
固く・・・・ん~・・・・
むずかしい・・・・。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2015-12-07 22:03 | ご報告など | Comments(0)