Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

江戸・豆腐物語

池波正太郎の『藤枝梅安』の「梅安迷い箸」に、こんなくだりがある。
湯殿から出てきた梅安に、相棒の彦次郎が、
火鉢に小鍋をかけ、塩、酒、しょうゆで薄味に整えた出汁に、
浅利の剥き身と、豆腐、葱を用意し、これから鍋で一杯というところ。
この彦次郎、「彦さん」は大の豆腐好きである。


f0186852_19424183.jpg
奈良時代に遣唐使によって、
中国からもたらされた豆腐は、
寺院の精進料理の普及とともに、
平安貴族へ、 そして武家へと広まって、
全国規模になったのは、室町時代だった。
江戸の庶民の口に入るようになったのは、
江戸も中期ころになってかららしい。
右の画、左は、室町時代の豆腐売りで、
男女とも売り歩いた。
右は、江戸時代の豆腐売りで、
前の盤台に四角な箱を載せているが、
油揚げやがんもどきが
入っているのではないかと思われる。

そして、天明2年(1782年)にかの大ヒット料理本『豆腐百珍』が、出版され、
瞬く間に売り切れ、翌年には続編が、
さらに翌年にはまたその続々編が出版され、
世は料理本「百珍物」ブームとなり、かつ、豆腐が飛ぶように売れたそうだ。


f0186852_20435663.jpg



ところで、今も東京・根岸にある「笹乃雪」は、
江戸創業の豆腐料理屋だが、「あんかけ豆腐」が名物だ。
元禄4年に上野の宮という方に供をして下ってきた人物が、この店の初代で、
あんかけ豆腐を、この宮がお代わりをしたために、
今も、あんかけ豆腐は2杯で1セットでだされる。
この店、お預けとなった赤穂浪士たちへ、豆腐の差し入れをしている。



f0186852_19512267.jpg
江戸時代には、「豆腐田楽」も
とても人気の料理だった。
長方形に切った豆腐を串に刺し、
炭火で焼いて赤味噌や、
季節によっては木の芽味噌をつけて出す。これがまたうまそうだ。

左は、フライパンで焼き、
山椒味噌を当たって塗った
今風、豆腐田楽。



「彦さん、何を食べさせてくれる?」
「豆腐じゃあ、いけませんかえ?」
とは『梅安』の「銀杏落葉」の一節。
豆腐は、四季折々、いつだっていい。







068.gif
[PR]
# by edo-ukiyo-doll | 2008-09-21 20:01 | 江戸の食べ物 | Comments(2)

江戸の夜鷹そばvs風鈴そば

池波正太郎の『鬼平犯科帳』のテレビシリーズのエンディング・タイトルのところに、
屋体のそば屋が出てくるのをご記憶ですか?
雪の舞い散る夜のシーンで、屋体を囲んでそばをすする男たちがいますね。
あれが「風鈴そば」と呼ばれた担い売りのそば屋です。
本来なら、あの屋台には風鈴が付いているはずで、
長谷川平蔵が火付け盗賊改め方長官として活躍した時代には、
それまでの「夜鷹そば」と呼ばれていたのに代わって、
風鈴そばが登場してきたことになります。

明暦の大火、いわゆる振袖火事(1657年)で江戸市中の6割を焼いた火事の復興に、
江戸はすっかり「男たちの町」になってしまったので、
いきおい簡単に外で食べられるように、担い売りや、
屋台の食べ物屋が一気に増えたのです。
天秤棒の両端に荷やハコをつるして歩くので、「棒手振(ぼてふり)」とか、
「振売り」「担い売り」などと呼ばれました。

うどんの歴史はずいぶん古いのですが、
そば(当時はそば切りと呼ばれていました)が登場したのは戦国時代です。
その頃はまだそば粉だけで作っていたので、
切れやすく、そのため江戸では、せいろに入れて蒸していました。
いまも「せいろ」というのはその名残でしょうね。


f0186852_7261372.jpg

上の浮世絵は、歌川国貞の夜鷹そばを描いた作品。
春をひさぐ貧しい夜鷹は、雪にもかかわらず、はだしのものもおり、
そんな女たちにも、国貞の温かいまなざしが注がれている。


これにつなぎの小麦粉を入れるようになったのは、享保(1716~36年)の頃、
将軍吉宗の時代で、この頃から「二八そば」と呼ばれるようになってきます。
二八そばとはそば粉と小麦粉の割合比からきている、という説が有力ですが、
これはまだはっきりとはわかっていません。
ちなみに「二六そば」というのもあります。

このころ、夜に売り歩くそば屋を「夜鷹そば」と呼ぶようになっています。
これは夜の辻君=夜鷹が主に食べるからと言う説も残っています。
ただしこの夜鷹そばは、かけそばだけで、器もまだ不衛生だったらしいです。

f0186852_7264452.jpg

この絵は、歌川広重の『名所江戸百景』の一枚。中央に市松模様の風鈴そば、手前にはうどん屋の担いの屋台が見えている。


それが宝暦(1751~63年)の頃には、
「風鈴そば」と呼ばれる担いのそば屋が登場したわけです。
屋台に風鈴をつけ、器なども清潔で、かけそばだけでなく、
花巻とかしっぽくという種類も登場します。
花巻はのりを、しっぽぅはマツタケや椎茸、かまぼこ、野菜などが、具になっていたらしいです。
マツタケも現代とは大違いで、安かったのです。

「そばの荷へ かねとたいこを 置て食ひ」
いう川柳がありますが、当時は迷子を捜すのに、
かねや太鼓を鳴らして探し回ったもので、
駆けずり回ったすきっ腹に、そば売りと出会い、地べたにかねや太鼓をおいて、
ひたすらそばをかっ込んでいる風景をいったものです。






061.gif
[PR]
# by edo-ukiyo-doll | 2008-09-20 23:40 | 江戸の食べ物 | Comments(0)

アイドルは茶屋娘



カフェはよくいらっしゃいます?
一時、大ブームだったメイド喫茶なんてのもありましたね。
もちろんメイドだのコスプレだのの喫茶ではありませんけれど、
江戸時代にも、
現代のカフェ・・・・のようなものがありました。
それが「茶屋」とか、「茶店」といわれるものです。

茶屋には、大茶屋と小茶屋があって、
大茶屋は建物の中にありますけど、
小茶屋は、「出茶屋」といって、葦簀張の小屋掛けで、
朝出かけていって小屋をつくり、暮れ方にはしまって帰ります。
京坂ではこれを「掛け茶屋」と呼んでました。

f0186852_15312319.jpg


出茶屋は、浅草や愛宕、神田や湯島などの
神社仏閣の境内から始まりました。
市内では(神社仏閣は市内には入らないんです。管轄が異なりますから)、
芝居小屋付近から始まったのですが、
こっちの方は芝居小屋自体が、土蔵造りになったので、
茶屋の方でも、自分たちも家にしたいと申請しました。
これが認められて、享保10年2月18日に、
初めて茶屋の定店(じょうだな)となり、
後にはこれが芝居茶屋となっていきました。

右は『江戸浮世人形』の「浅草寺・茶汲み女」






f0186852_1532644.jpg
この2枚の浮世絵に描かれているのは、どちらも「笠森おせん」。
違う絵師が描くと、こんなにも違います。
当時の人物画、特に美人画は、絵師次第に描かれました。

f0186852_15322995.jpg



ウェイトレスさん、メイド喫茶ならメイドさんのことは、
「茶汲み女」といって、
どの茶屋でも美人を置いたもんです。
一番有名なのはやはり「笠森おせん」です。
さまざまな絵師が彼女を描いていますし、
浄瑠璃に歌われ、芝居にまでもなったほどです。
それから二十軒茶屋の「蔦屋およし」
「高島お久」は歌麿が、前からも後ろからも描くという、
珍しい手法で有名です。

彼女たちは美しいだけでなく、
愛想よく、茶代にかかわらずもてなしが良かったので、
その人気はすさまじく、
一目見るために店が込みすぎて困ってしまい、
水を撒いて追い払わなければならないほどだったそうです。
ちょうど現代のアイドルなんですね。
[PR]
# by edo-ukiyo-doll | 2008-09-19 15:52 | 江戸の女性たち | Comments(0)

華のお江戸の砂糖菓子


「金花糖」って聞いたことあります?
ない・・・、
じゃあ、有平糖(ありへいとう)ならあるかもしれませんね。
どっちも砂糖菓子ではありますが、
有平糖は飴(あめ)を入れて作るので、飴っぽいです。
今でも茶の湯のお菓子によく使われます。

金花糖は砂糖水を煮詰めて、白くなるまでひたすらかき混ぜ、
これを桜の木型に流し、中を空洞に作るのだそうです。
さめて固まったら取り出して彩色します。
まだ砂糖が貴重だったので、少量でもいかに大きく見せるか、
ということで空洞に作ったのだとか。
有平糖や金花糖は、高価なもてなしのお菓子だったんですね。

現代にも残る日本的なお菓子は、多くのものが京都で始まり、
江戸に伝えられました。
有平糖や金花糖もまたしかり。
江戸研究の第一のテクストともいうべき『守貞漫稿』には、
京都に始まり、嘉永年間(1848~53年)に江戸に伝えられた、
というようなことが書かれています。

f0186852_10503246.jpg


上の浮世絵は、三代豊国画の「誂織当世縞」より、
金魚の金花糖が描かれたもの。
金花糖は花や果物など、いろいろなものをかたどって、
色鮮やかに彩色されています。

f0186852_1182339.jpg


右は浮世絵としては珍しいたて継ぎのものですが、
これも三代豊国による画です。
芥子坊の頭の子が手にしているのが、江戸時代の金花糖。









181.png

[PR]
# by edo-ukiyo-doll | 2008-09-18 22:32 | 江戸の食べ物 | Comments(0)

「江戸浮世人形」の作り方

f0186852_17182794.jpg

「江戸浮世人形」というのは、
浮世絵に描かれている人物を、立体化した人形です。
先生なんていません。人形の本なんかも、読んでいません。
最初から、自分で考えて、
自分の人形を作ろうと思って始めたので、
先生はいないのです。
こうゆうのを「無師獨創(むしどくそう)」と名づけました。

よく、「着物の布をたくさん持ってるんでしょうね」とか
「着物だけ和紙なんですか?」と聞かれますが、
顔も腕や足も、そして着物も全部粘土で作っています。
と言うとみなさん、ビックリされますが、
粘土には見えないらしいです。

なぜ粘土でなくちゃならないか?
『江戸浮世人形』は、時代考証に重点をおいてますから、
着物の柄も、
当然その時代に存在した文様でなければなりません。
ところが、江戸時代の着物の布なんて入手は困難です。
浮世絵と全く同じに作りたかったので、
たとえ江戸時代の布が手に入ったとしても、
やっぱり着物も粘土で作ってますね。
粘土の上に彩色すれば、どんな柄も自由に描けますから。

粘土で人形の形に作り、自然乾燥させます。
1週間くらいで完全に乾燥したら、今度は
カービングし、サンドペーパーをかけます。
その作業は、粘土の粉が空中に舞い、手にタコができ、
肩はこれ以上ないほどこり・・・、
これだもの、誰もやってみたいなんて人はいませんよね。
あ~あ、これまで一人もいないんですよ、一人も!

それが終わったらあとは彩色ですから、これは楽しい。
下地剤を塗って、肌を塗り、下着を塗り、
いよいよ着物を彩色していきます。
着物の柄も浮世絵の通りに、一筆ずつ丹念に描いていけば、
ゴールは間近か。

かんざしは竹串を削って作ります。7ミリくらいかな?
もちろん、帯の内側もちゃんと模様を描きます。
完成までに早くて3ヶ月。仕事、遅いですから。
人生、道草ばっかりくってるし・・・。ショボン。

いえいえ、そんな難しいことはありません。
「ぶきっちょ!」
と言われ続けているわたくしがやってるくらいなんですから、誰にでもできます。
作りたい! 江戸が見たい! という情熱さえあれば、
全然たいしたことないですよ。
どなたか、作ってみませんか?




*註 すべての人形作品の、無断転写・複写を禁じます。
[PR]
# by edo-ukiyo-doll | 2008-09-17 17:22 | 「江戸浮世人形」 | Comments(3)

秋の七草



f0186852_11145177.jpg

「秋の七草」

上の画は歌川広重作『冨士三十六景』中「甲斐 大月の原」。すすき、桔梗に小菊、おみなえしなど秋の花の中に、すっくりと立つ冨士は、もう雪を抱いているのだろうか・・・。


「萩が花尾花葛花撫子の花
         女郎花また藤袴朝顔の花」
と詠んだのは、山上憶良です。
そしてここには「秋の七草」が読み込まれていて、
この歌さえ覚えれば、ちょっとした物知りに!(かな?)
萩は長い枝に小さな薄紫の花をつけて、風に揺れる風情がいかにも秋。
尾花とはススキのこと。あのふさふさした狐の尾っぽのような穂は花です。
その穂の部分で作ったミミズクで有名なのは雑司ケ谷で、
今でも名産品になっています。

葛はちょっと郊外の山野にまいりますと、
あらゆるものに絡み付いて覆い尽くしています。
この根から取れるのが、正真正銘の葛粉です。花はピンクで小さな可憐な花です。
撫子は英語でピンク。そう、色の名前、「ピンク」の語源となっている花です。
女郎花(おみなえし)は、1メートルもの高さになり、
山野にはたくさん自生しています。黄色い小さな花を平たい状態につけます。
この根も漢方薬では乾燥させ、利尿剤として使われます。

藤袴は今ではあまりなじみのない花ですね。
高さが1メートルくらいになりまして、薄紫の房状の花をつけます。
最後の朝顔の花、というのが少々クセモノでございまして、
じつはこれ、桔梗のことを指す、というのが定説になっています。

この秋の七草は、春の七草が漢方薬として多く遣われるのに対し、
その美しさから、図柄として愛されてきました。
小袖や工芸品、襖絵や屏風絵として今も数多く残っています。

都会にお住まいでも、花屋さんの店先で、ススキや桔梗、女郎花、撫子などが見られます。
もっと自然の中でお住まいなら、
七草以外にもたくさんの種類の野菊や
マツムシソウにリンドウなど、さまざまな花に出会えます。

ほんの一輪でもお部屋の中にあると、
グンと秋が近づいているような気がしますね。
「目にはさやかに見えねども・・・」
秋はもう、ほら、そこまで来ています。







178.png

[PR]
# by edo-ukiyo-doll | 2008-09-17 15:29 | 江戸の園芸 | Comments(2)

江戸の朝 長屋の朝ごはん

f0186852_20285311.jpg

上の画は、長屋にやってくる「あさり売り」




江戸の朝は日本橋から始まります。
♪お江戸日本橋七つ立ち~♪
の歌にあるように、明けの七つ(朝4時頃)大名行列や旅人たちが出立し、
日本橋の魚河岸が活気を帯びてきます。
七つはまだ夜明け前です。
この時刻、夜通し営業していた夜蕎麦屋(江戸では風鈴蕎麦とか夜鷹蕎麦といいます)が、
店じまいをして、帰途につくころです。

そして各町内の木戸が開くのは明け六つ(朝6時頃)。
夜が明ける時刻が明け六つですから、このころから
湯屋(銭湯)の男湯がにぎわいだします。
なんたって、廓(くるわ:遊郭のこと)帰りや、商家のご隠居、道楽者などが、
朝湯にどっと繰り出します。

長屋の木戸が開くと聞こえてくるのは、浅利売り、納豆売りの声です。
「明星(金星)が入ると納豆売りが来る」
おかみさんたちも、独身でマメな男も、飯を炊き、おみお付けを作ります。
この時間帯、長屋の井戸端はにぎわいます。
口々に「おはよう」の挨拶もそこそこ、洗面と房楊枝での歯磨きに、おおわらわ。

江戸では、朝に一日分の飯を炊き、木の「おひつ」に移しておきます。
さて、長屋の朝ごはん。
銀しゃり(白飯)におみおつけ、これにお香々(漬物)です。
たったこれだけ? と思うかもしれませんね。
これは栄養面でも優れた朝ごはんでした。
おみおつけ・・・・味噌汁のことです。
御御御付と書きます。
すごい字でしょ? 御が三つも!
それくらい味噌汁は貴重な、ありがたい食べ物(スープ)だったのです。
江戸時代に入っても、味噌は貴重品で、庶民が口にできるようになったのは、
江戸中期頃からと思われます。
その味噌を使った貴重な汁もの。
江戸のおみおつけには、具は必ず2種類入ります。

江戸時代も後期の文政期ころになりますと、
納豆売りは「叩き納豆」というものを売りに来ます。
これは細かくした納豆に、切った豆腐や菜、それに薬味まで入れたもので、
鍋に湯を沸かし、そこに放り込めば、栄養価の高い納豆汁の出来上がり。

長屋では朝に限らず、実にさまざまな物売りがやってまいりまして、
なかでも惣菜売りは種類も豊富で、なんと言っても新鮮な食材、もちろん、無添加!
おいしかったらしいですよ。
独身男性が多かったことや、長屋のおかみさんたちは仕事を持っている人が多かったので、
移動コンビニのような物売りは、実に重宝だったのです。






058.gif
[PR]
# by edo-ukiyo-doll | 2008-09-16 20:31 | 江戸の食べ物 | Comments(0)

「江戸浮世人形」とはなにか

f0186852_20155524.jpg


       江戸時代の風俗や生活を、浮世絵や絵草子などから題材を得て
       制作されているのが『江戸浮世人形』です。
       着物の文様や着付け、髪型、小物にいたるまで、時代考証に重点
       をおき、江戸の情緒をそのまま立体につくりあげています。
       粘土で成形したのち、カービングや研磨をしその上に絵の具で
       彩色していますが、文様の一個々々にいたるまで、すべて筆によ
       る手描きです。

       また完全に独学によって制作していることから、オリジナリティー
       とその繊細さは、外国でも高い評価を受けています。
       20年以上フリーラーターとして、伝統工芸の職人さんや江戸
       の文化に接して刺激され、浮世絵の中の江戸を「覗いてみたい!」
       という思いに駆られたことから、『江戸浮世人形』は作られました。
       そして今後、少しでも「江戸文化」や「江戸情緒」を残し、広めて
       いく一助となれば、これほど嬉しいことはありません。










       *註 すべての人形作品の、無断転写・複写を禁じます。









.
[PR]
# by edo-ukiyo-doll | 2008-09-16 20:20 | 「江戸浮世人形」 | Comments(0)

「江戸浮世人形」の創始

f0186852_19441013.jpg



江戸を現代に広めたいと、江戸のスポークスマンとして(?!)
『江戸浮世人形』を創始しました。
作品の一部は現在、江戸東京博物館1Fショップで展示・販売されています。
(ただいまは、江戸東京博物館のショップでは、
展示いたしておりませんので、ご了承ください。)
また、季節ごとに、江戸の暮らしを語るトークショーも開催しています。
2010年より、「江戸茶話会」を再開いたします。

お待たせしました。
岩下深雪の「江戸ワールド」へようこそ!





 *註 すべての人形作品の、無断転写・複写を禁じます。
[PR]
# by edo-ukiyo-doll | 2008-09-16 19:51 | ごあいさつ申し上げます | Comments(0)