Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:まくわ ( 2 ) タグの人気記事

まくわうり


今年1月に開催された個展「江戸のちるど連」に出展した作品を、
ときどき、ご紹介していきますね。


f0186852_8565951.jpg



「まくわうり」


徳川家康も「暑邪を除くべき良薬」と推奨した「まくわうり」は、
夏の定番の水菓子(果物のこと)。
「真桑瓜」と書きます。
真桑村(美濃国。現・岐阜県本巣市)に産出し、
朝廷に献上したところ大そう喜ばれ、
時が下って織田信長がこれを大いに保護し、広めたのだとか。

縄文時代の遺跡からも、種が出土しているという昔からの食べ物です。
原産地はアフリカや中東で、
中国・朝鮮半島を経て、日本に入ったようです。

浮世絵などで夏の景には、
西瓜とともに描かれる、水菓子の代表的存在です。

もとにした浮世絵は歌麿の画。
時代的に母は凝った結い方に灯籠びんという大きな髪形で、
薄物の単衣を着ています。
子どものほうも周囲は剃り上げているのに、
頭頂は両輪にした毛先をさらにその上に載せて、ずいぶんおしゃれです。


  *緑色部分の文章は、展示用の解説文です。


この作品は、小物作りが大変でしたが、楽しかったです。
母の手のまくわうりは、皮が剥けている部分が難しいと思ったのですが、
案外うまくできたので、そんなときは鼻歌も出ます060.gif

髪形も、文化文政期以前なのに、歌麿の描く頭は凝っていて、
いったいどうやって結っているのだろう?
という結髪の分析から始めますが、苦労が多い分、
なるほど、こうなってるのか!
と解明できたときには、ニンマリします026.gif


以前、まくわうりのお話を書いたのですが、
それをごらんになった府中の昔のまくわうりを再興されている方から、
お問い合わせがあったり、
江戸時代に栽培されていた野菜・水菓子の復元?は、
ますます活発になってきたようで、うれしいですね!
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-06-08 09:32 | 「江戸浮世人形」 | Comments(0)

おいしい夏のお薬・真桑瓜

立秋が過ぎたなんて思えないほどの暑さですね。
東北の電力不足と異常な暑さは、災害の追いうちです。
関東のものとしてせめて節電に心がけます。

さて江戸のころの暑さ対策!
徳川家康が「暑邪を除くべき良薬」と推進したのは、
なんとマクワウリでした。
「真桑瓜」とも書きます。

f0186852_6394680.jpg
              北斎の描いた真桑瓜。

これの黄色いのもあって、
それは「金瓜」と書いて「キンカ」と呼び、
秋田では「キンカウリ」と呼んでました。
真桑瓜とスペインメロンを
掛け合わせて作られたのが「プリンスメロン」です。


夏には路上でも水菓子の一つとして売ります。



f0186852_9371961.jpg









黄色い真桑瓜とくびれた縞瓜ですね。


真桑瓜は、縄文時代の遺跡からも種が出土している
という昔からの食べ物です。
アフリカや中東が原産地で、中国・朝鮮半島を経て、
日本に入ったのだとか。
真桑村(美濃国。現・岐阜県本巣市)に、鳥が種を運んできて
実がなり、それを朝廷に献上したところ、
大いに喜ばれたそうで、以降、真桑村の瓜は
時代経て、織田信長がこれを大いに保護し、広めたようです。


そして、徳川家康もまたこれに注目し、
真桑村からベテランの農民を呼び寄せ、
江戸の西、鳴子や府中で作らせました。
「暑邪を除く良薬」として、
幕府御用達の真桑瓜畑を作らせたほか、
庶民の間にも浸透させました。

そんなわけで、江戸では西瓜と真桑瓜は、夏の必需品!
たぶん江戸時代には、全国で真桑瓜が栽培されたはずです。



江戸では、夏の川遊びのシーズンに食物を積んで売りまわる「うろうろ舟」でも、
西瓜と共に真桑瓜も販売されます。


現在では江戸の野菜ブームでもありますけれど、
東京では「成子瓜」として、江戸の余韻を再び・・・・。
                     

                   
真桑瓜は、「味瓜」「ぼんてん瓜」「みやこ瓜」「あま瓜」
「甜瓜(てんか)」「まっか」などなど、
全国で呼び方が異なります。
それほど全国に普及していたのですね。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-08-10 07:03 | 江戸歳時記 | Comments(0)