Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:園芸 ( 3 ) タグの人気記事

秋の江戸茶話会のご案内。


大型台風のため、
「江戸茶話会」は
中止とさせて頂きます。



房総半島を直撃とのことで、外房線も運休の可能性が高いため、
残念ですが、中止いたしますので、ご了承ください。




第11回「江戸茶話会」
「世界が仰天!した 江戸の園芸」
      ~長屋の鉢植えから、狂乱のバブルまで~

幕末の外国人たちが驚いた日本の園芸の様子とは? 
江戸時代はまさに園芸ブームの連続!
秋にまつわる作品、または園芸に関する作品、
そして大作「百菊見物」を展示の予定です。
『江戸浮世人形』の作者・岩下深雪が、
人形制作の過程で得たことを、作品を用いながらお話いたします。


f0186852_1643952.jpg

「百菊見物」は幕末近くに作られた「百種接分菊」を、
粘土細工で再現しています。
「百種接分菊」とは、1本の菊の茎に、100種類の異なった種類の菊を繋いで、
1本の菊に仕立てた、まさに神業的園芸技術と言われます。
それを見に謂集する人々を、国芳の原作からさらに拡大し、
作り上げています。

f0186852_16562756.jpg



f0186852_16564585.jpg













開催/2013年10月26日(土) 

時間/14:00~15:30 (茶話会後に茶菓タイムです)

会場/九十九里海岸・白子町 AD-FAN内「江戸浮世人形ギャラリー」

交通/外房線「茂原駅」から、小湊鉄道バス白子車庫行き「幸治」下車。徒歩5分。
   東京駅八重洲口から白子町直行バスもあります。
   *参加ご希望の方には、アクセスの詳細(時刻と接続、及び地図)をお送りいたします。

参加費/2,500円(お茶とお菓子が付きます)

定員/10名

申し込み締め切り/10月23日(水)
申し込み方法/ホームページのメールでお申し込みください。

『江戸浮世人形』ホーム・ページ Edo-CoCo
        http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com/

●お申し込みいただきますと、受付確認のメールを差し上げます。
 3日以内にメールが届かない場合には、お手数ですが再度お送りください。


主催/お江戸漫遊連&岩下人形工房
後援・協力/AD-FAN  



     
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2013-10-03 17:12 | いろんなお知らせ | Comments(0)

江戸の菊

あちらこちらで菊がもう終盤・・・でしょうか。
「晩菊」といううつくしい呼び方もありますね。
東京の湯島天神や上野の池之端でも菊祭りが行われ、
そばを通るとすがすがしい香りとともに、
秋の華やかさがそこに集約されてるような美しさがあります。
近隣の小学生たちも丹精こめて菊作りをしているとかで、
そういうことを教える先生もまたステキ!
f0186852_2285854.jpg



菊は古くからある植物ですが、
江戸時代の初期の終わり頃には80種ほどが書籍に取り上げられ、
中期になりますと一挙に300種以上が掲載され、
中期頃から菊作りに拍車がかかったことがうかがわれます。

f0186852_118953.jpg









正徳年間(1711~16年)に京で「菊合わせ」という催し物が始まりました。
これは大型の菊の新種を競うもので、
優勝すれば「勝ち菊」ともてはやされ、
1芽がなんと1両~3両3分(1両は5~10万円ほど)で取引されもしたそうで、
いかにも江戸時代の園芸ブームのすさまじさを思わせますね。
その「菊合わせ」は享保(1716~35年、8代暴れん坊将軍吉宗の頃)の頃に
江戸にも広まり、京と同じように
菊で一儲けを夢見る人々を生み出します。

f0186852_119245.jpg


おかげで菊の栽培技術や看菊の人気が高まり、
巣鴨や染井をはじめ、寺島(現向島)の百花園や本所、四谷、市谷、青山などの植木屋などが
菊園を公開したので、大勢の人が押し寄せます。

文化年間(1804~18年)に巣鴨で、
人物や鳥獣などの形に菊を作るのがブームとなり
(作り方は聞かないでね。知らんのヨ!)、
これが現代の菊人形へと受け継がれています。

そうなるとますます看菊はブームとなり、
染井などでは50軒もの菊園ができて、園道筋には茶店や料亭が立ち並び、
ずいぶん賑わったものです(と、見てきたように言うのは得意です!)

f0186852_11112249.jpg
帆掛け舟の形に作った菊の前で一献。これがほんとの「菊見で一杯」。




ところがこのあたりの形モノの菊作りはやがて廃れてしまいます。
見物料をとらなかったからだとか・・・・。
それが明治になって団子坂(現文京区)の植木屋が復興させ、
以降、昭和もかなりまで菊人形は人気でした(これは知ってますヨ)

菊人形・・・最近見たのは池之端・・・・だったでしょうか(アイマイ!)。








178.png

[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2010-11-27 22:03 | 江戸の園芸 | Comments(1)

椿に思いをよせて



ちかごろ、とみに椿を好もしく思うようになった。
いつもなら通り過ぎてしまう街路樹としての椿が、
突然目に入ってきたのだ。


f0186852_957393.jpg



淡いピンクの柔らかな曲線、ほんのわずかな刺激でも
あとがついてしまいそうな繊細な花びら。
濃い緑の葉の群生の中に、はかない光のように
そっと咲いている。
何よりもあの柔肌のような花の肌感がたまらない。

山茶花のあとに、椿が今を盛りと次々と花開く。
山茶花と椿・・・・
区別がつけがたいが、
花びらがはらはらと落ちるのは山茶花、
花ごとぽたりと落ちるのが椿・・・
そんな風に教わったが、そうのようだ。




f0186852_107053.jpg



椿は中国や日本が原産とか。
学名はカメリア・ジャポニカ・リンネ。
椿が登場する初めての書物は『日本書紀』。
万葉の頃には、
紫染の際に椿の灰が使われた。



安土桃山時代には茶の湯ブームに伴って、
「侘」「寂」の世界にイメージが適合したため、
茶花として好まれるようになった。
又長寿や吉祥を祈願して、寺社への寄進が多くなり、
今も寺社の周囲には椿が多いのだとか。
椿には霊力があると信じられていたらしい。


f0186852_9572313.jpg

          上は幕末に描かれた椿



江戸時代になると、2代将軍秀忠が、こよなく花を愛でた人で、
とりわけ椿を好み各地から取り寄せて、
吹き上げ花壇に植えさせて愛でたそうだ。
江戸時代にに描かれた絵巻『百椿図(ひゃくちんず)』は、
狩野山楽によるものとされるが、まあ、その美しいこと!




f0186852_9582560.jpg

          江戸の椿山は、多くの椿の花見客を呼んだ。



「椿は首が落ちるから武士は忌み嫌らう」
といわれるようになったのは、1789年の寛政の改革以降だ。
17~18世紀、江戸は椿の全盛で、
珍種の売買、投機が行われたが、
改革ではそれも弾圧を受け、幕府の尻馬に乗って、
流言飛語した輩が後を絶たなかったためと、物の本にある。



f0186852_9574823.jpg

広重描くところのぼらと椿。
どちらもこの季節のもの。




シーボルトはじめ、多くの外国人が、海外へ椿を持ち出した。
おかげで19世紀、ヨーロッパは椿の大ブレークとなる。
1848年、アレクサンドル・デュマは小説『椿姫』を書き、
その5年後にベルディーが歌劇につくり、
今も世界中で公演されることとなった。

冷たい雨が続いていた。
雨にぬれてそこだけが、やわらかな光を放つように、
淡いピンクの椿が、いとおしい。







178.png

[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2010-04-19 10:10 | 江戸の園芸 | Comments(4)