Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:子供 ( 2 ) タグの人気記事

「輝く江戸のちるど連」終了いたしました。

「輝く江戸のちるど連」展の中間報告を・・・・・
と思っておりましたが、
連日の疲労困憊で、連日、バタンキューで無理でした。
ホームページやブログをご訪問くださった皆さま、
申し訳ございませんでした。

f0186852_106054.jpgf0186852_1062325.jpg






































会場のうおがし銘茶5Fspace「会」。
ここでの開催は3回目。
モダン和風の雰囲気が、『江戸浮世人形』にピッタリです。




24日オープニングは、雪のためのトラブルもありましたが、
会場のある「うおがし銘茶」のスタッフの方々、
またいつも助けてくれる友人たちに救われ、
何とかオープンできました。


f0186852_107694.jpg
f0186852_1073161.jpgf0186852_1074716.jpg


























「雪あそび」


今回は、朝日新聞、読売新聞に告知を掲載していただいたので、
(毎日新聞もかも・・・)
新聞の切抜きを持った方が大勢ご来場くださいました。
なかには、道に迷いながらも、2日がかりでご来場くださった方も。
1日目はついにたどり着けず、再度挑戦。
2日目にご来場くださったときには、私の手を握り、
「新聞見て、どうしても来たかったんです~!!」と。
その方たちは、3時間くらいいたご様子です。


f0186852_1083276.jpg













一番人気だった「まくわうり」




そんな具合にたいそうご熱心な方々や、著作権がからむお話もいくつか持ち込まれ、
新たな展開ができました。
これまでぼ~っとしてきましたが、著作権という厄介なことも、
しっかり対策立てておかねばならぬ時期に来たようです。



f0186852_10462420.jpg













「あかんべェ」




落語の桂米福師匠や、イギリスのご本をたくさんお書きの三谷先生など、
著名な方々までご来駕くださり、
ご来場者数は少なかったのですが、中身の濃い開催でした。



『江戸浮世人形』はお手軽な値段とはいえませんので、
もっとお気軽にお買い求めいただけるように、
今回はこんなものをご用意しました。
f0186852_109058.jpg

「福々坊」と名づけた小さなざるや箕(み)に入った人形です。
かわいいでしょ?




f0186852_1092772.jpg










「行水」たらいの手前に、
小さな「亀」の玩具。



とてもきつい条件下での2年間の「ちるど連」制作も、
楽しげにごらん下さる方々のお姿で、報われました。
撤収中においでになったお客様は、
大病院の癌病棟に展示をしていただけませんか・・・・ボランティアで・・・・
とお願いにいらしたのでした。
病と闘っている方々のお慰めになれば、うれしいです。
これからは、そんな活動もしてまいります。


また、売上げの一部は、
東北大震災の応援に充てさせていただきます。



みなさま、ほんとうにありがとうございました。




●今回の新作は『江戸浮世人形』の項目で、解説とともにゆっくりと掲載いたします。



















・・・
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-01-30 10:49 | ご報告など | Comments(2)

水に遊ぶ子供たち


立秋とは名ばかり。
この100年間で気温の上昇は1℃だそうですが、
過去では1000年に1℃の上昇だったとか。
体感的には江戸のころより、5℃は上昇しているようなきがしますが・・・。
そんなとき、脳裏をよぎるのはやっぱり水遊び。

f0186852_1834352.jpg


腹掛けの子、はだかんぼの子、着物を思いっきりたくし上げてる子・・・・。
ザルもって小魚を追いかけたり、
小魚入れた丼鉢を持ってたり、
何かとった物を、幼子に見せてる子もいます。
ここでは水に入ってるのは、男の子たちだけに見えますけれど、
女の子だってきっとばしゃばしゃやってたでしょう。



f0186852_1835966.jpg








水鉄砲、楽しそうですね!!
水鉄砲って、学校でも作りました。
おもしろくて、その夜、お風呂で散々遊びました!






f0186852_18364584.jpg




なかなか凝った仕組みの噴水の玩具です。
上の子がひしゃくで、四角いところに水を入れると、
筒を落ちた水が円錐形のところから、
噴水になるようです。




f0186852_18361513.jpg

水遊びの画の中では、これが一番好きです!
「木曽街道」と画にも書かれていますが、
倉賀野(現・高崎市の一部)の宿場町で、
船が通っている大きな川は「烏川(からすがわ)」。
水運が盛んだったところです(今、仕入れた知識。行ったことはアリマセン!)
支流が多いらしく、ここもそうなのでしょうね。
水門があって、どこかの家の庭なのでしょうか・・・・・
筵の日よけがかかって、川のそばで、気持ちよさそうですね!
洗い物している脇で、
子どもたちのなんと楽しそうなこと。


子どもの頃の水遊びは、どんなでした?
なんだか、子どもたちのはしゃぐ声と、
水しぶきの音が聞えてきそうですね。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-08-13 08:59 | 江戸の子どもたち | Comments(0)