「ほっ」と。キャンペーン

隅田川の屋形船 part2

隅田川の花火大会、絶好の花火日和で、
素晴らしかったですね。
ジェリーフィッシュというのが、今年の流行でしょうか。
広重さんにも、ちょいとご覧いただきたかった。


屋形船の続きです。

屋形船には台所がついているので、食材を積み込んで調理をして提供できます。
「吸ひ物を出すで屋根船そのけぶさ」
現代の屋形船でも中には、調理設備のある船もありますが、
江戸時代には裸火ですから、風向きによっては煙いのでしょう。
後には別料金で、調理専門の小舟を雇うこともできたようです。
これなら風向きに合わせて煙い思いをしないですみますね。

f0186852_7252760.jpgf0186852_7254434.jpg










わざわざ調理しなくても、
隅田川の夏のシーズンには、うろうろ舟という小舟がいます。
これは西瓜や梨など水菓子(果物)をはじめ、
餅やまんじゅう、その他の菓子、またちょっとした料理したものを積んで、
船々の間を塗って売りに来るもので、
大坂なら「くらわんか舟」と呼ばれるのと同じ。

f0186852_7282125.jpg





赤い置き行燈をつけた「うろうろ舟」。



「吉野から猿に西瓜を投げてやり」
という川柳は、屋形船の「吉野丸」の近くを、猿回しの舟が通ったのでしょう。
その猿に西瓜を投げてやったというわけ。

f0186852_7304522.jpg


          

                    右の浮世絵、
                「吉丸」と書かれた看板が見えます。





屋形船の内部を見ますと、これは何? と思うようなものもあります。

f0186852_1063427.jpg

これも「川一丸」ですが、舳先にこんなものが載っています。

f0186852_1081360.jpg
これは「台の物」と呼ばれる
大きなな塗り台に載せた料理です。
吉原の宴席によくみられる装飾的なもので、
もとは皆でつまんで食べるように
盛ったものでしたが、
時代が進むにつれて、
このように立花も添えて
さらに装飾的になったようです。
涼み船での宴会でもやはり、
台の物は宴席の象徴なのでしょう。


f0186852_101291.jpg





これは別の船の「台の物」。
時代が少し後なので、
盛り方もちょっと違っています。


そして船の中では、太鼓や鼓、三味線など携えて、舞踊の用意もしているようです。
こうやって楽しんでいたのですね。
宴会に音楽、暗くなれば花火が上がって、
なるほど、現代の屋形船はカラオケになりますが、
この江戸の形態をそのまま受け継いでいるのですね。

花火を見上げながら川風に吹かれ、歌に踊りに、
大宴会を催す大型の「楼船(やかたぶね)」は文化文政期には20艘ほどあったそうです。


現代の私はといえば、テレビで隅田川花火大会を見ながら、
川面を埋め尽くすほどの舟、船……、どんなに賑やかだったことかと、
江戸に思いを馳せたのでした。









emoticon-0167-beer.gif
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2016-08-01 10:24 | 江戸歳時記 | Comments(0)

隅田川の屋形船 part1

明日は隅田川の花火大会。
毎年、テレビで中継されるので、もっぱら家でいながらにして花火を楽しんでいます。

この隅田川の花火大会は、戦争や隅田川の汚染など中断されましたが、
江戸時代、8代将軍吉宗の時から連綿と続くものです。
2009年7月に、このブログでご紹介しているので、のぞいていただければ幸いです。
http://edococo.exblog.jp/11550670
旧暦だった江戸時代には、
5月28日(今年なら7月2日にあたる)に「川開き」といって、
隅田川で花火を打ち上げたり、
両国橋のたもとの様々なお楽しみ所も、夜遅くまで営業できるシーズン。

川開きからは、夜ごと花火が打ち上げられ、
両国橋の畔はさまざまな小屋掛けの興行や飲食店などが深夜まで営業し、
隅田川には大小の「涼み船」がひしめきあって、凄まじいほどの賑わいです。

f0186852_13541899.jpg



小型の舟でも屋根の付いているのもあって、「屋根舟」とか「日除け舟」と呼ばれ、
一番多く使われます。
屋根に人が乗った大きな船は「屋形船」。

f0186852_1355674.jpg












屋根の上に人が乗っているのが見えますね?
この人々は操船の人たちで、大型の船では屋根の上から長い竿をさして、
船を動かしているのがわかります。
そこでこんな一句もあります。
「船頭の足音を聞くいい涼み」


この屋形船というのは「楼船」とも書きますが、
7~8間(12~15メートルくらい)の大きさが多く、
最大では11間(約20メートル)の物があったといわれています。
現代の隅田川の屋形船はだいだい16メートルくらいなので、大きさは想像できますね。


江戸時代に入ってすぐの頃には、まだ「ひらだ舟」と呼ばれる小さな平底舟を、
浅草川に浮かべて涼んでいたようですが、
これがたいそう大名たちの心を惹いたようです。
大名ともなると大勢の供の者がいますので、
どんどん大型化していきます。

ところが明暦の大火(1657年)で、江戸の町の半分も焼き尽くされ、
再建のために大型の船は運搬用に使われ、
しばらくは遊船も影を潜めていました。
それが、何年か経ち江戸の町も復興されると、
大名たちはまたぞろ大型船を復活させ、
それまでよりもぐんと大型になっていき、
ついには大きさに規制が出されました。



f0186852_1484443.jpg

鳥文斎栄之(ちょうぶんさいえいし)描くところの屋形船「兵庫丸」。



船には名前が付けられ、浮世絵にもたくさん描かれています。
「川一丸」「吉野丸」などが有名ですが、
「熊一丸」や「山一丸」などもあり、
座敷が9間(約16メートル)あり台所が1間(1,8メートル)あるので、
「九間一」……「くまいち」丸。
じゃあ「山一丸」は? 
座敷が8間、台所1間で「八間一」……「やまいち」丸!
こんなとこにも江戸っ子のダジャレ心が効いているんですね。



f0186852_13575382.jpg

広重の描いた「川一丸」











emoticon-0167-beer.gif
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2016-07-29 14:16 | 江戸歳時記 | Comments(0)

江戸、両国の川開き

毎年、7月の末頃に、東京は隅田川の花火大会が開催されます。
毎夏の楽しみにしているのですけれど、
これは、江戸時代の両国の川開き(旧暦5月28日)
に端を発しています。
江戸では、隅田川以外での打ち上げ花火は、禁止となり、
現代のように、1日だけの花火大会ではなく、
川開きの日から、7月晦日まで、連日のように、
量は少なかったのですけれど、打ち上げられました。


8代将軍吉宗の時代、享保17年(1732年)は大飢饉で、
西日本にイナゴの大群が発生し、凶作となり、江戸ではコロリ(コレラ)も流行しました。
吉宗はこの慰霊と悪病退散を願って、隅田川で水神祭を行いました。
このときに、両国の川端の料理屋が幕府の許可を得て、
川施餓鬼を行うと同時に、花火を打ち上げたのです。

f0186852_1911451.jpg


それ以前から隅田川での納涼は行われており、
明暦の大火・振袖火事で中断されていましたが、
しばらくしてまた盛んになりました。
特に花火が上がるようになってからは、
納涼船の数もおびただしく、
こちらの岸から集まっている船を伝って、
向こう岸までたどり着けたといいます。


f0186852_19363919.jpg
さて左の浮世絵は、
もとは6枚つづりのものを
つないでみました。
まあ、なんとかわかりますよね?
これは川開きの日ですね。
橋上のおびただしい見物客。
この時代の花火は、
現代のものと違って、
実に質素なものでした。
それでも江戸の人々を
熱狂させるには十分でした。



f0186852_2195485.jpg



これは大川端の料理屋で花火を楽しむ一行。







f0186852_21124172.jpgそしてこちらは、両国橋と、
橋の袂にひしめく夜店や
屋台の出店。
これらの見世は、
普段は夕刻までの営業ですけれど、
川開きから3ヶ月間は、
夜半までの営業が許されましたので、
川べりの店々が吊るした
提灯のあかりが川面に映って、
それはそれはきれいだったと
いいます。









emoticon-0169-dance.gif
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-07-18 21:04 | 江戸歳時記 | Comments(0)