Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:岡山 ( 3 ) タグの人気記事

第17回江戸茶話会  in岡山第3回

「江戸茶話会」も17回を迎えます。

岡山の常連さんから、
今年も茶話会をやってくださいと
お声がかかり、やっと実現にこぎつけました。
人形教室を間に挟んで、
茶話会の準備に1か月以上もかかり、
新作もなんとか少し持って行けそうです。
あ、撮影を忘れた!

まあ、そんな調子で、
そそっかしいというか、粗忽者というのでしょう。
日々おかしなことにはまりすぎ、
無駄な時間を費やしてばかり。


f0186852_1871848.jpg









今回も個人のおうち(とはいえ邸宅)
での開催なので、
公募は出来ませんが、
この週末2日で3回の茶話会。
2日で3回の語りはきついですが、
お声をかけていただいたのですから、
頑張らねば。


f0186852_1874158.jpg


















今回のテーマは「江戸の暮れ・江戸の初春」。
このお話3度目くらいですが、
毎回レジュメを新たに作ります。
作品を展示するだけではなく、
販売もするのでこの準備も大変。

f0186852_18115771.jpg















さて、明日は岡山に着き、それから設営。
懐かしいお顔に会えるのも楽しみです。



f0186852_1882697.jpg

[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2016-11-17 18:14 | いろんなお知らせ | Comments(0)

岡山茶話会を開催いたしました。


10月18日(土)、第2回岡山茶話会を開催しました。

4年ぶりの岡山茶話会は、
最初の茶話会にご尽力いただいた方からのご希望により、実現いたしました。
今回は、個人のお宅で知り合いの方だけでということになり、
公募しなかったことを、ご了承ください。


「かがやく江戸の子どもたち」と題して、
前回の個展のテーマとなった、江戸の子どもたちについてお話しいたしました。
広いお座敷の二間をお借りし、大きな床の間に緋毛氈までご用意いただき、
写真のごとくの展示です。


f0186852_16324541.jpg




岡山もまた<お接待の>お国柄でしょうか。
朝早々と、祭ずしを2升も作ってきてくださったり、
お煮しめのお重やら、大鉢にサラダ、お吸い物などが、二つの座卓に並び、
なんと茶話会の前に、会食会が始まりました。

f0186852_1631474.jpg




江戸の子どもたちの生態系? 「遊び」「学び」「行事」「ファッション」について、
現代や、当時のヨーロッパ(イギリス)との比較も交えながら、
2時間にわたってのお話でした。
茶道の教師の方がお抹茶をたててくださり、
持参した「あも」という菓子ともよく合い、さまざまに話も弾み、
楽しい茶話会となりました。
が、休み時間もそこそこに、6時からは夜の部の開催です。

f0186852_1633206.jpg





最後のお客様を送り出したときには、
さすがにヘロヘロでしたが、
すぐに作品の撤収と荷造りをしないと、明朝には帰るのです。




今回は一人での開催でしたので、心身ともにしんどかったですが、
翌日は、倉敷のお祭り!
美観地区で企業や商店が、所有する屏風を展示して、見せてくれます。

f0186852_16472843.jpg
江戸時代や明治時代の屏風が町並を彩ります。







f0186852_16344860.jpg
大混雑の祭の美観地区には、こんなにひっそりとした庭園もありました。

素隠居という人々も出現して、このお面を冠った人に団扇ではたいてもらうと厄除けになるのですって。
子ども素隠居もいて、多くの素隠居にはたいてもらえたので、
しばらくは、息災でいられること間違いなし!



f0186852_1634953.jpg


後日、主催してくださった方から、
とても楽しい茶話会だったという声が多く感激でしたと、
写真とともに、ていねいなお手紙をいただき、
頑張ったかいがあったとうれしくなりました。




f0186852_1635554.jpg

掘割のステキな倉敷美観地区









[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2014-10-31 17:03 | ご報告など | Comments(0)

第8回「江戸茶話会」 in 岡山・・・のお知らせ

f0186852_17525783.jpg






第8回「江戸茶話会」in 岡山

ご好評いただいております「江戸茶話会」は、
去年は個展制作のためにお休みをいただきました。
そして今年、再開いたします。
その第一弾は、なんと一挙に岡山。
ついに東京から茶話会が出張いたします。


「お江戸の四季は食にあり」      
                                     ・・・・・食で辿る江戸の四季・・・・・



旧暦で暮らしていた江戸の頃、
四季それぞれにさまざまな行事があり、
人々はみな季節に即したものを飲んだり食べたりして、
季節を楽しんでいました。
「食」に視点を置き、
季節の行事なども交えながら、
お江戸の食を語ります。

岩下深雪の「江戸浮世人形」とともに、
江戸の四季と暮らしをお楽しみください。



      お話いたしますのはこの二人

       「江戸浮世人形」創始・人形師     「お江戸漫遊連」看板娘
                  岩下深雪  ×    竹村明子


開催日:2010年2月28日(日)
時 間 :14:00~16:00     
     開場:13:30、途中にお茶と和菓子タイムを15分、
     最後に質問や感想をうかがう時間を20分ほど設けます。
会 場 :倉敷市芸文館、401和室会議室       
     ℡086-434-0400
     アクセス:http://www.kcpf.or.jp/hall/geibu/geibu-koutsu-frame.html       
     地下に有料駐車場有、30分100円。駐車場の詳細は芸文館へお問い合わせ下さい。
参加費:1,900円 (お茶と和菓子付き)


●茶話会終了後、懇親会もございます。
ご参加いただける方は、茶話会と同時にお申し込みください。
懇親会会場は、芸文館に近い店で、5,000円程度の予算を予定しております。

●お申し込みは、下のホームページからお願いいたします。
     http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com
          (恐れ入りますが、一旦ワードなどにコピペしてお入りください。ごめんなさい!)
    
  タイトルに「岡山茶話会参加希望」とお書きの上、
  お名前/ご住所/お電話番号(ケイタイ可)/懇親会の参加・不参加をご記入し、お送り下さい。  
  お問い合わせもこちらからお願いいたします。

●定員40名です。お早めにお申し込みください。
  西国の方を優先とさせていただきますので、ご了承くださいますようお願い致します。

●申し込み締め切りは、2月20日とさせていただきます。  


                                      「お江戸漫遊連」  事務局



f0186852_17535292.jpg





















f0186852_17542536.jpg




















*註 すべての人形作品の、無断転写・複写を禁じます。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2010-02-04 17:57 | いろんなお知らせ | Comments(0)