「ほっ」と。キャンペーン



きょうは12月14日。
赤穂の浪士たちが、
本所松坂町の吉良邸に討ち入った日です。


f0186852_214065.jpg
      四段目「塩谷判官切腹の段」、五段目「二つ玉の段」、六段目「身売りの段」 3代豊国画



松の廊下での傷害事件が起きたのは、元禄14年3月14日(西暦1701年4月21日)。
その日のうちに、浅野内匠頭は一方的に処罰され、
刃を抜かなかったとして、吉良上野介にはお咎めなし。
そして・・・・・・・
赤穂浪士47名は、翌年元禄15年12月14日(西暦1702年1月30日)、
吉良邸に討ち入ります。
この間、たった1年と3ヶ月。
なのに、討ち入りに加わった者、加わらなかった者、志半ばで脱落した者、
史実とされるものだけでも膨大なエピソードがあります。
さらにそこに、さまざまなフィクションが、次々とくわえられ、
その膨大な人間模様が、今も人々を惹きつけています。

f0186852_2143375.jpg 実際の討ち入りの翌年には、
 曽我兄弟の討ち入りに話を移して、
 上演されたといわれますが、
 たった3日目で、上演は禁止されているようです。
 しかし後には、
 近松門左衛門が書いた人形浄瑠璃
 『碁盤太平記』は、
 大当たりをとりました。
 以降、この話の人気は続き、
 寛延元年(1748年)には、
 『仮名手本忠臣蔵』が、まず人形浄瑠璃として、
 すぐに歌舞伎としても上演されました。
 今や泉岳寺の四十七士の墓に参る外国人たちも多く、
 多くはその「ロイヤリティ(忠誠心)」に
 心打たれるのだそうです。
 

左は七段目。今は廓の女となったおかると、
縁の下で密書を盗み読みする斧九太夫 清長画


f0186852_215518.jpg



       ところで、人形浄瑠璃や歌舞伎では
       『仮名手本忠臣蔵』というタイトルですね。
       あたまにくっついてる「仮名手本」ってなに?
       と思いませんか?
       これは「赤穂の四十七士」を、
       「いろはにほへと・・・・」が
       四十七文字あることにかけているわけで、
       しかも子供たちが手習い
       (京坂では「寺子屋」と言います)へ行くと、
       文字の練習するときに使うのがお師匠さんの「手本」。
       今でも、よく「お手本にしたい」などと言いますね。
       「仮名手本忠臣蔵」は、
       子供にもわかるような、
       お手本とすべきお話だったわけですね。

 

                 右も七段目、密書を読む大星由良之助と
                     上は鏡を持つおかる、縁の下には斧九太夫 
                     礒田湖龍斎画









emoticon-0171-star.gif
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2016-12-14 21:39 | 江戸歳時記 | Comments(0)

12月14日が「赤穂浪士の討ち入りの日」ということを知っている人も、

ずいぶん少なくなったかもしれません。

この逸話は英語に翻訳され、“47ronin”という映画が、

アメリカで作られ、現在本邦でも公開中なのだそうで。

ネットで見たら、『忠臣蔵』というよりも、雰囲気は『指輪物語』。

でも赤西クン出てる・・・・・・・グフフフ。

 

それはさておき、今年の『忠臣蔵』のお話は、

討ち入りのときの衣装について。

f0186852_12553546.jpg
 

このギザギザの文様は、『忠臣蔵』の討ち入りのときの装束として、

もはや、芝居の世界ではなく、史実とさえ思われがちです。

この文様は「鋸歯文(きょしもん)」といいます。

これはもちろん歌舞伎の舞台から始まったことで、

これは当時の「定火消し」の装束だったとよくいわれます。

 

深夜に徒党を組み、まして武器など持っていることがわかれば、

当然、止められますから、火消しの装束をまとった、ということにしたようです。

しかし、実際には、黒い小袖(着物)を着用し、

股引に脚絆(膝下に巻く布)、履物はわらじ、

あとは各自思い思いにせよ、というような指示が、

大石内蔵助から出ていたとか。

 

f0186852_13000292.jpg


実際の定火消しの装束には、「鋸歯文様」はあまりみられないのですが、

芝居のなかで派手で目立つため、用いられたのかもしれません。

しかし討ち入り当夜に、
実際に赤穂浪士の討ち入りを目にした人々の証言には、

「火事装束のようなものを着ていた」ということが残っています。

 

この鋸歯文様は世界中で見られ、空間に魔物が住むと考え、

空間を埋めることによって、魔物を寄せ付けない、

そんな発想から文様が生まれたといわれ、

そんな時代に生まれたひとつががこの「鋸歯文」でもあり、

きわめて原初的な文様といえます。

インドネシアでは「トゥンバル」と呼ばれ、
「更紗」にも多く用いられています。

 

日本には弥生時代から古墳時代に多く見られ、

銅鐸や土器、古墳の壁画また鏡など、

信仰的な用途に使われたことがうかがえます。

後に、幕末の新撰組が忠臣蔵に倣ってか、

浅葱色の鋸歯文様の羽織をまとっていたといわれます。

 






[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2013-12-13 13:03 | 都市伝説 | Comments(0)

この時期になりますと、デジタル社会の今でさえ、
「赤穂浪士の討入り」の話を必ずどこかで目に耳にします。
私たちがその顛末を知っているのは、
真山青果が書いた『元禄忠臣蔵』が基盤となっているのでしょう。
これは史実に近いもので、2世市川左團次のために書かれ、
昭和9年に歌舞伎座で初上演されました。

f0186852_638027.jpg

一方、ご存知歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』は、
史実からフィクションの世界へと、大きく跳んでいます。
江戸時代は「歌舞伎」とは言わず、一般的には「芝居」と呼んでいましたが、
常に新しいもの、人々の興味を引くものを上演しようという姿勢でしたので、
元禄15年師走の14日に起きた赤穂の浪士たちの吉良邸への討ち入りは、
当然のごとく芝居のモデルになりました。
しかしこの事件は反体制的とされ、
これももちろん幕府から禁止されてしまいます。


実際の事件から46年たって、
『仮名手本忠臣蔵』が大坂の竹本座、
これは人形浄瑠璃の小屋(劇場)ですが、
ここで初めて人形で上演され、
3ヵ月後には歌舞伎として公演されたのでした。
やっと浅野家の再興が認められてから、
堂々と舞台にも乗せられたというわけです。

f0186852_6385268.jpg

さてこの『仮名手本忠臣蔵』は、全部で11段からなりますが、
解禁されたとはいえまだ、
史実を描ける世の中ではありませんから、
『太平記』の世界を借りてきました。
『太平記』とは南北朝の混乱期を描いた、
長いなが~~~~い軍記物ですが、
江戸時代にはとってもポピュラーなお話なので、
すかさずその世界を借りて、わかりやすくエキサイティングにして、
これでもか~~~~! 
みたいに、見どころてんこもりにしたのです。


その内容とは・・・・・・・
独立を目指す足利尊氏を討つ新田義貞軍ですが、
足利軍の勝利で室町幕府が作られましたね?
元禄のお話が、室町時代までスリップします。
足利幕府のお話なのに、
なにもかもが、上演されている当時(寛延元年・1748年)の文化であり服装であり、
現代の私たちの観点からしたら、
「いくらなんでもヘンでしょ、それ!」と思いますが、
いいんです。
江戸の芝居、時代物はたんにお話や人物を「借りてきた」だけなのです。



話はこうです。
室町幕府の将軍・足利尊氏の弟君のまえで、
この兜が、新田義貞の兜か否かを確認するところから始まります。
その場に現れた顔世御前は、
塩治判官(赤穂は塩、それを統治する「判官」という役職らしい)の妻ですが、
彼女に横恋慕したのが高ノ師直。
史実で言えば、吉良上野介です。
当然、師直の恋は受け容れられず、
その腹いせに、饗応役の桃井若狭守と塩治判官をいびり出し、
桃井さんも判官さんも師直を斬ってやる! と激怒しますが、
実際に斬ってしまったのは、塩治判官でした。

f0186852_6425068.jpg


                                   高ノ師直⇒ 


f0186852_6421180.jpg


桃井若狭守







「仮名手本」で有名な「おかると勘平」は、
塩治家に使える身ですが、家中の恋はご法度ですから駆け落ちし、
やがて勘平は狩人になります(あずさ2号は忘れてね)。

f0186852_649192.jpg


ある夜、勘平がイノシシと間違えて撃ってしまったのは一人の男。
そして、男の懐には50両。
勘平はこれをちょうだいして、
これで自分もあだ討ちに参加できると
家へ帰りますが・・・・。




勘平に撃たれてしまった男。
実はさっきおかるの父を殺して、
盗んだ50両を持っていた。
斧定九郎、実は塩治家の重臣・斧九太夫の息子



主君のために50両を調達したつもりが、
おかるの父を殺してしまったと思い込み、
勘平は切腹してしまいます。


f0186852_6495083.jpg
おかるは夫のために祇園に身売りし、これはその別れのシーン。


一方、塩治家では城も明け渡し、他の家臣たちからは、
あだ討ちを迫られる家老の大星由良之助。
f0186852_6503349.jpg

  これは有名な7段目、祇園一力の茶屋。
  由良之助は、敵討ちの心を隠し、
  祇園で放蕩三昧を続けます。
  妻からの密書を読む由良之助ですが、
  床下には敵方に寝返った九太夫、
  上の間にはおかる。
  ふたりに密書を読まれてしまいます。

  ここも話は複雑なので、えへへ・・・割愛。




f0186852_6511556.jpgまあ、話はこうして進んでいき、
10段目はこれも男の中の男、
討ち入りのための武器調達をした「天川屋義平」が、
捕り手に向かって「天川屋義平は男でござる」と名言を朗じます。


                            天川屋義平


そうやってラストの11段目はいよいよ討ち入りから、
引き上げの花水橋(両国橋のつもり)のシーンへとかわります。


『仮名手本忠臣蔵』は、「芝居の独参湯(どくじんとう)」ともいわれます。
独参湯とは、朝鮮人参を使った万病に効能ある特効薬のことで、
上演すれば必ず大当たりをとるので、こう言われています。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-12-14 15:35 | 都市伝説 | Comments(0)

f0186852_20505856.jpg

3代豊国画「仮名手本忠臣蔵・十,十一段目」



時は元禄15年、12月14日・・・・
みなさまご存じ(ご存じない方もおいでですね)、
赤穂の浪士、吉良邸討ち入りの日です。
この時期になりますと、ときどき
「雪を踏みしめサク、サク、サクサクサク・・・・・」
とつい口をついて出てしまいます。


f0186852_20511645.jpg
f0186852_20513440.jpg




3代豊国画「於加留」       

国芳画「5段目・定九郎、勘平」



『忠臣蔵』という話に惹かれるのは、
あだ討ち物が好きなわけでも、討ち入りにワクワクするわけでなく、
四十七人それぞれに物語があり、
彼らを取り囲む人間模様、大工の娘から将軍まで、
またそれぞれに人生があり、
それをスパッと切った断面を見せてくれるからなのです。

古い映画で『グランド・ホテル』というのがあります。
「ホテルには100の扉、ひとつの廊下があり、部屋の数だけ物語がある」
映画の中で、そう語られます。
『忠臣蔵』または『赤穂浪士』の魅力は、まさにそこにあります。
あるいはアガサ・クリスティーの『オリエント急行殺人事件』。
容疑者一人ひとりの人生が描かれ、そして静かに、
殺人=討ち入りへと、突入していきます。



f0186852_20515653.jpg

北斎画「浮絵・忠臣蔵夜討之図」


みなそれぞれに、悩み、苦しみ、惑い、ほのかな希望を持ち、挫折し、決断を迫られ・・・・
人間とはかくも愛おしいものなのか・・・・
長い間に話は誇張され美化され、事実とはかけ離れたかもしれません。
たとえば、寺坂吉右衛門は四十七士に入れないという説もあります。
彼は吉田忠左衛門の足軽でしたので、武士ではありませんでした。
遁走されたといわれ続けていましたが、
大石内蔵助の命を受け、瑶泉院に報告し、83歳で没するまで、
遺族たちのために奔走し続けたとも解釈され、
池宮彰一郎の『最後の忠臣蔵』に描かれます。

またこれも、逐電されたとされる赤穂藩国家老・大野九郎兵衛も
悪人扱いされ続けてきましたけれど、
いやいや、実は・・・・
かれもまた、大いに注目すべき人物でしょう。
天野屋利兵衛にいたっては、この人を中心に、
赤穂浪士の話を作っても面白そうです!


f0186852_20524865.jpg
国貞画「大橋力弥」




f0186852_20531230.jpg     

国貞画「堀部弥兵衛と安兵衛」





吉良邸跡や泉岳寺に詣でる趣味はありませんけれど、
四十七士に関係した人々もまた、とても魅力的です。
今のところ、吉良邸討ち入りの日、蕎麦屋の二階に集結したとされますが、
果たしてこの頃店として蕎麦屋があったか・・・疑問です。
そんな、さまざまな興味を投げかけるこの事件は、
いつの世にも人間の普遍性を内包して、
人々を惹き付けるのでしょう。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2010-12-14 19:34 | 江戸歳時記 | Comments(0)