タグ:日本橋 ( 2 ) タグの人気記事

浮世絵で巡る日本橋~part1~


人数は少ないのですが(時にひとり)、「江戸研」なるものを開催? しておりまして、
先日は野外研修としゃれこんで、
お天気悪そうだし、
ならば逃げ場の豊富な「日本橋」を極めてみようと、
準備万端、参りましたところ、なんとあの大雪! 
幸いにも参加者2名だったので、元気よく雪の中に繰り出しました。

f0186852_1815610.jpgf0186852_1841156.jpg
f0186852_1811872.jpg


まさに広重の描いた「雪の日本橋」がここにあります。
写真は日本橋南詰めから撮影しています。
高島屋はこの手前で、日本橋三越本店は橋を渡った左側になります。
慶長8年(1603)に、家康によって架橋され、
五街道の1里塚の出発点と定められました。

橋は「南詰め」とか「東詰め」といいますが、
南側、東側と、方角を表しています。
横長の画では、手前の橋が日本橋で、
橋の右側が「北詰め」、左側が「南詰め」になります。
有名な日本橋の魚河岸は、
北詰めの下流側(縦長の画では画面の下側に見えている屋根々々が魚河岸)にあります。


f0186852_18435100.jpg

幕末の日本橋の地図です。上のほうに横に流れているのが、日本橋川。



f0186852_185144.jpg



  これは広重の『名所江戸百景』の
  「日本橋江戸ばし」。
  この画はどこを視点に
  描かれているのでしょう?

  当時は町方の橋に
  擬宝珠が付けられていたのは、
  日本橋と京橋だけなので、
  この橋は日本橋、
  とすると向こうに見えているのは、
  江戸ばしということになります。
  したがって上流から
  下流を見ていることになります。


向こうに見える白壁の蔵の並びが小網町だとご存じなくても、
橋上の魚の天秤桶で、
北詰めから南詰めに向かっていることがわかります。
天秤桶の後ろの桶だし、鰹が入ってるので、
魚市で仕入れ町なかに向かっていますよね。
おまけに、江戸橋の向こうに朝日が昇っています。

広重が『名所江戸百景』を出したのは、
安政の大地震で江戸の大半が破壊され、
江戸に住まう人々が災厄と困難に立ち向かっているときです。
初夏の曙の中を、勢いよく走り出す鰹売り。
たんに季節や名所を描いたのではなく、
江戸っ子広重が江戸っ子に送る、
復興のエールなのだと感じられます。



f0186852_18192516.jpg


さてこちらは、やはり広重の『東海道五拾三次』の「日本橋」。
この画は日本橋南詰めを描いています。
北詰には魚河岸がありますが、南詰めにあるのは高札場。
画の左側にある高札部分拡大します。

f0186852_1855977.jpg




   橋の向こうの魚河岸から
   魚を仕入れてきた男たちが、
   立ち話をしています。
   その左手に
   文字が書かれた板が
   たくさん下がっています。
   幕府からのお触書や、
   WANTEDの似顔絵なんかが
   貼られています。

高札場は全6箇所あって、ここには晒し場の併設されています。
法を犯した罪人が晒されているわけですが、
広重は画の中では巧みに見えないようにしている・・・・・・ということを、
以前うかがったことがあります。



f0186852_1864191.jpg






「日本橋」だけでも、
まだまだたくさんのお話があるのですが、
長くなりますので、続きはまた!


それにしても、この季節、
ちょうど赤穂浪士が討ち入りしたのが、
今年なら1月25日にあたるので、
ああ、浪士たちはこんな雪の中を、
吉良邸に向かっていったのかと、
ぼた雪で重くなった傘を振るいつつ、
「江戸の雪」を楽しんだ一日でした。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2013-01-24 18:21 | 江戸の町 | Comments(0)

走れ、はしれ! 初鰹

まさに、この時期が鰹の旬。
値段も手ごろになってきて、きょうは刺身かたたきで・・・、
カルパッチョもいいなあ、
などおいしいシーンが浮かんでしまいます。

f0186852_10114810.jpg








日本橋を渡る鰹売り



江戸は初物大好き、初物食わずに何のこの世かな、
みたいな風潮でしたので、
とくに鰹は「勝男」にも通じ、武家の都市江戸では大人気です。
また、「初物を食えば,七十五日長生きする」ともいわれますので、
正規に魚河岸に入るより先に、鰹を食すことが見得でもありました。
上方では鰹は人気はなく、この熱狂振りは、江戸独特のものでした。

ちなみに七十五日長生きをするというのは、
ある時、処刑場に向かう男に最後に所望するものを尋ねたところ、
季節ではないものを食べたいと言い、
そのため処刑が七十五日間、延期されたことにあやかっているのだとか。


f0186852_10123029.jpg

北斎の描いた神奈川沖のおしょくり船


さて、神奈川や房総沖で獲れた鰹は、「おしょくり船(押送船)」という、八丁艪(はっちょうろ)の、高速船で日本橋へと運ばれます。
鰹は足が早いので(早く悪くなりやすい。鰹は走りません)、獲ったら市場へ! がキメテ。
なかにはこの船を途中で待ち受け、「買った!」という人もいたとか・・・。
「初がつお むかでのやうな 船に乗り」
とは八丁の艪が百足の足のようで、その船で運ばれてくることをいっています。



将軍家の御膳に上るより先に口に入れる。
これが江戸っ子の心意気ってものだったようです。
もちろん、そのお値段たるや!
文化9年(1812年)の3月25日(新暦なら4月下旬)のこと。
日本橋に17本入荷した初鰹のうち、6本は将軍家に献上され、
残り11本の競で、1本が2両1分(20万円以上)となり、
あの八百善が3本買い、中村歌右衛門も1本買って、
下積みの役者たちにふるまったそうです。

f0186852_1864458.jpg




文政6年(1823年)の初鰹は、
3月15日に河岸に入荷しましたが、
やっぱり八百善が、
1本約30万円で落としたとか。
(正確には4両だったので、40万円くらい?!)
しかも2本も買ったそうです。
これは宣伝の為だったらしいのですが、
そう書いた太田蜀山人は、
自分は某家中の留守居役宅で、
3月10日に鰹をご馳走になったそうで、
いやはや、
世の中には上の上がいるのですねえ。



              こちらも日本橋を渡る鰹売りですが、空の様子でまだ早朝だとわかります。
           



魚屋は朝早くに日本橋で買って、鰹なら朝のうちに市中で売るのが信条です。
「丸の内 まだ薄暗き 初鰹」
丸の内は大名屋敷の立ち並ぶエリアです。
大名屋敷ともなれば、魚屋も決まっていて、
ほとんどは予約で、売り損なうこともないのでしょう。
それでも鮮度を下げまいと、鰹担いだ男は、走ります!


この初鰹ブームは天明・寛政年間(1781~1800)が最盛期で、
およそ40年間続きました。







[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-05-25 18:43 | 江戸の食べ物 | Comments(0)


「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ申し上げます
「江戸浮世人形」
いろんなお知らせ
江戸の文様・江戸の色
江戸歳時記
浮世絵・絵師
江戸の女性たち
江戸の食べ物
ご報告など
江戸の子どもたち
my favorite
江戸ぐらし
江戸の町
ほかの制作物
江戸の園芸
都市伝説
江戸の旅
ああでもねえこうでもねえ

最新の記事

朝顔売りがやってくる朝
at 2017-08-16 12:52
吉原の桜
at 2017-04-21 11:43
「天下祭」の山王社
at 2017-03-10 18:00
大網茶話会が終わって
at 2017-02-15 11:01
第18回「江戸茶話会」のお知..
at 2017-01-12 18:52

以前の記事

2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月

お気に入りブログ

一日一膳
 フランス生活便り
ハッピー☆バレリーナ!
江戸・東京ときどきロンドン
☆ねこにはかなわぬ☆
ナチュール blog
イギリス ウェールズの自...
ミネキク はんこノート
いつものごはん
倫敦のハムステッド・ヒースから
NO ANCHOVY, ...
手作りな暮らし Atel...
フレンチシックな家作り。...
Art Lesson
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。

最新のコメント

田中様 房総半島に『江..
by edo-ukiyo-doll at 21:17
河田さま。 お返事..
by edo-ukiyo-doll at 16:06
はじめまして。 陶芸家..
by 河田義之 at 11:41
東雲さま。 ようこ..
by edo-ukiyo-doll at 18:18
本年もよろしくお願いいた..
by 東雲稲荷 at 16:44
rarirurareiさ..
by edo-ukiyo-doll at 11:38
rarirurareiさ..
by edo-ukiyo-doll at 11:36
現在、放たれた「鶏の群れ..
by rarirurarei at 12:13
鷲大明神社へ、毎年、農民..
by rarirurarei at 11:52
山中様 ながらくこ..
by edo-ukiyo-doll at 09:30

記事ランキング

検索

タグ

ファン

画像一覧