Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:朝顔 ( 1 ) タグの人気記事

朝顔売りがやってくる朝

  
  今年、我が家の朝顔は、蔓ばかりが伸びて、3日前やっと花が一輪。

  熱いから梅雨の後、日照不足の今夏ですから、 朝顔も調子が出ないようです。





175.png

  さて、江戸の夏。

  様々な物売りがやってくる江戸の町の早朝の物売りと言えば、

  朝顔売り。

  4月になると「朝顔、夕顔、冬瓜、とうもろこしにへちま、茄子、
唐辛子」などの
苗を売りに来ますが、

  6月になると、
苗ではなくすでに朝顔の花が咲いている鉢を売りにきます。

  苗を買い損ねた人や、育てるのがめんどくさい人が、
きれいに咲いた一鉢を買うわけです。



f0186852_11492098.jpg





  なんたって朝のうちの勝負ですから、  早朝から売り始め、

  昼を過ぎると花はしぼんでしまうので、  終わりにします。

   「売り仕舞日向を戻る朝顔や」

  まだ日が昇る前に家を出て、  昼前まで売り歩いた朝顔売りは、

  日差しがきつくなるころには  売り仕舞いになるってことですね。


  現在は入谷の朝顔市が有名ですが、

  江戸で朝顔が流行したのは、
下谷の御家人の内職によって大いに栽培されたからです。

  皮肉なことにそのきっかけとなったのは、文化3年の大火事でした。

  芝・車町から出火して,
薩摩上屋敷(現芝公園)から増上寺の五重の塔も焼失、

  木挽町や数寄屋橋を焼き尽くし、

  日本橋から神田、浅草まで火の手が及んだといいます。

  この時御徒歩組の居住していた下谷もすっかり焼けつくし、

  そこにできた空き地を利用して下級武士たちが、
朝顔づくりを始めたのでした。



f0186852_11494281.jpg


  それまでに朝顔がなかったわけではありません。

  万葉集にはすでに「朝貌(あさがお)」という記述がありますが、

  これは桔梗やムクゲのことといわれています。

  奈良時代には「牽牛子(けんごし)」という名前の薬として、日本に入ってきました。

  中国では朝顔の種を干したものを、

  利尿薬などとして箱にいれてこれを牛に牽(ひ)かせ売り歩いたので、

  「牽牛子」と呼ばれたのだとか。

  花も愛でるようになりましたが、栽培までするようになったのは、

  江戸時代になってからのようです。


f0186852_12491957.jpg



  文化年間には上に書いたように、
  下級武士の朝顔栽培からブームとなり、

  それがエスカレートして、幕末の嘉永・安政に
  第二次朝顔ブームとなります。

  さらにマニアックな「変化朝顔」が登場してくることになります。

  しかし、下谷の空き地も家々が再建するにつれ、

  栽培場所がなくなって、
  明治時代には下谷より、北の入谷へと移っていきました。























175.png


[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2017-08-16 12:52 | 江戸の園芸 | Comments(0)